シャケを使った簡単副菜レシピ5選

焼いてもよし、ホイル蒸しでもよし、とメインディッシュのイメージがあるシャケ。シャケは、サラダやスープなど、副菜としても大活躍。 今回は、お弁当のおかずやおつまみにも活用できそうなシャケの副菜レシピをご紹介します。

サラダ感覚で食べられる「鮭とゆで野菜のサラダ仕立て」

とっても肉厚でお財布にも優しい価格の生シャケ。
ムニエルやホイル焼きなどメインディッシュに活躍しますが、副菜でも大活躍。シャケの鮮やかな色が食欲をそそるレシピがこの「鮭とゆで野菜のサラダ仕立て」。茹でたブロッコリーとインゲンに焼いた生シャケを加え、バルサミコ酢を使った特製ドレッシングで和えるだけです。
味の決め手は粒マスタード。焼いたシャケに濃厚なバルサミコ酢とピリッとした粒マスタードが絡み合って、シャケの旨みが引き立ちます。
さっぱりとした野菜の甘みがパンチの効いたドレッシングを和らげているので、たくさん食べられます。
カリフラワーやにんじんなどを加えるとさらに色鮮やかな一品になりますね。お弁当の彩り用にも活用できそうなレシピです。

うまみをぎゅっと閉じ込めたホイル焼き「えのきとシャケフレークのホイル焼き」

あともう一品増やしたい、という時、シャケフレークを使ってみてはいかがでしょう。
時短のお助けレシピ「えのきと鮭フレークのホイル焼き」はお、料理初心者でも超簡単。なんと調理器具はトースター。
ホイルにえのきを敷き詰め、シャケフレークを散らしてバターをのせ、調味料も一緒にふりかけて包み、トースターで焼いて出来上がり。たったこれだけです。
バターの香りとシャケの旨みが、えのきにギュッと染み込んで食欲をそそります。えのきは一年中お財布に優しい価格で手に入りますから、節約レシピとしても覚えておきたいですね。

豆腐、魚、野菜とバランスがいい副菜「おかず揚げ出し豆腐」

本格的なのに簡単にできるレシピのご紹介です。
揚げ出し豆腐が難しいイメージがありますが、水切りをしっかりしておけば、あとは揚げるだけです。
豆腐もシャケも野菜も一緒に揚げてしまうので時間もかかりません。
シャケの赤、豆腐の白、アボカドのグリーンと、盛り付けも上品に決まります。
量を多めに作れば大皿料理としても活用できそうですね。

白菜の甘みとゆずの風味でさっぱりと「塩鮭と白菜のゆず蒸し」

こちらのレシピでは、塩シャケの程よい塩気と旨みが調味料代わりになります。
食べやすい大きさに切った白菜に塩シャケをのせ、ゆずを散らして酒蒸しすれば出来上がり。
ザクザク切った白菜に、シャケの旨みとゆずの香りが染み込んで、さっぱりと召し上がれます。白菜を一玉買って使い切れない時などの、お助け料理にもなりますね。
白菜は大きめにカットすると食感がアップします。日本酒のおつまみにも合いそうな一品です。

ナンプラーとみりんのハーモニー「鮭と野菜のエスニック風焼きびたし」

エスニック料理好きには、こちらの「鮭と野菜のエスニック風焼きひたし」がオススメ。
食材を一つのフライパンで焼いて、みりんとナンプラー、レモン果汁を混ぜ合わせ漬けダレに入れるだけ、という簡単レシピです。
シャケはムニエル状になっているので、漬けダレがしっかり絡みます。
熱々に焼いた食材を漬けダレに入れるとふわっと香りが立って、エスニック好きにはたまりません。
ナンプラーが苦手な人は醤油で代用できますから、漬けダレを2種類用意しておくといいかもしれませんね。

どちらかというとメインディッシュで調理することが多いシャケですが、その色合いと旨みを利用すると豪華な副菜が一品増えます。
食卓も賑やかに、野菜も多く摂れて一石二鳥。
野菜を多く摂らせたい、お弁当のおかずにも活用できますね。ぜひ、お試しください!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部