味噌汁で毎日和食ライフ★和食の基本・豆腐の味噌汁特集

日本の食卓に欠かせない「味噌汁」。どんな具材で作ってもおいしいですが、中でも豆腐は味噌汁で大定番の食材です。私も豆腐の味噌汁が大好きで、夕飯には必ずと言っていいほど、豆腐の味噌汁を作ります。 だけど、毎日同じ具材の味噌汁ではマンネリを感じることもあるかも。使う具材はもちろん、だしの取り方や味つけ、調理方法を変えて、いろんな豆腐味噌汁を作ってみましょう。

どんな献立にもマッチする豆腐の味噌汁を、食卓にレギュラー登板させよう

今回は豆腐をマストで使った、味噌汁レシピをご紹介します。
豆腐にプラス1食材で作る基本の味噌汁をはじめとして、野菜もたっぷり摂れる具だくさん味噌汁や、ちょっと変わったアレンジ味噌汁のレシピをピックアップ。
豆腐をおいしく調理する方法や、だしの使い方もご紹介するので、これから料理をやっていこうという人も、ぜひトライみてくださいね。

基本の豆腐味噌汁は、プラス1具材でバリエーションを増やす♪

【基本として使える豆腐の味噌汁1】作り方簡単!絹ごし豆腐ときのこの味噌汁

しめじやしいたけといったきのこ類には、うまみがたっぷり入っています。豆腐と一緒に味噌汁に入れて、短時間でも深みのある味噌汁にしましょう。
使うだしは、いつでもすぐに使える顆粒タイプ。昆布やかつお節などを使った本格的な味噌汁がおいしいのは承知の上ですが、毎日のことなので、ここは使い勝手の良い顆粒タイプを利用します。
我が家では、2種類の顆粒和風だしを混ぜて、オリジナルブレンドの和風だしを使用。昆布だしが好きなので、ノーマルな和風だしと昆布だしを1:1の割合で混ぜて使っています。

【基本として使える豆腐の味噌汁2】絹ごし豆腐とオクラの味噌汁

次に紹介するのは、5つの材料で作れるトロッと味噌汁です。豆腐と小松菜だけでなく、オクラを具材に加えることで、口当たりのやさしい味噌汁になります。
豆腐の味噌汁の作り方でよく迷うのが、豆腐を入れるタイミング。「ほかの具材と一緒に煮る?」「味噌をとかした後に入れるんだっけ?」と迷ってしまいますが、個人的には味噌をとかす前に入れるのが好みです。
あまり長い時間熱を加えると、豆腐が崩れやすくなりますし、そもそも生で食べられる豆腐だから、中まで火が通っていなくても大丈夫なのではないかと。
ただし、味噌をとかした後に豆腐を入れると味の調整が難しくなってしまいます。なので、軽く豆腐に火を通してから味噌をとくと、何度も味見をする手間が省けますよ。

【基本として使える豆腐の味噌汁3】赤味噌でしっかり味!絹ごし豆腐とわかめの味噌汁

白味噌や合わせ味噌など、味噌1つとっても様々な種類がありますが、地域によっては赤味噌が主流という家庭も多いはず。キリッとしたしっかり味の味噌なので、味噌汁自体に存在感があります。
乾燥わかめはそのまま入れると、塩気が強く感じたり、時間が経つとクタクタになってしまうのが残念なところ。乾燥わかめは豆腐とは別に水で戻し、食べる直前に食べる分だけ味噌汁に加えると、コリッとした食感が楽しめます。

具だくさんな豆腐味噌汁で、タンパク質と野菜を大量摂取♡

【具だくさんの豆腐味噌汁1】木綿豆腐と根菜のしょうが味噌汁

副菜に徹しがちな味噌汁ですが、ごぼうやにんじん、大根などの根菜と豆腐を一緒に使うことで、おかず級の汁物に変身! 野菜やきのこがたっぷり入った味噌汁なので、絹ごし豆腐ではなく、歯ごたえのある木綿豆腐を使います。
下準備が終わったら、ごま油としょうがで具材を炒めて、だし昆布と一緒に煮ます。順次、しょう油・しょうが・味噌・白すりごまを入れれば、できあがり。しょうがの風味と味噌の味わいが、冷えた体に染みわたります♪

【具だくさんの豆腐味噌汁2】絹ごし豆腐と春雨のそぼろ味噌汁

中華スープに使われることの多い「緑豆春雨」。実は味噌汁のボリュームアップにも使えます。せっかくだから、牛ひき肉とごぼうのそぼろ炒めや豆腐と一緒にして、タンパク質豊富な味噌汁にしちゃいましょう。
豆腐は定番の切り方ではなく、手で崩すように加えるのがポイント。断面が凸凹になって、牛肉のうまみが染みこやすくなります。

豆腐を使ったアレンジ味噌汁で、味噌汁ライフのマンネリ防止☆

【豆腐のアレンジ味噌汁1】レンジで作れる!?豆腐とレタスのピリ辛味噌汁

数人分の味噌汁の作るのは簡単ですが、1椀だけ味噌汁を作るって面倒ですよね。そんな時は、キッチンの助太刀職人・レンジの出番です。
マグカップに、木綿豆腐・練りがらし入り味噌・レタス・水を入れたら、あとはレンジで加熱するだけでOK。最近ではパウダー状の味噌も販売されているので、1人分の味噌汁を作るのにも便利です。

【豆腐のアレンジ味噌汁2】豆腐と根菜のクリーミー豆乳味噌汁

最後に紹介するのは、味つけに豆乳を使った「豆」尽くしの豆腐味噌汁です。水の半量近くを豆乳に変えることで、いつもの味噌汁がクリーミーな味噌スープに。
いつもの和食献立はもちろん、パスタやグラタン、ハンバーグなど、人気洋食の献立にもマッチしそうです。

安くておいしい豆腐だから、毎日の味噌汁作りに役立つ!

基本として使える豆腐の味噌汁や、おかず級の具だくさん味噌汁、マンネリ打破に役立つアレンジ味噌汁など、ベーシックなものからちょっと変わったものまで、7つの味噌汁レシピをご紹介しました。
あっさりとしてクセのない豆腐は、具の組み合わせを変えるだけでいろんな味が楽しめます。余った食材やお好みの食材などを使って、お気に入りのお味噌を見つけてください。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2赤ワイン&白ワインに合う簡単で人気のおつまみレシピ10選あい
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部