ソーセージを使った簡単副菜レシピ5選

どんな食材とも相性が良く、手軽に手に入る便利食材の「ソーセージ」。 とても使いやすい食材なので、冷蔵庫にストックしている人も多いのではないでしょうか。今回はソーセージを使った、簡単に作れる副菜レシピをご紹介します。

酸味が夏にぴったり!「野菜とウィンナーの酢漬け」

一風変わった、野菜とウインナーの酢漬けレシピ。さっぱり食べられて、とてもおいしいですよ。
にんじん・きゅうりをスティック状に切り、沸騰した湯に、ウインナーを入れて茹でます。
さらににんじんを入れて茹で、水気をしっかりと切っておきます。
鍋に酢・塩・砂糖・水・はちみつ・ローリエを入れて中火にし、一煮立ちしたら火からおろします。耐熱容器にきゅうり・茹でたウインナー・にんじんを入れ、作ったピクルスソースを熱いうちに注いで粗熱をとりましょう。
あとは冷蔵庫で冷やせば完成です。漬けるだけの簡単調理で、作り置きにもぴったりです。

ウインナーとポテト「ウインナーとポテトハニーマスタード和え」

甘じょっぱい味付けが食欲をそそる、レンジで簡単調理の一品。
すぐに作れるので、忙しい人にもぴったりのレシピです。じゃがいも・玉ねぎ・ウインナーを食べやすい大きさに切ったら、耐熱容器にじゃがいも・玉ねぎ・少量の水を入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱します。じゃがいもに火が通ったら、容器の底の水を捨てます。
ウインナーを加えてラップをかけ、さらに加熱しましょう。ラップをかけないと、じゃがいもが乾燥してしまうので、注意してくださいね。
醤油・はちみつ・粒マスタードであえれば完成です。ハニーマスタードソースは、他の料理でも活躍しそう。ぜひ活用してみてくださいね。

パリパリ!手のひらサイズの「餃子の皮ピザ」

おつまみにも、おやつにも、おもてなしにも。どんなシーンでも活躍する、餃子の皮を使ったピザレシピ。
調理も具材を切ってのせて焼くだけで、簡単に作れるので、あと一品欲しい時にもぴったりです。
ピーマン・ミニトマト・玉ねぎ・ウインナーを切り、餃子の皮にケチャップを塗り、切った具材を乗せます。上に粉チーズをふり、フライパンに入れて蓋をしましょう。
中火で焼けばできあがり。具材を事前に加熱しておくと、更に調理時間の短縮も可能です。
好みで、仕上げにも粉チーズをかけてくださいね。

スパイシーで深みのある味わい「カレーソーセージきんぴら」

いつものきんぴらとは少し違った、スパイシーなきんぴらのご紹介。カレーの香りが食欲をそそります。
ごぼうは良く洗って包丁の背で皮をこそげ取り、にんじんは皮を剥き、ゴボウとともに棒状に切ります。
ソーセージは縦半分に切り、斜め薄切りにしましょう。フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で加熱し、ごぼうとにんじんを入れて炒めます。カレー粉小さじ1をふって中火で炒め、料理酒・砂糖・醤油・水・ソーセージを加え中火で煮ましょう。
煮立ったら蓋をして弱火にし、蒸し煮をし、蓋をとって汁気をとばすように混ぜます。
器に盛り、残りのカレー粉をかければ完成です。おつまみにもぴったり。

コロンとかわいい卵焼き風「茶巾卵」

見た目もかわいい、副菜にもぴったりの一品。
材料は、ねぎ・ウインナー・卵があれば作れる、お手軽簡単レシピ。ウインナーを粗みじん切りにし、ねぎは小口切りにします。
耐熱ボウルに卵を入れて混ぜ、ウインナー・ねぎ・醤油・塩・砂糖を加えて混ぜましょう。
ふんわりとラップをかけて、電子レンジで加熱します。一度レンジから取り出し、全体を混ぜましょう。再びふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱します。
小さい器にラップを敷き、加熱した卵を入れ、ラップをぎゅっとしばり、輪ゴムで止めます。
15分ほど置いて粗熱をとり、ラップを外してできあがり。卵が温かいうちに、茶巾にすることがポイント。
冷めてしまうと固まらないので注意してくださいね。

作り置きもできるレシピから、おもてなしでも活躍するレシピまで、ソーセージを使った副菜にぴったりのレシピをご紹介しました。
今回ご紹介したレシピで、ソーセージのアレンジを楽しんでくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部