アンチョビを活用しよう♡アンチョビを使ったレシピをご紹介

聞いたことはあるけれど、使ったことがない人も多い「アンチョビ」。アンチョビは、色んなジャンルの料理に活用できる万能食材です。今回は、気になる「アンチョビとは?」をはじめ、アンチョビとオイルサーディンの違いや、自家製アンチョビの作り方、主食やおつまみ、おもてなし料理で大活躍のアンチョビレシピをご紹介します。

アンチョビを使えば料理の幅が広がる!

みなさん、「アンチョビ」を料理に活用していますか? 塩気が強く、濃厚な味のアンチョビは、料理にプラスするだけでコク深い味わいになるんです。アンチョビは、パスタや炒めもの、サラダ、グラタン、アヒージョなど、幅広い料理で活用できる優れもの!
アンチョビを使うだけで、お店で食べるかのような本格的な料理が簡単に作れるので、「いつもと違った料理に挑戦したい!」という方や「おもてなしメニューは何にしよう?」と悩んだ際におすすめです。
今回は、毎日の主食やおつまみ、おもてなしにピッタリのアンチョビレシピをご紹介します。
ぜひ、最後まで「アンチョビ」の魅力をぞんぶんに味わってくださいね!

アンチョビとは?

アンチョビとは、カタクチイワシの塩漬けをオリーブオイルに浸したもの。塩気が強く、濃厚な味わいなので、味のアクセントとして料理に使われることが多いです。最近では、缶詰やびん詰に入ったアンチョビがスーパーでも販売されています。

アンチョビとオイルサーディンの違いって?

似ているようで実は全く違う、アンチョビとオイルサーディン。
オイルサーディンとは、頭と内臓を取ったマイワシを塩漬けしたものを香辛料といっしょに油で煮たものです。アンチョビは火を通しませんが、オイルサーディンは加熱するので、加工法が異なります。
アンチョビは塩気がかなり強いため調味料として扱いますが、オイルサーディンはツナ缶のように食材として扱うことが多いです。

【参考URL】https://kurashi-no.jp/I0020970

アンチョビは手作りできる?

作ると難しそうなアンチョビですが、実は家庭で簡単に作れるんです! スーパーで手軽にアンチョビを買うのも良いですが、せっかくアンチョビを使ったレシピに挑戦するなら、手作りで作ってみるのもおすすめですよ。では、自家製アンチョビの作り方をご説明します☆

【意外と簡単!】自家製アンチョビの作り方

《自家製アンチョビの作り方》
~材料~

〇イワシ……適量
〇塩……イワシの40%程度
〇オリーブオイル……適量(イワシの量と容器の大きさに合わせる)

【1】 イワシの頭と内臓を取り除き、3枚おろしにする。キッチンペーパーで拭く。 塩水でイワシを洗い、皮をむく。
【2】 保存容器の底に塩を入れ、イワシを並べる。イワシの上にさらに塩をふり、その上から再度イワシを重ねて並べていく。(塩→イワシ→塩……の順番で重ねる)並べ終えたら、イワシが見えなくなるくらいまで塩を振りましょう。
【3】 空気が触れないようにラップを密着させてのせ、保存容器の蓋をしめる。1か月~2か月ほど冷蔵庫で寝かしましょう。

【4】 1か月~2か月寝かしたイワシを容器から取り除き、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。この時に余った汁はナンプラーとして使えます。保存容器に入れなおして、冷蔵庫で保管すれば1週間ほど持ちますよ。
【5】 イワシをビンに詰め、オリーブオイルを入れます。イワシがしっかり浸かるくらい、たっぷり入れましょう。さらにアクセントがほしい方は、にんにくやブラックペッパー、ローリエ、唐辛子など入れてもOKです☆
【6】 これで【自家製アンチョビ】の完成です♪ 時間は少しかかりますが、行程は意外と簡単ですよね! こちらの自家製アンチョビは1年ほど保存可能です。
また、料理がさらに手軽になる「アンチョビソース」も、アンチョビがあれば手軽に作れます。アンチョビソースは、みじん切りにしたアンチョビ、にんにく、玉ねぎなどとオリーブオイルを合わせるだけ! ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

