桃スイーツで自宅がカフェ店に♡濃厚なピーチスイーツ特集

やわらかな果肉とジューシーな甘さで、甘党を虜にする「桃」。大の甘党の私も、カフェやレストランに行って桃スイーツがあると、思わず頼んでしまうほど大好きです♡ お店で食べるのも、お取り寄せするのももちろん良いですが、桃スイーツをイチから作って、手作りのおいしさを味わってみませんか。

濃厚でジューシーな桃を使って、プロにも負けない絶品スイーツを作ろう

桃の旬は夏ですが、品種によっては春や秋頃と、種類を変えることで長い間旬ものを楽しめます。
また、白桃や黄桃などの缶詰も充実しているので、桃スイーツは季節を問わず作れるんですね。
今回は、お菓子作りに慣れていなくても作りやすいシンプルスイーツをはじめ、桃缶スイーツ、加熱なしのひんやりスイーツ、桃ドリンクなど、全8つのレシピをピックアップ。みずみずしい桃を使って、プロにも負けない桃スイーツにレッツトライ!

シンプルなスイーツレシピで、フレッシュな桃の甘さを堪能☆

【生桃のシンプルスイーツレシピ1】まるで生の桃のようなピーチジャム

「桃は大好きだけど、お菓子は作ったことがない」「たくさん頂いた桃をどう食べよう?」と悩んだ時は、生の桃を使ったシンプルスイーツレシピがおすすめです。
準備するのは、桃・はちみつ・レモン果汁の3つだけ。桃皮まで無駄なく使うことで、桃のうまみがたっぷりと詰まった手作りピーチジャムが作れます。
ジャムは時間をおくと、味がなじみやすくなってGOOD。
きちんと保存できるように、瓶の煮沸消毒やこまめな手洗いを忘れないようにしましょう。

【生桃のシンプルスイーツレシピ2】夏にピッタリ!桃のさわやかコンポート

「コンポート」とは、果肉を水や砂糖水で煮るフルーツ料理のこと。ジャムほど甘くなく、煮込み時間も短いので、フルーツ特有の果肉感が魅力のスイーツです。
たっぷりの水にグラニュー糖と白ワインを加えたら、半分にカットした桃を皮つきのまま煮ます。
1度冷ましてから皮を剥いたら、桃スイーツのできあがり。
そのまま食べるのも良し、シロップとヨーグルトをかけても良し、トーストやバケットにのせるも良しと、いろいろな食べ方があります。ジャムほど日持ちしないので、いろんな食べ方で早めに食べきってくださいね。

甘さパワーアップの桃スイーツに、おなかもココロもとろけそう♪

【桃缶で作るスイーツレシピ1】とろとろ白桃のアーモンドケーキ

スイーツといえば、やっぱりケーキ。見た目にインパクトのあるホールケーキが作れたら、自宅で出来立てスイーツが食べられます。
缶詰の白桃とアーモンドプードルのケーキは、艶やかな見た目がスイーツ欲をかき立てる桃ケーキ。白桃の濃厚な甘さとアーモンドの香ばしさが見事にマッチ☆

【桃缶で作るスイーツレシピ2】桃とレーズンのヨーグルト焼き

ホールケーキを作ることを躊躇してしまう人は、ココットで作れる桃スイーツはいかがでしょうか。
桃缶とヨーグルトの酸っぱ甘い特製クリームをココットに入れてオーブンで焼いたら、30分ほど冷まします。
1度じっくり加熱すると桃の甘みが凝縮されるので、濃厚な桃スイーツに仕上がります。

オーブン不要のひんやり桃スイーツは、クリーミーな甘さが魅力★

【桃缶のひんやりスイーツレシピ1】ミルクプリンの黄桃ソースのせ

お菓子作りというとオーブンを使ったレシピが多いですが、ひんやりスイーツなら、オーブンは必要ありません。基本は、材料を混ぜ合わせる、型に流し込む、冷やすの3つの工程で完成するので、子どもと一緒に作っても良いですね。
牛乳・砂糖・生クリームで作る牛乳プリンの下には、サイコロ状にカットした黄桃を敷きつめます。仕上げに黄桃ソースをたっぷりとかけて、召しあがれ。

【桃缶のひんやりスイーツレシピ2】ふんわり甘い桃ムース

なめらかな口当たりとクリーミーさが無力の「ムース」。こちらのスイーツレシピには、やさしい甘さの白桃を利用しましょう。
氷水で冷やしながら混ぜたり、メレンゲを作ったりと手間はかかりますが、空いた時間に作業できるのがポイント。
ホームパーティーやイベントなど、おもてなしが必要な時のスイーツ役にピッタリです。

桃の簡単ドリンクレシピで、スイーツドリンクへの欲望を満たす!

【桃缶のスイーツドリンクレシピ1】バナナと黄桃のフルーツスムージー

桃の季節がやってくると、カフェやスイーツ店で桃を使った甘いドリンクが登場。何度も飲みたくなっちゃうんですよね。でも財布の中身が寂しい時もあるので、私は手作りの桃ドリンクで欲望を満たします。
6つの材料で作れるフルーツスムージーは、バナナと黄桃で甘さ2倍♪
大さじ1杯のために生クリームを買うのが面倒な時は、コーヒフレッシュを代用するのもアリです。

【桃缶のスイーツドリンクレシピ2】とろとろ黄桃ラッシー

インドで定番のドリンク「ラッシー」。甘さがありつつもスッキリとしたスイーツドリンクなので、カレーなどのスパイシー料理のお供として人気です。
缶詰の黄桃を小さくカットしたら、プレーンヨーグルト・牛乳・レモン果汁・練乳と混ぜあわせるだけで完成。
ミキサーも必要ないので、片付けの手間が減りますね。

手作りの桃スイーツがあれば、お取り寄せも通販も必要なし!

生の桃や缶詰の桃など、桃をメインに使ったスイーツレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
手作りスイーツの良いところは、自分の好きな味にアレンジできること。
レシピ通りのスイーツに慣れたら、シロップを増やしてさらに甘さをプラスしたり、レモン果汁でスッキリさせたりと、好みの味に作り変えてみてください。

※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。
※1歳未満の赤ちゃんは、はちみつを食べることで乳児ボツリヌス症にかかることがあります。1歳未満の赤ちゃんに、はちみつ・はちみつ入りの食品を与えることは避けてください。
※お弁当に入れたり、作り置き保存したりする場合は、食中毒対策として、保存期間や保存方法、衛生管理などに十分注意してください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1赤ワイン&白ワインに合う簡単で人気のおつまみレシピ10選あい
  2. 2【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部