【最短10分♪きゅうりの簡単副菜レシピ5選】夏に人気の一品料理

みずみずしい新鮮なきゅうり。スティックに切って味噌やマヨネーズを付けるだけで立派におかずやおつまみにもなる万能な野菜ですよね。 きゅうりは生野菜をたくさん食べることができる優秀な食材。 今回は、きゅうりをメインにして副菜を作る、というテーマで5つのレシピをご紹介します。

シャキシャキさっぱり!「タコとキュウリの酢の物」

きゅうりでもう一品、と言えば定番レシピのひとつはこちら、「タコとキュウリの酢の物」ではないでしょうか。
茹でたタコの足をぶつ切りにし、輪切りにして塩もみしたきゅうりに、砂糖、酢、醤油の調味料を加えて混ぜればできあがり。手軽に作れるので、あと一品ほしい時にぴったりです。きゅうりは塩もみすると水分がたくさん出るので、しっかりと絞って水気を切るのがポイントです。
最後に味をみて、きゅうりの水っぽさを感じる時は、塩をひとつまみ入れると味がしまります。

にんにく風味が食欲をそそる「乱切りきゅうりのナムルサラダ」

副菜におすすめのきゅうりを使ったレシピ、2つ目は「きゅうりのナムルサラダ」です。
きゅうりは種の部分をスプーンでこそげ取って乱切りにし、ごま油で炒め、酢、塩、砂糖、ニンニクのみじん切りと和えて、冷蔵庫で冷やせばできあがり。最後にゴマを散らします。
水っぽくなるのを避けるため、種の部分は、ザッとでよいので手を抜かず取りましょう。
ゴマ油には、輪切りにした唐辛子を入れて香りを移します。ニンニク風味のピリッと辛いきゅうりがクセになりますよ。
生で食べることの多いきゅうりですが、こんな風に炒めてナムルにすれば、育ち過ぎた大きなきゅうりも、お徳用でたくさん買ったきゅうりも、余すことなく食べられそうですね。

大見出和えるだけでもう一品!「きゅうりとむね肉のピリ辛和え」

次は、きゅうりと鶏肉を合わせた、ピリ辛でおいしい中華風レシピを紹介します。
きゅうりとネギは千切りに、火を通した鶏むね肉は薄切りにし、メンマを加えたらポン酢、ラー油、白ゴマと和えるだけ。辛さは好みで、ラー油の量で調整します。
棒棒鶏のような一皿ですが、ポン酢とメンマでまたちょっと違った味になり、さっぱりおいしく食べられます。シャキシャキきゅうりが食欲をそそりますね。
糸唐辛子をトッピングすれば、さらに本格的になって、食卓を盛り上げてくれますよ。

ごま油のコクと香りがアクセント「きゅうりとねぎのカリカリ桜えびのサラダ」

「きゅうりとねぎのカリカリ桜えびのサラダ」は、ゴマ油と酢が効いた中華風サラダ。きゅうりの扱いの基礎がきっちり含まれたレシピです。
軽く塩したきゅうりを板ずりし、サッと洗って水気を拭いたら千切りにします。同じく千切りにした長ネギと一緒に水に放すと、パリパリ、シャキシャキした食感に。
酢と塩、胡椒で味付けし、そこに、じっくりとゴマ油で炒めた桜エビを、熱いごま油ごとジャっと回し入れてできあがり。
ゴマ油で炒めることで、桜エビの旨味がゴマ油に移りギュっと濃縮されます。エビが苦手、という場合は、桜エビをちりめんジャコや生姜の千切りに変えてもいいですね。

大見出リッチな味わいのポテトサラダ「サーモンポテトサラダ」

最後はスモークサーモンを使った、ちょっとリッチなポテトサラダのレシピです。白いポテトサラダに緑の色あい、じゃがいもの中のシャキシャキした食感…。
ポテトサラダにきゅうりは欠かせないですよね。色々作ったけれど、ちょっと半端に残ってしまったきゅうり、ポテトサラダにしてみてはどうでしょうか。
じゃがいもは、電子レンジで加熱してフォークでつぶすだけなので、特別な道具は必要ありません。
切ったきゅうりとスモークサーモン、塩、胡椒、マヨネーズを和えればできあがり。手軽にちょっとリッチな味わいで、もう一品できあがりです。

きゅうりを活用して簡単にできる、もう一品。いかがでしたでょうか。
今回ご紹介した5つのレシピは、どれもしっかり味をつけるものなので、きゅうりの水っぽさや青くささがちょっと苦手という人も、「これなら食べられる!」というレシピが見つかるのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部