【参考URL】 https://mi-journey.jp/foodie/30078/

主食でも大活躍♡アンチョビを使ったパスタレシピ3選

【アンチョビ×パスタのレシピ1】アンチョビのトマトパスタ

こちらのアンチョビパスタは、調味料を電子レンジにかけ、茹でたパスタと和えるだけの簡単レシピです。トマトソースに染み出たアンチョビの濃厚なコクが口いっぱいに広がります♪

【アンチョビ×パスタのレシピ2】きのこたっぷりアンチョビパスタ

こちらのアンチョビパスタは、塩こしょうのシンプルな味付けなので、アンチョビの風味がしっかりと感じられます。3種類のきのこでボリューム感もありますね! 濃厚な味わいに仕上げたい場合は、アンチョビをたっぷりめに入れましょう。

【アンチョビ×パスタのレシピ3】キャベツとアンチョビのパスタ

ベーコンのうま味とアンチョビのコクは、ほんのり甘いキャベツと相性抜群! みじん切りにしたベーコンとアンチョビ、にんにくがパスタに絡んで、食べるたびに幸せな気分にさせてくれます。唐辛子が良いアクセントになっていますが、さらにピリッとさが欲しい方は、仕上げにブラックペッパーをふると◎。

簡単♡アンチョビを使ったおつまみレシピ3選

【アンチョビ×おつまみのレシピ1】アンチョビキャベツ

調理時間10分の簡単おつまみをご紹介します。オリーブオイルで炒めたにんにく、アンチョビがふわっと香り、食欲がそそります。キャベツはシャキシャキ感を残すと、美味しくいただけますよ。ビールや白ワインと合わせたくなるひと品ですね☆

【アンチョビ×おつまみのレシピ2】アンチョビポテト

アンチョビの塩気が絡んだホクホクのポテトがたまらない! こちらのアンチョビポテトは、オーブン調理でノンフライなので、さっぱりといただけます。仕上げの粉チーズで濃厚な風味に。アンチョビポテトは子どもも喜ぶメニューなので、多めに作って食卓に出しましょう♪

【アンチョビ×おつまみのレシピ3】アンチョビガーリック

ころんと可愛らしい正体は、なんとマッシュルーム。マッシュルームは、アンチョビが香るオリーブオイルをたっぷりまとっています。むにゅっと柔らかなマッシュルームの食感と、アンチョビガーリックの風味がクセになるひと品です。マッシュルームの軸はみじん切りにして、アンチョビといっしょに炒めても◎。

本格派♡アンチョビを使ったおもてなしレシピ3選

【アンチョビ×おもてなしのレシピ1】鶏肉と野菜のアヒージョ

まるでお店で食べるかのようなアヒージョが、家庭で簡単に作れますよ。アンチョビが効いたオリーブオイルで炒めた野菜は、ふわっと柔らかく、鶏肉はぷりっとジューシーに仕上がっています。お好みの野菜を入れても◎。バゲットを用意して、アンチョビのうま味がにじみ出たソースにつけて食べてみてくださいね!

【アンチョビ×おもてなしのレシピ2】アンチョビオリーブパイ

サクッとしたパイ生地の中には、アンチョビの塩気が効いた玉ねぎと、フレッシュなオリーブが! 本格的なお食事パイも、冷凍パイシートを使えば、簡単に作れちゃいます。生地に塗ったマスカルポーネが、爽やかな風味をプラスしてくれますよ。

【アンチョビ×おもてなしのレシピ3】ポテトと海老のアンチョビ炒め

ホクホクのじゃがいもとプリプリの海老が主役! ざく切りにしたアンチョビは、食感も風味もしっかりと感じられ、存在感があります。バターのコクも効いており、お酒がすすみますよ。

アンチョビ×おつまみレシピを極めたくなったら!

アンチョビを使ってちょっとおしゃれな食卓に♡

いかがでしたか?
アンチョビは意外と色んな料理に取り入れやすく、さらに料理の味付けがレベルアップするので、ぜひとも活用してほしい食材です。今回ご紹介したレシピは、アンチョビがない場合はアンチョビペーストを使っても◎。色んなシーンで大活躍のアンチョビレシピをぜひご活用くださいね。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。
※お弁当に入れたり、作り置き保存したりする場合は、食中毒対策として、保存期間や保存方法、衛生管理などに十分注意してください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1赤ワイン&白ワインに合う簡単で人気のおつまみレシピ10選あい
  2. 2【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部