お酒がすすむ♡本格的なもつ鍋を家でも作れる秘訣やレシピを大公開!

寒い冬に食べたくなる鍋。そのなかでも、もつ鍋はお酒がすすむ鍋のひとつですよね。 とろけるおいしさのもつと、だしがしみた野菜の旨みたっぷり♡ もつ鍋の作り方やもつの下処理の仕方、レシピや〆におすすめのものまで、本格的なもつ鍋をマスターできる内容が盛りだくさんです! ぜひご覧ください♪

もうお店に行くまで我慢しなくても大丈夫!家で食べるもつ鍋の虜に♡

もつ鍋は、今や全国的に食べられている鍋のひとつですが、「もつ」とは一体どういうものか知っていますか?
いわゆる、ホルモンと言われるものが「もつ」であり、内臓全般のことを指します。
戦後、食料がままならないなかで、食べられずに捨てられていた部位でした。
「ホルモン」という呼び方については諸説ありますが、元々は捨てられていた部位であることから、関西弁の放るもん=ホルモンが語源と言われているんです。
ちょっとした雑学のようで、誰かに教えたくなりますよね!

そんなもつ鍋ですが、お店で食べるものというイメージが強いのではないでしょうか。
「もつ鍋を家でも作りたいけど、何のもつを使えばいいかわからないし、もつの下処理が大変そう……」
そんなママのお悩みを解決しつつ、もつ鍋のあれこれを教えちゃいます!
お酒とともに、おもてなしで振る舞う鍋としても喜ばれるはず。
話に花が咲き、家でゆっくりもつ鍋を囲む時間を楽しみましょう♡

【もつ鍋のハテナを解決!その1】もつ鍋って、何のもつを使うの?

もつ鍋に使う「もつ」は、牛? 豚?
悩むところですが、牛と豚では味わいが全く違うんです。
もつ鍋には、どちらのもつを使ってももちろん良いのですが、生の牛もつを入れることをおすすめします。
鮮度が良い生のもつは、臭みが少なく、食感も良いんです♪
すでにゆでてある下処理済みの「もつ」が売っていることもありますが、侮るなかれ。
さらにしっかり下処理することで、よりおいしいもつ鍋への近道になりますよ!

【もつ鍋のハテナを解決!その2】もつをおいしくするための下処理は?

もつ鍋をおいしくする秘訣は「もつ」の下処理にあります。
下処理の方法は4つあるので、早速見ていきましょう!

【塩でもみ洗い】
塩をもつ全体にまぶしてよくもみ込みます。
流水でしっかり洗い流しましょう。
塩にはぬめりや臭い、汚れが取れる効果があるんですよ!

【小麦粉をまぶして洗う】
小麦粉を惜しまずにたっぷりまぶして、よくもみ込みます。
臭いや汚れがうつった小麦粉を、しっかり流水で洗い流しましょう。

【牛乳でつけ置き】
牛乳は臭みを取ってくれるのは言わずと知れた方法ですが、もつでも、もちろん効果あるんです。
もつが浸かるように牛乳を入れるだけ!
30分〜1時間つけ置きしたら、水で流すだけでOKですよ。

【下ゆで】
ねぎの青い部分や生姜、にんにくを入れたお湯でアクを取りながら下ゆですると、きれいに仕上がりますよ。
もつに火が通ったらザルにあげます。
2度下ゆでするとより臭みが消えるので、余裕があればやってみても良いかもしれませんね。

【もつ鍋のハテナを解決!その3】もつ鍋に合う具材は?

もつ鍋は一般的に、もつ、キャベツ、にら、にんにく、鷹の爪が入っていることが多いですよね。
定番食材で作るもつ鍋も良いですが、その他にももつ鍋に合う具材を提案していますので、どうぞご覧ください♪

◯もやし◯
1年中お手頃価格で手に入るので、率先して取り入れたい野菜です。もつ鍋に入れたもやしは、シャキシャキもクタクタも◎。

◯白菜◯
とろとろに煮えた甘みのある白菜は、もつの旨みを引き出しますよ。

◯きのこ類◯
きのこは鍋に入れる食材としては欠かせないですよね。だしがしみ出し、旨みが増すので、お好みのきのこをもつ鍋に入れるのもおすすめです。

◯ごぼう◯
煮ても、ほどよい歯ごたえがクセになるごぼう。良い味を出してくれる具材のひとつですよ。

◯豆腐◯
寄せ鍋でも必要不可欠な豆腐。もつ鍋の旨みたっぷりのスープを吸った豆腐は、絶品です。

◯明太子◯
福岡名物同士のもつ鍋×明太子の組み合わせは、とても意外ですよね。食べてみると、相性の良さにびっくり! 福岡を存分に味わえるもつ鍋は必見です。

【もつ鍋のハテナを解決!その4】もつ鍋に合う〆は?

