さっと出せてオシャレ!生ハムを使った簡単副菜5選

そのまま食べられて、手軽に使える「生ハム」は時短レシピの強い味方。 サラダに入れるのはもちろん、温かい料理に使っても美味しいのです。 ここでは生ハムをもっともっと活用できる、オシャレで簡単なレシピをご紹介します。

おしゃれで簡単!「いちじくと生ハムのイタリアンサラダ」

プロセスはお手軽ですが、仕上がりはオシャレで本格的。いちじくが旬の時期にぜひチャレンジしてほしいサラダです。
ポイントはいちじくをあらかじめ冷やしておくこと。そうすることで、生野菜との相性が良くなります。
あとは生ハムを並べ、ベビーリーフといちじくを乗せてイタリアンドレッシングをかければOK。
ドレッシングはお手製でも、市販のでもお好きなもので大丈夫ですが、酸味のあるドレッシングがおすすめです。
余裕があればクルトンを飾ると、食感も食べごたえも楽しめます。5分でできる簡単レシピ、試す価値ありです。

デパ地下風!「生ハムとルッコラのマリネ」

色鮮やかなサラダがお家でも再現できるこちらのレシピ。
薄く切ったかぶと紫たまねぎをお手製のマリネ液に漬け込み、ルッコラと生ハムを和えれば完成。
しっかり味をなじませるために冷蔵庫で1時間ほど寝かせるので、最初に作っておくなどして、漬け込んでる時間を他の作業に当てると効率的ですね。
漬け込んでしまえばあとは混ぜて出すだけ。彩りも綺麗なので、これだけでも華やかで豪華に見えます。
ワインなどのお酒にも合うので、おつまみとして常備しておくのもおすすめですよ。

カラフルな切り口はパーティにぴったり「生ハムとチーズの小さなアンティパスト」

カラフルな見た目と切り口が食欲をそそるオシャレなアンティパストです。
凝っているように見えますが、作り方はとっても簡単。
下ごしえらえはパプリカを切ってレンジで加熱し、豚肉を茹でてソースとなるバルサミコ酢を煮詰めておきます。それが終わったら、あとは生ハムにスライスチーズとバジルの葉、豚肉、パプリカを並べて巻けばOK。
この時、はみ出た両端にも生ハムを巻いて、形を整えると綺麗な断面になりますよ。ソースは煮詰めておいたバルサミコ酢とオリーブオイルをかけるだけ。
とってもシンプルですが、酸味と歯ごたえが楽しい一品です。

大見出梨が生ハムと絶妙な相性♪「梨と生ハムの前菜」

生ハムはフルーツとも相性抜群。今回はジューシーな梨を使って、レストランの前菜風なお料理が簡単に作れるレシピをご紹介します。生ハムに梨を綺麗に巻いてお皿に並べたら、オリーブオイル、黒胡椒、ワインビネガーをかけてチャービルを添えれば出来上がり。
工程が少なく手軽でありながら、ビネガーの酸味と梨の爽やかな味わいに生ハムの塩気が相まって、最高のハーモニーを奏でます。
10分で簡単にできるので、あと一品足りない!という時でも、すぐに出せて便利ですよ。盛り付けは、円を描くように並べるとオシャレですよ。

トースターで簡単調理「パルミジャーノと生ハムのナスボート」

ナスをくり抜き、容器代わりにした「ナスボート」は、見た目もオシャレでパーティやおもてなしにもぴったり。難しそうに見えますが作り方は簡単です。
まずはナスをくり抜いて、中身を細かく切り、生ハムとパルミジャーノチーズ、パセリなどと混ぜます。その後オリーブオイルをかけてトースターで焼けば出来上がり。
余った中の具はバゲットに乗せて焼くと違った味わいが楽しめます。朝食やおつまみとして出してもいいですね。トースターがない場合はグリルでも代用できそうです。
ナスを焼く際にお皿にもオリーブオイルを塗っておくと、くっつきや焦げ付き防止になります。

添えたり、混ぜたり、巻いたり…様々な用途に使える生ハムは、実に万能な食材。
彩りづけにも一役買ってくれますので、加えるだけで料理がオシャレに変身しますよ。
適度な塩気があるので濃い味付けも不要。常備しておくと便利です!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部