りんごの味わいが料理を美味しく!簡単な副菜レシピ5選

日本で良く食べられているりんごは、代表的な果物のひとつ。甘くてほんのりと酸味のあるその味は、そのまま食べてはもちろん、火を通したり、すりおろすことでまた違った美味しさを感じる事ができます。 今回は、りんごを使った副菜のレシピを5つ紹介します。

    さっぱりと食べられる「キャベツとりんごのザワークラウト風」

    ドイツなどで食べられている酸っぱい味付けのキャベツの漬物、ザワークラウト。
    こちらのレシピではキャベツの他にりんごを加えることで、酸味の中に甘みのある一品に仕上がっています。りんごの食感と酸味がよくマッチしており、通常のザワークラウトが苦手な方でも、ついつい食べてしまいそうです。
    ワインビネガーがない時は、酢で代用する事も可能です。その場合は砂糖を少し加えてみてください。
    様々な料理を食べる際の口直しに食べて見ても良さそうですね。

    甘酸っぱくてフルーティー、子どもにも人気「りんごのコールスロー」

    キャベツを細長く切って作るコールスローサラダ。りんごを加えているこちらのコールスローのレシピは、酸味の爽やかさが美味しい一品です。
    より美味しそうに盛り付けを見せるために、サラダはボウルの中で空気を含ませながら取り分けて、皿にフワッと盛ることで高さを出すことができます。
    材料を切って、和えるだけの簡単な作り方なので、失敗する心配もほとんどありません。
    料理初心者にもおすすめな簡単なサラダのレシピです。時間がない、そんな時にも直ぐに作れるレシピですよ。

    自然の甘みがやさしい「ひよこ豆と林檎のスープ」

    モッタリとしたひよこ豆のスープに、すりおろしたりんごを加えた、優しい自然の甘みが溢れるこちらのスープ。
    忙しい時や疲れが溜まっている時に、飲めばホッとひと息ついて、心も癒されそうですね。スープに注いだら、上からシナモンパウダーを振りかけたり、ミントをトッピングするのもおすすめです。豆やりんごに含まれる栄養も豊富で、身体にも優しそうですね。
    豆乳の量はお好みの濃度に合わせて調整してみてください。疲れたと感じるそんな時に、作って飲んで癒されたい美味しいスープの一品です。

    寒い冬にホッとあたたまる♪「食べるりんご甘酒」

    寒い日に飲んでホッとひと息つきたくなる甘酒。
    こちらの甘酒はすりおろしたりんごを加えているので、りんごの自然な甘みを感じつつ、食感も楽しめる甘酒となっています。揃える材料もとてもシンプル。
    塩、ショウガ、りんご、レモン、シナモン、酒粕のみ。材料すべてを鍋に入れて混ぜれば完成です。
    器に盛ったら、お好みでシナモンパウダーをかけてみてください。吉野葛でとろみをつければ、更に美味しく仕上げることができます。
    寒い日に作って、飲んでみてはどうでしょうか。

    果物の酸味が豚肉と合う!「林檎の豚肉巻き」

    りんごと豚肉をメインに使ったこちらのレシピは、簡単に作ることができます。
    甘じょっぱい醤油ダレとりんごの酸味が絶妙にマッチ。醤油ダレは加熱するときにすぐに焦げてしまいますので、火加減に注意しながら加熱してください。
    一味違ったおかずとしても活躍してくれそうな、こちらのレシピ。育ち盛りのお子さんにも食べてほしいレシピですね。
    お腹にも溜まりそうなので、ガッツリ食べたい!そんな時に作って食べてみてはいかがでしょうか。

    りんごの特徴が料理で際立つものばかりで、りんご好きには堪らない、一度ご賞味いただきたいレシピを5つ紹介しました。
    どのレシピもりんごの甘みと酸味が生かされた、作って食べてみたくなるようなレシピばかりですよね。
    りんごは基本的に、どのシーズンでも手に入る果物なので、食卓に取り入れてみると新しい発見があるかもしれませんよ。ぜひ、お試しください!

    「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

    記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

    1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
    2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
    3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
    4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
    5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部