野菜やもつのだしがきいたスープは、ただ飲み干すだけではもったいない!
〆までしっかり食べないと、最後までもつ鍋を味わったとは言えません。
おすすめの〆をご紹介します♪

◯ちゃんぽん麺◯
博多でもつ鍋の定番の〆と言ったら、ちゃんぽん。
スープをすった、太くてもちもちの麺が絶品なんです!
ちゃんぽん麺が手に入らなければ、中華麺でも◎。

◯うどん◯
煮込みうどんのように旨みをしみ込ませた麺は、つるっといくらでも食べられちゃうおいしさ。
便利な冷凍うどんや流水タイプのうどんもあるので、手軽に〆の準備ができちゃいますね。

◯ごはん◯
もつ鍋でお腹いっぱいでも、ついおかわりしたくなってしまう〆の雑炊。
もつの旨みとごはんの甘みを感じられる雑炊に、至福の時間を感じること間違いなしです♡

こってりのもつに、頬がおちそう♡もつ鍋レシピ2選

〈こってり絶品もつ鍋レシピ1〉あつあつ♡博多風もつ鍋

心も体もあったか♡ 「博多風もつ鍋」をご紹介します。
キャベツやニラだけでなく、ごぼうも入ってボリューム満点!
甘みと旨みのあるもつに、とろけてしまいますよ♡
仕事を頑張るパパのために、にんにくをたっぷり入れてスタミナがつくもつ鍋を振る舞いましょう♪
子どもには、ウインナーなどの食べやすい具材を入れてあげるといいですね。

〈こってり絶品もつ鍋レシピ2〉旨辛っ!野菜たっぷりもつ鍋

食べごたえ抜群の「野菜たっぷりもつ鍋」をご紹介します。
こちらは定番のもつ鍋レシピと違って、白菜やれんこん、にんじん、えのきなど、野菜がたっぷりで栄養バランスのとれたもつ鍋です。
牛肉と豚もつのダブルの旨みがしみ出たスープで、〆までおいしく食べられますよ。
豆板醤の辛みがあと引くおいしさのもつ鍋、ぜひお試しください♪

みんなで囲んで盛り上がろう!時短でできる鍋レシピ集はこちら♪

寒い冬に重宝する、温かい鍋レシピ集をご紹介します。
だしが命の鍋レシピ、お酒がすすむピリ辛鍋レシピ、コクうまな豆乳鍋レシピ、さっぱりした甘みのトマト鍋レシピと、鍋のレシピが満載です。
鍋はみんなで囲むと、団らんもより盛り上がりますね!
時短で鍋を作って、楽しい時間を有意義に過ごしましょう♡

野菜をたっぷり摂れてうれしい♡鍋レシピ集はこちら♪

野菜がたっぷり入った鍋をメインにまとめた鍋レシピ集のご紹介です。
鍋は、入れる食材からしみ出るだしによって、スープの味わいが変わります。
それは何通りにもなるので、飽きずに食べられますよね。
〆も、雑炊や煮込みうどん、パスタやリゾットなど、スープを1滴も残さずに最後まで楽しめるのが魅力です♡
ぜひ、このレシピを参考にしてみてくださいね。

鍋のレパートリーに、もつ鍋が仲間入り♡今夜はどんなお酒と合わせようかな?

心も体もぽかぽかになるもつ鍋について見てきましたが、いかがでしたか?
こちらを読んで、もつの下処理方法や、もつ鍋をおいしくする秘訣がわかりましたね。
もつ鍋は居酒屋で食べるものと思っていたママも、牛もつが手に入ったら、今夜のレシピはこれしかありません!
自家製のもつ鍋で、パパの帰りを迎えましょう♪
いっしょに晩酌しながら頬張るもつ鍋で、素敵な夜をお過ごしください♡


※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1赤ワイン&白ワインに合う簡単で人気のおつまみレシピ10選あい
  2. 2【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部