梨の甘みにうっとり♪パクパク食べれるスイーツレシピ5選

秋が旬の梨は熟すほどに甘みが増していく果物です。そのままでも十分に美味しく食べることができますが、今回は梨の甘さを生かした美味しさ溢れる魅力的なレシピを探しました。

持ち寄りパーティーにもぴったり「洋梨とカスタードのスコップケーキ」

大きな深皿に入ったこちらのケーキは「スコップ」という名前のように、ナイフで切り分けるのではなく大きなスプーンで取り分けて食べるケーキです。なので、持ち寄りのパーティーなど人が多く集まる際にオススメな一品です。
作り方も簡単です。材料を重ねて行くだけで作れる美味しいお手軽ケーキです。洋梨の甘みのある酸味とカスタードの濃厚な味がすっきりとマッチしています。
綺麗に焼くのが難しい生地ですが、容器の底にスポンジを敷くときに何段になるか見当をつけ、バランスよく重ねましょう。途中で入れるオレンジリキュールが爽やかな香りを漂わせ、より爽やかな風味に仕上げてくれます。

3つの材料簡単スイーツ「蜂蜜と洋梨のパルフェ」

パルフェとはフランス語でパフェのことを言います。材料も多く、作るのに手間のかかるイメージが強いスイーツ作りですが、こちらのレシピは3つの材料で作れる、とても簡単なスイーツです。スイーツ作り初心者にもオススメな是非一度作って欲しい一品です。蜂蜜、生クリーム、洋梨を混ぜて冷凍するだけなので、とても簡単です。冷凍から取り出したものを切り分けて、お好みで蜂蜜とスライスアーモンドをかければ、あっという間に完成です。
洋梨を解凍し過ぎるとシャーベット状にならないのでご注意ください。暑い日にオススメな冷たいスイーツです。気軽に作ってみてはいかがでしょうか。

素材の豊かな味わい「秋の果物とさつまいものムース」

生クリームを使って作るムースは優しい味わいです。ふわふわと優しい口当たりのこちらのムースは、柿や梨といった秋が旬の果物と、秋の野菜であるさつまいもをふんだんに使った、素材の豊かな味わいが楽しめる一品です。果物の濃厚な甘みとさつまいもの自然な甘み、どちらもスイーツにぴったりの素材です。グラニュー糖を使わなくても素材の甘みで甘さを感じることができます。お皿に盛り付けるトッピングには、イチジクやブドウを添えても美味しく仕上がり、より秋の果物でいっぱいになります。彩りもより豊かになります。秋の味覚を存分に楽しめるこちらの一品は、食べてほっくりしそうですね。
秋が来たら是非一度作ってみてください。

お鍋で簡単!「タルトタタン」

タルトタタンとは、型の中にバターと砂糖で炒めたリンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼き、ひっくり返してリンゴの部分を上にして食べるスイーツです。
そのタルトタタンをリンゴではなく梨で作ります。リンゴとはまた違った甘みで美味しく仕上がります。オーブンも不要で鍋一つ。ですが本格的なスイーツを作ることができます。
蒸し焼きが終わったら、大きいお皿の上に被せ、皿ごとひっくり返したら完成です。
表面には梨がたくさん見えます。仕上げにはお好みでシナモンパウダーを振り掛けると、より風味が増して美味しく食べることができます。シナモンはリンゴとの組み合わせのイメージが強いですが、梨との相性もバッチリです。

さっぱりとした味わい♪「アップルベイクドチーズケーキ」

チーズケーキ好きには一度食べていただきたい、クリームチーズとリンゴと梨をたっぷりと使ったこちらのベイクドチーズケーキ。チーズの濃厚さと果物の爽やかな甘酸っぱさがマッチして美味しく食べる事ができます。
ビスケットを袋に入れて叩いて砕いたものを型に敷き詰めて生地を流し込みます。
そこにくし切りにしたリンゴと梨を綺麗に並べて、ナッツを振りかけてオーブンで焼くだけです。コツも要らないくらい簡単なレシピです。
あっという間に優雅なカフェタイムを家庭で楽しめそうですね。コーヒーと一緒にアップルベイクドチーズケーキはいかがでしょうか。

どれも梨の美味しさを生かしたスイーツレシピですね。手間のかかるイメージのスイーツ作りですが、今回紹介したレシピの中には気軽に作れるものも含まれています。
まずは簡単なものから徐々に手の込んだものへステップアップしてみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部