用途多様に使えるこんにゃくで簡単に作れる!副菜レシピ5選

どこのスーパーに行っても、年間通して手に入りやすい「こんにゃく」。皆様はどのように調理して食べていますか。さしみこんにゃくや煮物、豚汁、おでんなど、和食にとてもこんにゃくは合います。
今回は、肉の代用食品になったり、かさ増し食品としてボリュームを加えたり、味噌汁に入れたりしてちょっと変わったアレンジが簡単に出来るこんにゃくレシピを集めました。

用途多様に使えるこんにゃくで簡単に作れる!副菜レシピ5選
出典: shutterstock

ごま油のこくと香りが感激のおいしさ「鶏肉とこんにゃくのごま油じょうゆ煮」

レシピ名だけで食欲をそそられる簡単こんにゃくレシピから紹介します。
ぷりぷりこんにゃくのつるんとした口当たりがたまらない一品です。こんにゃくの煮込み料理では、基本食べやすい大きさにちぎり、アク抜きして使う事が多いですが、こんにゃくをちぎる時のポイントは、スプーンを使うことです。うまく等分でき、切り口が粗いので味しみやすくなりますよ。こんにゃく、その他の具材も切って下ごしらえ出来たら、調味料を合わせて胡麻油醤油の特製つけ汁を作ります。
そこに具材を漬けて、フライパンで特製つけ汁と一緒に絡め焼き、あとは煮るだけで胡麻油の香ばしさと共に出来上がりです。最後に器に盛り、粉山椒をかけて仕上げます。

香ばしいみその風味が食欲をそそる「豚バラとこんにゃくのごま味噌炒め」

こんにゃくに合うのは、胡麻油醤油だけではありません。ごま味噌もとても良く合います。
こんにゃくがボリュームアップの役割をしてくれており、少量の豚バラ肉でも食べ応えあるメニューになっています。ニンニクの芽とニンジンの長さを揃えて切ることで、盛りつけた時の見た目もキレイに見えますよ。
白胡麻も、すりおろして味噌の風味と程よくマッチします。
こんにゃくを炒る時は、できるだけ油はひかずにしっかり水分を飛ばすことがポイントです。

肉なしなのに大満足の味わい「こんにゃくの青椒肉絲風」

こちらの青椒肉絲、驚きなのが肉を全く加えず、高いクオリティーで青椒肉絲の味が再現できる、まさにアイデアレシピです。
今回は、つきこんにゃく(アク抜き不要)を使っているおかげで、下ごしらえもピーマンとショウガを切って調味料を合わせるくらいで、あっという間に作れます。
調味料と混ぜ合わせる時は、つきこんにゃくの水分をよく飛ばしておくことがポイントです。また、こんにゃくを使って低カロリーに仕上がっているので、カロリーを気になさっている方には、嬉しいですね。

凍りこんにゃくでお肉そっくり!?「こんにゃく青椒肉絲」

もうひとつ、こんにゃくを使った青椒肉絲を紹介します。
このレシピもお肉は一切使わずに、一味違った青椒肉絲を再現します。こちらでは板こんにゃくを薄くスライスし、凍らせて肉に近い食感などを見事に表現させます。
時間があれば2、3回こんにゃくを冷凍してみてください。より肉の食感に近くなりますよ。また、こんにゃくを凍らせる事で細切りしやすく調理がはかどります。
ストック食材としても重宝しそうですね。味付けはオイスターソースと胡麻油の頼りになる調味料で、美味しく仕上げます。

大見出食物繊維たっぷりの味噌汁「さつまいもとこんにゃくの味噌汁」

最後に汁物を紹介します。さつまいもの甘みが染みわたる、ホッとさせてくれる味噌汁です。
さつまいもだけでなく、豚ひき肉とこんにゃく、厚揚げも入って、どの食材も食べ応え満点です。まさに、お腹も満たされる贅沢な味噌汁ですよ。
具材を同じ大きさに切り揃えることで、キレイに仕上がり食べやすくなりますよ。

こんにゃくも使い方が多様で、和食だけでなく中華としても大活躍ですね。切り方もいろいろあり、こんにゃく料理も楽しくなります。
こんにゃくの種類も沢山あるので、この機会に食べ比べしながら、あなただけのこんにゃくアレンジレシピにも挑戦してみてくださいね。

海藻・乾物 ・こんにゃく
こんにゃく

他にはない独特な食感で子どもに人気のある食材のこんにゃく。我が家の子どもたちにとっても、幼い頃から「こんにゃくの歌」を歌...
moguna編集部
こんにゃくは料理の脇役になりがちですが、少し工夫をするだけで、たちまち主役級のおかずになってくれる食材です!ヘルシーで、...
moguna編集部
忙しい毎日。 夜の晩酌タイムが一番の楽しみ、という方も多いのではないでしょうか。 そんな家飲みに欠かせないのがおいし...
moguna編集部
ダイエット中に食べたい低カロリー食材といえばこんにゃくというイメージのある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。...
moguna編集部