【豆板醤で作るピリ辛麺レシピ】辛い物好きに人気の簡単料理5選

ピリリと辛い豆板醤。麻婆豆腐などの中華料理に欠かせない調味料ですよね。 最近では使いやすいチューブタイプの商品も売っているので、ご家庭に常備している方も多いのではないでしょうか。豆板醤は、中華料理だけでなく、様々な料理に使える便利な調味料なのです! 今回は、暑い季節にうれしい、ピリ辛豆板醤を使ったツルリと食べられる麺料理のレシピを5つご紹介します。

具材沢山で食べ応え十分!「台湾風まぜそば」

ボリューム抜群、ご自宅で作れる台湾風まぜそばレシピのご紹介です。
豆板醤、焼肉のタレ、めんつゆといった身近な調味料で作ったピリ辛台湾ミンチは、奥行きのある味わいです。
豆板醤やニンニクで刺激の強い味付けですが、隠し味のオリーブオイルが全体をまろやかにまとめてくれるので、どんどん箸が進んでしまいますよ。
極太麺と台湾ミンチの相性がとても良いので、なるべく太い麺を選んでいただくことがポイントですよ♪

甘辛すっぱいが癖になる 「油そば風そうめん」

暑い夏の定番麺といえば冷たいそうめんですよね。
でいただく機会も多いので、自宅にたくさん余っているという人も多いのではないでしょうか。
今回は、そうめんを甘辛すっぱい油そば風にアレンジした変わり種レシピをご紹介します!
豚肉をさっと茹でたら、その汁をもう一度使ってそうめんを茹でます。豆板醤、めんつゆ、ごま油等を混ぜ合わせて作ったタレと絡めたらあっという間に完成!
茹で時間の少ないそうめんでパパっと調理できて、食べ応え抜群なので、時間がない時のランチにおすすめの一品です。
お子さんも大好きなお味なので、豆板醤の量で辛味を調節しながら作ってみてくださいね。

おかずいらずのボリューム麺 「カリカリ焼きそば」

こちらは、お店で食べるようなあんかけ焼きそばのレシピです。
豚肉の他に、なす、たまねぎ、しいたけといった野菜をサイの目に刻んでたっぷり入れるので、ひと皿で栄養満点なのもうれしいですね。豚肉と野菜を豆板醤と味噌ベースのスープで煮込んで作るあんは、具材に味がしみ込んで中華麺にぴったり。最後に焼きそば用の蒸し麺をお好みのカリカリ加減に焼いて、あんをかけたら出来上がりです。
仕上げに散らすパクチーとあんの隠し味のナンプラーは、中華風でありながらどこかエスニックな風味を感じる味わいですよ。
お肉と野菜がたっぷりなので、こちらの焼きそばにスープ等の汁物をプラスすれば、時間がない時の夕食の献立にできそうですね。いつもの焼きそば麺でひと味変えて作りたい時にぜひチャレンジしてみてください!

ツナの旨味と角切りトマトが相性抜群 「さっぱりツナトマトうどん」

次にご紹介するのは、長期保存が可能で簡単に調理できる、冷凍うどんを使ったレシピです。
油を切ったツナ缶に、角切りにしたトマトと輪切りにしたきゅうりを彩り良く混ぜ合わせていきます。そのツナと野菜を豆板醤をアクセントに加えためんつゆに入れたら、あっという間に冷たいうどんと相性抜群のおつゆが出来上がり!
こちらのレシピでは、うどんを茹でて調理していますが、冷凍うどんなのでレンジで加熱すれば火を使わずに調理ができます。特に暑い季節には嬉しいですよね。
お好みに合わせてそうめんや冷や麦で作っても美味しそうです。豆板醤のピリッとした辛味が食欲をそそり、暑い夏にもツルリと食べられる一品です!

ねぎをたっぷり加えた中華味「ねぎと焼き豚の中華風パスタ」

最後にご紹介するのは、パスタを中華風に仕上げる変わり種のレシピです!
ねぎやザーサイ、焼き豚を混ぜ合わせたら、風味豊かなごま油とピリッと辛い豆板醤で中華風に味付けをし最後にパスタと具をよくからめて召し上がれ!
一味変わったパスタ料理は、友人や家族のおもてなしにも喜ばれそうですね。

いかがでしたでしょうか。
今回は豆板醤を使った麺料理をご紹介しました。
豆板醤といえば中華料理でよく使われる調味料ですが、そうめんやうどんなどの味付けにも活躍します。
皆様もぜひいろいろな料理に取り入れてみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部