長芋ひとつで楽しみ方いろいろ、簡単に出来る長芋副菜レシピ5選

長芋といえば「食感」を楽しめる代表的な野菜のひとつですよね。 すりおろしたり、和えたり、炒めたり、煮たり、焼いてステーキにしたり、長芋ひとつで様々な楽しみ方が出来る万能芋。 今回は、炒める、和える、煮る、熱してつぶす、焼いて冷やすといった簡単にできる調理法で、長芋を思う存分楽しめるレシピをご用意しました。副菜としても使えるレシピですよ。

甘みそ味の炒めもの「鮭と長いもの味噌炒め」

まずは長芋を炒める調理法で、食感を楽しんでみましょう。
はじめに、味噌、砂糖、水で合わせ調味料を作り、長芋、ショウガ、鮭は切って下ごしらえ完了です。
長芋を両面蒸し焼きにしたら、サケとショウガも焼き、先に蒸し焼きにしておいた長芋を合わせ炒めます。仕上げに合わせ調味料を和え炒めれば、あっという間に出来上がりです。
味噌が焦げやすいので、合わせ調味料はよく溶いてから手早く炒め合わせるのがポイントですよ。鮭、長芋、味噌のハーモニーがとてもよく合います。

明太子の辛みや塩気をいかした一品「きゅうりと長芋の明太子あえ」

次に紹介する簡単レシピは「和えもの」です。
もう一品手軽に追加出来る、おつまみにも副菜にもぴったり、簡単に作れる長芋レシピの紹介です。
作り方も切って、和えるだけでとても簡単です。明太子自体の、ピリッとした辛みや塩気がキュウリや長芋によく絡んで、美味しいですよ。ポイントは、明太子に酢を加えることです。酸味がつくとともに、柔らかくなって和えやすくなりますよ。

大見出長いものサクッとした食感が楽しい「牛肉と長いものさっと煮」

サッと煮るだけで、昆布の出汁と長芋の食感を楽しめる一品です。
昆布を水で戻している間に、いんげんは半分に切り、長芋は乱切りして下ごしらえをしておけば時短にもなりますね。
フライパンで牛肉、長芋、いんげんの順に火を通した後は、調味料でサッと煮るだけで出来上がりです。煮すぎると長芋のサクッとした食感が失われてしまうので、レシピ名の通りサッと煮ることがポイントですよ。
昆布の出汁と牛肉で、グッと旨味がでて、そこに他の野菜にはない長芋ならではの食感が合わさり、短時間で美味しい煮物が出来上がります。

大見出箸が止まらない!「長芋の和風サラダ」

電子レンジでパパッと調理したと思えない、本格的なサラダが簡単に作れますよ。
長芋を使った彩り豊かな和風サラダで、つい箸が進んで止まりません。作り方も簡単で、少しの時間で作れます。まず、長芋をレンジでチンして熱いうちにフォークで粗くつぶします。
そこに醤油、酢、胡椒を混ぜ、下ごしらえした紫玉ねぎとカニカマも合わせ混ぜて、器に盛っておきます。これだけでも美味しそうですね。更にツナと青ネギを醤油で炒めて、先ほど盛った長芋サラダの上に添えたら長芋の和風サラダの出来上がりです!
長芋を予めつぶすことで新しい食感を楽しめるサラダになりました。料亭でも出てきそうな一品です。

あっさりでも食べごたえのあるサラダ「焼きダコと長イモのサラダ」

最後に、少し時間はかかりますが、簡単に作れて食べ応えも満足のサラダを紹介します。
タコと長芋の食感が面白い、ショウガの風味も効いてあっさり食べられる贅沢なサラダです。
メインの具材は長芋、シシトウ、ボイルしたタコです。
作り方はシンプルで簡単。鍋にショウガを含む調味料を合わせてひと煮立ちさせたら、冷まして出汁醤油を作っておきます。冷ましている間に、胡麻油で長芋、ししとう、タコを炒め、冷めないうちに出汁醤油に浸し、後は冷蔵庫で冷やして出来上がりです。
焼きたてのタコと野菜を熱いうちに、出汁醤油に浸すのがポイントです。冷蔵庫で寝かせている間に、旨味も野菜に浸透して美味しくいただけます。

今回は、色々な調理法で簡単に作れる長芋副菜レシピを厳選してご紹介しました。
皆様も長芋の食感を楽しんで食事を楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部