主婦の味方!お手頃価格なたまねぎで簡単に作れる副菜レシピ5選

いつでもお手頃価格で手に入るたまねぎ。料理に甘みをつけたり、料理の脇役になることの多い食材ですが、じつは主役を張れる優秀な野菜なのです。 今回は、普段脇役のたまねぎをメインに簡単に作れる副菜レシピをご紹介します。

オリーブオイルが香る!「オニオントマトの和風マリネ」

食卓を色鮮やかな野菜料理で彩りたいなら、「オニオントマトの和風マリネ」がオススメです。たまねぎ、トマト、大葉を切って、和風マリネ液と混ぜ合わせるだけの簡単で手軽なレシピ!
たった10分で作れるので、あまり時間のない日でもササッと作れます。マリネと大葉の風味の爽やかな組み合わせは、食欲がない日でも美味しくいただけそうですね。
ポイントは、味付けにめんつゆを使うこと。食べやすい和風なマリネに仕上がりますよ。
ごまとオリーブオイルの香りや色彩の見栄えも楽しめるこの料理。パスタの副菜として一緒にいかがでしょうか。

みんな大好き!「定番中の定番オニオンポテトサラダ」

ポテトサラダは子供から大人までみんなが大好きな定番サラダですよね。そんな口あたりがなめらかでマイルドなポテトサラダのレシピをご紹介します。
使う食材は、たまねぎとじゃがいもだけのシンプルなポテトサラダです。たまねぎは薄切り、じゃがいもは少し大きめに切りましょう。味付けに塩とマヨネーズの他に砂糖と酢を使うと、とてもマイルドな味になります。
たまねぎは一切火を通さず、生のまま入れて、シャキシャキとした食感をお楽しみください。少し大きめのじゃがいもは食べ応えも抜群です。

缶詰で作るボリュームおかず「大豆と玉葱のかき揚げ」

缶詰を使って簡単にできる、たまねぎを使ったかき揚げレシピをご紹介します。ご飯にも麺にもピッタリですよ!
たまねぎのかき揚げは、甘みが際立って美味しいですよね。一緒に大豆のドライパック缶詰を使うと時短にもなりますし、ボリュームも出て一石二鳥です。
塩はあらかじめ衣に入れておくと、かき揚げの中にもしっかり味が付きます。
食べる時には、塩だけでもいいですし、お好みで天つゆやおろし醤油でいただくのもオススメです。
ご飯のおかずにはもちろん、そばやうどんに乗せて食べてもGOODな一品です。

たまねぎだけで作る簡単レシピ「蒸し玉ねぎのWオニオンサラダ」

「蒸し玉ねぎのWオニオンサラダ」は、たまねぎの甘さとドレッシングがよく合う簡単レシピです。たまねぎは切って電子レンジで加熱するだけなので、手間いらずの時短料理です。
ドレッシングには、すりおろしたたまねぎを入れるので、よりたまねぎの素材の美味しさが引き立っています。冷蔵庫に入れておけば、約10日間保存がきくので、作り置きできるのもうれしいポイントですね。副菜としてだけではなく、お酒のおつまみにもどうぞ!

野菜たっぷりのおしゃれなひと皿「いかと玉ねぎのマリネ」

いかとたまねぎの食感の違いを楽しめる「いかと玉ねぎのマリネ」をご紹介します。
いかは生のままではなく、サッと茹でておきましょう。マリネ液と混ぜたあとは、15〜20分置いて、味をなじませるとより美味しくいただけます。いかの入ったマリネは、いかのプリプリ感とたまねぎのシャキシャキ感のハーモニーが絶妙です。
にんじんのオレンジとパセリの緑がアクセントになって、色鮮やかな一皿ですね。
パーティーメニューとしても重宝しそうな簡単副菜レシピです。

マリネやポテトサラダといった定番メニューからかき揚げなど、簡単で美味しいたまねぎのレシピをご紹介しました。
たまねぎのレシピをレパートリーに加えると、日々の献立が立てやすくなりますね。今日から簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひ今夜のおかずに作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部