【挽き肉の簡単副菜レシピ】初心者でも大丈夫♪人気おかず料理5選

様々な料理で活躍する挽き肉。牛、豚、鳥など使用する肉によっても味わいが違い、料理との組み合わせは多種多用。和食や中華、エスニックなど実に様々です。また、焼いたり、蒸したりとどんな調理方法でも変わらぬ美味しさを持っています。 今回は挽き肉を使った簡単に作れる、副菜レシピを5つまとめてみました。

ミントたっぷりさわやかな後味「ラープサラダ」

こちらのレシピはタイ風挽き肉サラダのラープサラダ。
ミントの葉を和えているので、風味が爽やか!香りが強いナンプラーとの相性もバッチリです。
煎り米の香ばしさも生かされています。煎り米の香ばしさをより感じられるように、食べる直前に他の食材と混ぜ合わせる事でより美味しく仕上がりますよ。爽やかな後味なので、脂っこい食事や味の濃い食事と一緒に食べてみるのも良さそうですね。簡単に作れるタイ風のサラダ。
タイ料理がお好きな方は一度作ってみてはいかがでしょうか。

長いものサクッとした食感を楽しんで「ひき肉と長いもの塩炒め」

トロッとした粘りが特徴の長いもは、挽き肉との相性が抜群です。
塩炒めなので、味もシンプルで長いもと挽き肉の素材の美味しさも楽しめます。
長いもは、焼き過ぎるとサクッとした食感が失われるので、火加減に注意しながら調理を行ないましょう。
とろろなどにも使う長いもと組み合わせているので、ご飯が進むメインのおかずとしても活躍してくれそうです。
炒めるだけで作ることができる簡単な調理方法。料理初心者の方も気軽に作ってみてはいかがでしょうか。

豆板醤のピリ辛煮物はおつまみにも「ひき肉とかぶのピリ辛くず煮」

煮込めば、柔らかく甘みがより一層感じられるかぶを挽き肉と煮込んだ、こちらのピリ辛くず煮。
かぶを丸ごと使うので、無駄なゴミが出にくいのも嬉しいポイントです。かぶは食べやすいように6つに切り分けます。ショウガや豆板醤で辛味をつけましょう。かぶが柔らかくなれば、完成まであと一息。仕上げに水溶き片栗粉を回し入れれば、とろみがついて、アッという間に美味しいくず煮が完成です。
かぶの旨みが煮汁に滲み出ているこちらのレシピ。辛味も効いているので食べれば身体がポカポカと温まりそうですね。

餃子の皮で作る小籠包「スープ小籠包」

中華料理の代表的な点心、小籠包。
見かけたらついつい買って食べてしまう方も多いのではないでしょうか。包んで蒸したりと、家で作るには難しそうなイメージですが、こちらのレシピでは皮を餃子の皮で代用しているので、簡単に作ることができますよ。
ジュワッと広がる中身の肉の旨みがたまらない一品。
肉だねがパサつかないように水を加えると、ジューシーな仕上がりに。より美味しく食べる事ができます。
火傷には気をつけて、熱々のうちにお召し上がりください。

じゅわっと染みこむうま味「ひき肉とはるさめの袋煮」

袋煮の代表的なレシピは、おでんの餅巾着がありますよね。こちらのレシピの具材は、餅ではなく、挽き肉とはるさめを使用しています。
それぞれの食感も楽しめて美味しく楽しい具材。肉の旨みを逃がさず、油揚げに凝縮されているので無駄なく楽しめる一品です。和風な仕上がりが多い袋煮ですが、こちらはアレンジして中華風に。ちょっと変わった袋煮の料理を一度お試しください。
食べる際は怪我をしないように、止めている楊枝に要注意です。

どれも食欲をそそる美味しそうなレシピばかりでしたね。
スーパーに行けば、他の肉に比べると比較的に安く手に入り、経済的にも嬉しい挽き肉。
冷蔵庫の中に1つや2つストックをしておけば、紹介したレシピをはじめ、様々な料理に活用する事ができますよ。
使う食材に悩んだときは、挽き肉をベースに料理を考えてみてはいかがですか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり