簡単!ピーマンのおいしいレシピ|時間がなくてもOK!人気料理5選

苦味のある「ピーマン」ですが、調理次第でとてもおいしく作れる食材です。 今回は、「ピーマン」を火を使うだけでなく、生で素材の味を生かして調理するレシピまで、手軽で簡単に作れる副菜レシピをご紹介します。

さわやかな苦味がくせになる!「生ピーマンの白ごま和え」

生ピーマンの苦味がくせになるおいしさの「生ピーマンの白ごま和え」をご紹介します。
火は一切使わず、切って味付けするだけで出来る手間暇いらずの料理なので、忙しくて時間がないときでもササッと作れます。
ピーマンは塩を振ってから、しんなりするまで待つのがポイント。味付けはシンプルにすりおろしニンニクと白ごまで。さわやかなピーマンの苦味にニンニクと白ごまの風味がとても合います。
ビールやレモンサワーなどのお酒のおつまみにも最適です。

ゆで卵とあえて食べごたえもアップ「ピーマンと卵の洋風あえ」

ピーマンと卵を使って、ボリュームのある洋風レシピ「ピーマンと卵の洋風あえ」をご紹介します。
ピーマンは縦半分に切ってそのまま炒め、粗熱をとってから適当な大きさに手でちぎって、和えやすくします。その他の食材は、ゆで卵とアンチョビを使います。ゆで卵を使うことでボリュームが出て、アンチョビを使うことで洋風の味わいに仕上げてくれます。
ピーマンの苦味をゆで卵とアンチョビがやわらげてくれるので、とても食べやすく、お腹も大満足なボリュームのある副菜ですよ。唐辛子のピリッとした辛さもアクセントになって、クセになる料理です。

ケチャップ味でごはんが進む「マッシュルームとピーマンのケチャップ炒め」

ピーマンを使った料理で、味付けにオススメなものの一つはケチャップ。そんなケチャップ炒めのレシピ「マッシュルームとピーマンのケチャップ炒め」をご紹介します。
マッシュルームとピーマンをふんだんに使って、ボリュームたっぷりな副菜レシピ。
加熱時間はできるだけ短くし、炒め過ぎないように注意しましょう。適度に柔らかく、しっとりしたマッシュルームとピーマンは、とてもジューシーでおいしいですよ。味付けのケチャップとピーマンの相性は言わずもがな相性バツグンの組み合わせ。
ピーマンの苦味にケチャップの酸味が合いますね。ご飯が進む副菜レシピです。

子どもも喜ぶ便利おかず「ピーマンとにんじんと卵の洋風きんぴら」

フライパン一つで簡単に調理できて、彩りも綺麗な「ピーマンとにんじんと卵の洋風きんぴら」をご紹介します。
細切りにしたピーマンとにんじんを、ケチャップ、醤油、砂糖を混ぜ合わせ、味が馴染むまで炒めると、とても食べやすくなります。
卵は、全体を包んでマイルドな味わいをプラスしてくれるので、ピーマンの苦味も和らぎ、味に一体感を出してくれます。
ピーマンのほかにパプリカも使うと彩りが出て、いっそう見栄えがよくなりますよ。きっとお子さんも喜ぶ料理なので、ぜひ試してみてください。

手軽に野菜を美味しく♪「なすとピーマンの揚げ浸し」

大根おろしでさっぱり食べられて、思わずつまみ食いしたくなる「なすとピーマンの揚げ浸し」はいかがですか。
下ごしらえの必要もなく、素揚げでできるので、とても手軽で簡単に調理できます。
ナスとピーマンは揚げ過ぎると柔らかくなって食感が悪くなってしまうので注意しましょう。揚げたナスとピーマンは味が染み込みやすく、ポン酢と麺つゆのさっぱりとした味わいがピッタリです。
お好みで一味唐辛子をかけて食べてもおいしいですよ。和風メニューと一緒に出すと相性のいいレシピです

いかがでしたか。どれも簡単にすぐ作れる料理ばかりでしたね。
一年中手に入れることができるピーマンのレシピのレパートリーが増えると、もう一品というときに大変重宝します。
ぜひ、今夜のおかずに試してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部