セロリを使って簡単に作れる副菜5選

独特の香りとほろ苦さがクセになるセロリ。生で食べればシャキシャキとした食感が楽しめます。 今回は、簡単に作れるセロリを使った副菜レシピを集めてみました。

食物繊維た〜っぷり!「柚子胡椒香るおろしセロリの冷奴」

冷奴と言えば、冷たくしたお豆腐にネギやかつおぶしを乗せて、お醤油やポン酢でいただくのが一般的な副菜で、ビールのおつまみとして、また和食のお料理の前菜としてもってこいですよね。
今回は、普通の冷奴に飽きた方や、「簡単に出来て、もう一ひねり工夫出来る方法はないかな」という方にぴったりのレシピです。
いつもの冷奴だと思って口に入れると、すりおろした大根かと思っていたのが実はセロリだったと分かって驚かれそうですよね。一緒に入れた柚子胡椒の上品なツンとした辛味も後からやってきて、いつもと違った冷奴を楽しめます。

ナンプラーとレモン汁がきいたタイ風春雨サラダ「ヤムウンセン」

「今日はエスニック料理で女子会を盛り上げたい」そんな日の副菜としてぴったりなのが、セロリを使ったタイ風春雨サラダのヤムウンセン。
レモン汁の酸味がお口の中をスッキリとさせてくれます。こちらのレシピであれば、さっぱりとした中に唐辛子のピリッとした感じも合わさって、普段はセロリがあまり得意でない人でも美味しくいただけそうです。
ヤムウンセン自体は簡単に作って、冷蔵庫に入れたまま他の料理の準備も出来るので、トムヤムクンスープや、ナシゴレンなどと一緒に出せば、友達との会話もいつも以上に弾んで楽しい会になりそうです。

ゆず胡椒風味が美味しい!「簡単彩り野菜のゆず胡椒さっぱり漬け」

料理初心者の方でも超簡単に作れるこちらの手軽レシピ「簡単彩り野菜のゆず胡椒さっぱり漬け」です。
セロリの筋を取って、他の野菜を切ったら、あとは麺つゆと柚子胡椒と合わせてジッパーに入れて揉みこむだけ。
冷蔵庫で保存しておけるので、飲んで帰って来た時のお父さんのおつまみとして、またメイン料理を出す前の副菜としてもピッタリ。柚子胡椒がさっぱりとした味わいに仕上げてくれてお箸が止まらなくなります。
カラフルで見た目もキレイですよね。食卓を明るく盛り上げてくれる定番レシピになりそうです。

レモンのさわやかな酸味をいかしたマリネ「たことトマトのレモンマリネ」

タコの歯ごたえのある食感と、サッと湯通しして柔らかくなったトマトとセロリの食感が面白い一品です。
レモンのさわやかな酸味と、トマトの甘酸っぱい酸味のコントラストが合わさっておいしく食べやすい味に仕上げることが出来ます。食材を温めることによってマリネ液がよく浸透してくれるので、是非熱いうちにマリネ液に漬けて下さいね。
「簡単につくりたい、でもいつもより少しおしゃれな料理を出したい」そんな時に活躍してくれる副菜レシピです。

ビールによく合うおつまみメニュー「鶏肉とセロリの粒マスタード和え」

ピリ辛マスタードが、シャキシャキのセロリと絡み合って美味しい、セロリを使った副菜レシピです。
こちらのレシピはセロリの茎の部分だけでなく、葉っぱの部分も使っているのが面白いところ。柔らかい鶏肉に、セロリの鮮やかな緑色の葉が絡んで色味も大変綺麗です。
レモンを添えれば色味の綺麗さにおしゃれな感じも加わりますね。調味料の蒸発を防ぐため、フライパンではなくボウルで合わせるのがポイントです。

いかがでしたか。セロリの独特の香りと味が苦手、という人でも思わず食べたくなってしまう美味しそうなレシピがたくさんありましたよね。
副菜として、さっぱりと仕上げられた内容のものも多かったので、主菜が重めのメニューの日も気軽にいただけるのが嬉しいですよね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり