【風味豊かな簡単味付け!桜エビの人気レシピ5選】アレンジ料理集

お好み焼きやかき揚げなど、あるとないとでは大きく風味が変わってくる桜エビ。 風味は大きく変わるけれども、実際に使う量はそれほど多くありません。 桜エビを一度に使い切ることはほとんどなく、余りがちな食材でもあります。 買ったからにはしっかりと使い切りたいと思うのは当然です。 今回は桜エビを使った、簡単に味付けができちゃうおいしいレシピをご紹介します。

香ばしさ満点!「春菊と桜えびの黒ごま玄米チャーハン」

玄米で作るチャーハンのご紹介です。
ごま油でねぎとしょうがを香りが立つまで炒めたら、春菊、桜えび、そして玄米ご飯を加えて炒めます。
春菊はまず茎部分を炒めて火が通ってから葉の部分も入れましょう。
香味野菜と桜えびがしっかり香りとコクを出してくれるので、塩胡椒だけの簡単な味付けで仕上がります!
春菊のクセが苦手な方は小松菜を代用してもいいですね。
玄米はかたまりやすいので、冷えたごはんを使いたいときは、あらかじめ温めなおしておくとほぐれやすいです。

春の彩り華やかな☆「アスパラと桜えびのかき揚げ」

アスパラと桜えびだけで作る、簡単具材でボリュームたっぷりかき揚げです。
天ぷら粉を使うレシピなので、準備も簡単ですね。
スプーンでたねを1杯ずつすくって、菜箸ですべらせるように油に入れます。
ポイントは、大きめのスプーンを使うこと。アスパラは火が通りやすいので揚げ時間も3分程度で大丈夫、カラリと揚げましょう。
桜えびの香りに誘われて、ついパクパク食べ過ぎてしまいそうです。
おつまみにもおもてなしにもお役立ちですね!

ごま油が食欲をそそる!「カリカリ桜えびのサラダ」

続いてはサラダのレシピのご紹介です。
多めのごま油できつね色になるまで桜えびをカリっと焼いたら、油ごときゅうりとねぎに「じゅっ」とかけます。
それ以外の味付けが酢と塩、胡椒のみでとっても簡単なのに、ごま油と桜えびのコクと旨味が広がって満足感ある味わいです。
あと一品ほしい、という時にも冷蔵庫の中にあるものですぐに出来ちゃうのが便利ですよね。
ネギはしっかり水にさらしましょう。
育ち盛りのお子さんも男性の方も、みんなが喜ぶ旨味たっぷりサラダです。

桜えびで海鮮の香り!かりかりもちもち「じゃがいもチヂミ」

具材が桜えびだけなのに、しっかりとした海鮮の豊かな風味が味わえるチヂミレシピです。
しかも、すりおろしたじゃがいもと片栗粉だけで生地が作れちゃう小麦粉いらずのもっちもちのチヂミです。
計量が全て大さじだけで簡単に出来るので楽ですよ!
もちろんお好みでニラやネギなどを入れて具だくさんにしてもOK。
ごま油でカリッと焼いて、アツアツのうちに食べてほしい一品です。
レシピでは、食べるときは酢醤油ですが、ナンプラーでもよく合います。
桜えびの風味を堪能してくださいね。

野菜と魚介の旨味を一緒に!簡単「桜えびのビスク」

ビスクとは、甲殻類をベースにして生クリームで仕上げたフランスのスープのこと。
エビやカニ、ロブスター等が使われる旨味たっぷりビスクの味を、家でも再現できたらいいですよね。
だけど魚介の具材をそろえるのはなかなか大変だしコストもかかる、そんなビスクが桜えびとあさりで簡単に出来ちゃうのがこちらのレシピです。
人参、玉ねぎ、セロリも一緒に炒めるので、野菜と魚介両方のダシの旨味がぎゅっとつまったビスクはとっても香り豊か。
ミキサーさえあれば裏ごしもいらないので、お料理初心者の方でも、チャレンジできますね。

桜えびを使った、簡単に味付けができちゃうおいしいレシピはいかがでしたか。
和風のイメージの強い桜えびですが、チヂミやサラダ、ビスクと幅広く使えるなんて驚きですね。
簡単に味付けできる桜えび、ぜひレシピに取り入れてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部