あさりエキスがキャベツに染みる♡貝と野菜のあったかレシピ7選

おみそ汁や炊き込みごはん、パエリアなど、さまざまな料理に使われる「あさり」。あさりのうまみを堪能するなら、キッチンの定番食材であるキャベツと一緒に調理してみましょう。 あさりの海鮮だしがキャベツにじんわりと染みこむので、簡単な味つけでも十分おいしくなりますよ。

あさりの海鮮エキスで、キャベツをご馳走に仕上げよう♪

今回はあさりとキャベツをメインで使った、あったかレシピをご紹介します。あさりのおいしさを全面に出した酒蒸しをはじめとして、パスタやスープなど、普段の献立に気軽に取りいれられる洋風レシピをピックアップ。
あさりをおいしく調理するポイントも取りあげているので、ぜひ試してみてください。

お酒の力でうまみを凝縮★あさりとキャベツのうまうま蒸しレシピ

【あさり&キャベツの酒蒸しレシピ1】あさりとキャベツのピリ辛にんにく蒸し

お酒の力を借りてじっくりと加熱する「酒蒸し」。あさりとキャベツのおいしさを堪能するには、うってつけの調理方法です。
シンプルな酒蒸しも、にんにくと唐辛子を加えることで、おいしさが倍増する絶品酒蒸しに。唐辛子のピリッとした辛さで、ごはんはもちろんお酒も進みそう。
そして、砂抜き済みとある市販のあさりを使う場合も、我が家では自宅でもう一度砂抜きを行います。味が良くても噛んだ時に「ジャリッ」となっては台無しなので、時間がある方は再度砂抜きをしておくと、安心です。

【あさり&キャベツの酒蒸しレシピ2】あさりとキャベツの白ワインバター蒸し

日本酒と塩のシンプルな酒蒸しも良いですが、キャベツを使うなら白ワインとバターの洋風酒蒸しがおすすめ。酒蒸しに使うお酒を白ワインに変えるだけで、香り高い洋風酒蒸しに変身します。
また、砂抜きしていないあさりを使う場合は、数時間前からの準備が大切。あさりの表面をこすり洗ったら、海水と同じ濃度の塩水に浸します。あさりは完全ではなく、少し顔が出る程度の塩水に漬けて、砂を吐きだしやすくしておきましょう。
アルミホイルやふきんなどで暗い状態にして、数時間待てばOK。あさりの生臭さも和らぐので、忘れずに砂抜きしてあげてくださいね。

【あさり&キャベツの酒蒸しレシピ3】ハーブ香る海鮮酒蒸し

ちょっと豪華な酒蒸しを作りたいなら、あさりと海老のキャベツ酒蒸しはいかがでしょうか。あさりはもちろん、海老からも海鮮だしが染みだすので、少ない材料で濃厚な酒蒸しが作れます。
ハーブソルトは芳醇な香りと上品な塩気が特徴なので、レギュラー調味料として常備しおくと何かと役に立ちますよ。

【あさり&キャベツの酒蒸しレシピ4】レンジde簡単!あさりの中華酒蒸し

ごはん作りの強い味方である、電子レンジ。調理方法を工夫することで、あさりの酒蒸しも作れちゃうんです。ポイントは、あさりとキャベツを別々で加熱すること。加熱時間に差をつけて、あさりとキャベツのうまみを個別に引きだしましょう。
加熱に時間をかけない代わりに、味つけは濃いめに。あさりの蒸し汁・豆板醤・しょうが・しょう油・酢・ごま油のピリ辛あさりソースをかけて、召しあがれ。

献立決めで役に立つ!あさりとキャベツで作る人気料理レシピ

【あさり&キャベツの人気洋風レシピ1】春キャベツとあさりのボンゴレパスタ

にんにくの香りと、唐辛子の刺激的な味で人気なのが「ボンゴレパスタ」です。オリーブオイル・にんにく・唐辛子などであさりとキャベツを蒸し焼きにしたら、あとはパスタと和えて完成。
あさりの下準備に時間がかかりますが、調理自体は簡単に済むので、休日ランチやおひとりごはんに利用しても良いですね。

【あさり&キャベツの人気洋風レシピ2】フレッシュトマトのミネストローネスープ

トマトのうまみを存分に味わえる、ミネストローネ。トマト缶を使ったレシピも手軽で便利だけど、フレッシュトマトのあっさりミネストローネなら、メイン料理を引きたててくれます。
あさりやキャベツ、玉ねぎ、にんじんなど、具だくさんにすることで具材からだしが出るので、トマトは1個だけでも十分。ショートパスタもプラスして、ボリューム満点のミネストローネスープにしちゃいましょう♪

【あさり&キャベツの人気洋風レシピ3】キャベツたっぷりクラムチャウダースープ

冬になると至るところで目に留まる、クラムチャウダー。クリーミーなやさしい味のスープに、体だけでなく心までも温まりそうです。
使用する具材は、あさりとキャベツの2種類だけ。薄力粉・牛乳・顆粒コンソメがあれば、クリーミースープがササっと作れます。あさりやキャベツだけではなく、お好みでベーコンやサラミなどを入れてもGOOD。

あさりは冷凍できる食材なので、キャベツと一緒にストックしておこう

あさりとキャベツを利用したあったかレシピをご紹介しました。冷凍食品を使うことが多い我が家では、あさりも冷凍ものを使うことがよくあります。また、食べきれないほど多くのあさりを手に入れた時にも、あさりを冷凍しておくのは有効な手。冷凍する際はかならず砂抜きしてから、冷凍庫に入れておいしい状態をキープしてくださいね。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部