副菜にもぜひ!そうめんで作る簡単レシピ5選

今日は、何をつくろうか迷った時に、サッと調理が出来て、しかも作り方も簡単、夏の定番「そうめん」が思い浮かびますよね。常備食品として、そうめんをストックしている家庭も多いのではないでしょうか。今回は、そうめんを簡単にアレンジした、副菜としても使えるレシピを紹介いたします。

ボリューム満点!「そうめんの豚肉炒め」

まずは、簡単に作れるそうめんのアレンジレシピです。使う具材は、豚バラ肉、レタス、タマネギに加え、今回はかまぼこも使います。かまぼこがあるだけで、食べ応えもアップしますし、ピンクの色がお皿の上を彩ります。
作り方は、フライパンで具材を炒め、火が通ったら、茹でたそうめんと合わせて味を付けるだけで完成です。料理酒、塩胡椒、顆粒和風出汁、と家にある調味料でシンプルに味付けます。
レタスは最後にフライパンで炒め合わせることで食感が残って美味しく仕上がりますよ。

えびとしゃきしゃき野菜の「そうめんチャンプルー」

優しい味で子供も喜ぶそうめんレシピの紹介です。
野菜も摂れる嬉しい一品で、副菜としておすすめ。
ポイントは、あらかじめ茹でたそうめんに、サラダ油を和えておくことで、炒めた時にくっついて纏まるのを防げますよ。醤油の代わりにナンプラーを加えれば、エスニック風味でおいしくいただくこともできます。エビとの相性も抜群です。
他にも食材変えて、更にいろんなアレンジが出来そうですね。

トマトの酸味がさわやかな中華テイスト「トマトと卵のそうめん入りスープ」

そうめんを炒めてアレンジした後は、今度は優しい味わいのスープにそうめんを変身させます。胡麻油と鶏がらスープで中華テイストに仕上げました。一見、本格的で作り方も難しそうなスープに見えますが、作り方は簡単です。
鍋にトマトを崩れるくらいまで炒めたら、鶏がらスープを加えて一煮立ちさせます。更に、そうめんを加え煮て、水溶き片栗粉でとろみをつければ、後は溶き卵を流し入れ、味を整えれば出来上がりです。とろみあるスープと卵がそうめんに絡み、美味しいですよ。
ポイントは卵を入れる時です。菜箸などを使って、細く全体に流し入れると、ふわっと仕上がり、見た目も食感も優しくなりますよ。一つの鍋だけで作れるのも、洗い物が減って嬉しいポイントですね。

ねっとりアボカドが素麺と好相性「帆立とアボカドのぶっかけそうめん」

そうめんを茹でれば後は鍋いらず、ぶっかけそうめんの紹介です。
ホタテの水煮缶を使ってお手軽に、少し贅沢なぶっかけそうめんを作ってみましょう。作り方はとってもシンプルです。ホタテとアボカドの特製ぶっかけ汁を茹でたそうめんにかけるだけです。ぶっかけ汁は、ホタテの缶汁も一緒に加えて味に深みをプラスすることで、より一層美味しさが増しますよ。
難しい工程もなく作れるぶっかけそうめんは、時間がない時にもおすすめです。

カリカリベーコンでうまみもプラス「ベーコンレタストマトのぶっかけそうめん」

BLTサンドならぬ、BLTそうめんは見た目も新しいアイデアレシピです。作り方も、シンプルです。
ベーコンはフライパンでカリカリに焼きます。レタスはちぎり、トマトは4等分にカットして下ごしらえはこれで完了です。ぶっかけ汁の作り方は、焼いた際に出たベーコンの脂を、水で薄めためんつゆに混ぜるだけです。
器に茹でたそうめんとBLTを盛り付けて、ぶっかけ汁と乾燥パセリをかければ出来上がり!
ベーコンの脂を使うことで、旨味も香ばしさもアップして美味しいですよ。

そうめんを茹でて、麺つゆにつけていただく、それだけでもとても美味しいそうめんですが、たまにはアレンジを加えて、そうめんの簡単副菜料理を楽しんでくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部