2018年07月10日

人気の本格ハンバーグレシピ5選

子供から大人まで、好きな食べ物のひとつに挙げられることが多いハンバーグ。
今回は老若男みんなで楽しめる人気のハンバーグレシピの中から、いつもとは少し違った本格レシピを探してみました。

人気の本格ハンバーグレシピ5選
出典: shutterstock

付け合せも一緒に煮込んで手間いらず「トマト煮込みハンバーグ」

「仕事から少し遅く帰って来たけど、家族には本格的で美味しいハンバーグを食べさせたい」そんな時にはこちらの短時間で作れて手間いらずなトマト煮込みハンバーグレシピがおすすめ。
大き目にカットした椎茸から、キノコの旨味がトマトベースのソースに溶け出します。時短で出来る秘訣は、ハンバーグはあとから煮込むので、まずは焼き色が付けば中は生のまま次の工程に移れること。ここは嬉しいポイントですよね。
ナイフでハンバーグに切り込みを入れると、ジュワ~と肉汁がトマトソースに浸みだして、たまらない一品です。

豆腐でカサ増し「豚こま豆腐ハンバーグ」

ハンバーグといえば挽き肉...ですが、今回は豚こま肉を使ったヘルシーな豆腐ハンバーグレシピです。
挽き肉ではなく、薄切り肉だから食べ応えあり。肉のうまみもしっかり感じながら、まろやかな絹豆腐がカサ増ししてくれるのでダイエット中でも罪悪感なくハンバーグをいただけそう。
冬瓜の面白い食感を楽しみながら、冬瓜と合わせてハンバーグを口に入れると、麺つゆとオイスターソースを使ったソースの後から柚子胡椒の香り高いツンとした辛味が追って来て、和テイストをふんだんに感じられるレシピですよね。

特製ポン酢だれは肉汁と合わせておいしさアップ「和風ハンバーグ」

柚子胡椒に鶏ガラスープの入った特製ポン酢だれが、ハンバーグをいつも以上に美味しく引き立ててくれるこちらの本格和風ハンバーグレシピ。
挽き肉の中ににんにくも入れて、スタミナも抜群。すりおろした大根の上に、小口切りにした万能ネギを乗せれば上品で本格的な和風ハンバーグの出来上がりです。
さっぱりした見た目とは裏腹に、ふっくらジューシーでボリューム満点。これならソース味のいつものハンバーグとは一味違った、見た目にも少し上品なハンバーグを楽しめますね。

焼いて煮込むをフライパン一つで「煮込みハンバーグ」

濃厚なドミグラスソースにたっぷり入ったキノコと、そのソースに溶け込んでよりジューシーさを増したハンバーグがたまらない一品。
焼いて煮込むをフライパン1つで行うことによって、ハンバーグを焼いた際に出た肉汁を逃がすことなくソースに閉じ込めます。
薄切りにして入れた玉ねぎも、煮込むことによってしんなりしてより甘みが増しているのを感じられるはずです。美味しいソースをハンバーグに沢山絡めて一緒にいただけば、幸せな気持ちでいっぱいになれます。本格派も納得のハンバーグレシピです。

にんにくの食感を感じる香ばしいハンバーグ 「トマト入りガーリックハンバーグ」

上で紹介した、トマトソースで煮込んだハンバーグレシピや、トマトソースをかけたハンバーグレシピは見かけますが、こちらは大胆にも、真ん中にトマトを入れたハンバーグレシピです。食卓を囲うみんなも、見たことのない外観に「どんな味なのだろうか」と胸が高まるはず。
口に入れると、トマトのフレッシュなジューシーさをたっぷりと感じることが出来ます。
ニンニクの食感も感じることが出来て、香ばしいのが食欲をそそりますよね。パワー全開で、エナジーチャージも出来る、そんな本格的で大胆なハンバーグレシピです。

本格的な人気ハンバーグレシピはいかがでしたか。
トマトソースに肉汁がジュワ~と溶け出すレシピから、真ん中にトマトが入っている、見たことのない大胆レシピまで、定番のハンバーグレシピに飽きた人でも楽しめる、お気に入りの本格ハンバーグレシピが見つかれば嬉しいです。

肉料理
ハンバーグ

子供も大人も大好きなハンバーグですが、ハンバーグと言っても色々な作り方や味が楽しめます。気づけばいつも同じになってしまい...
moguna編集部

ライター

Moguna org
moguna編集部
「明日なに作ろう?」が楽しくなる♪簡単に作れる定番メニューも、カフェで出てきそうなスイーツも、一風変わったアレンジ料理もお任せあれ^^食卓を彩る料理レシピを多数掲載しています!moguna編集部は何気ない日も特別な日もあなたにピッタリな料理をお届けします♪