ぷりぷりのほたてを使った、節約人気レシピ5選

節約レシピでも一つメインになる食材を使えば豪華に見えます。 ほたては見映えが良く、華やかに見せられるので節約レシピとは気づかれません。 今回はほたてを使った人気の節約レシピを紹介します。

贅沢☆ホタテの炊き込みご飯「香ばしマヨ醤油風味」

お客様のおもてなしのとき、白いごはんだと少し物足りない…と思うとき、具沢山で風味豊かな炊き込みご飯にすると、一気に食卓が華やかになりますよ。
ホタテはあらかじめ合わせ調味料に30分ほど漬け込み、お米も洗ってから30分浸水させておきましょう。
水からあげたお米に、ホタテを調味料ごと投入し、2合線まで水を加えて軽く混ぜ合わせます。
そこに、千切りにしたにんじんと細切りにしたしいたけを加えて炊飯スイッチON。
炊きあがったらマヨネーズを入れてさっくりと混ぜ合わせ、10分蒸らしたら完成です。

おつまみに最高!簡単副菜「ホタテの和エスニックソテー」

お酒のおつまみはどうしてもマンネリ化しがちですが、おうちにナンプラーがある方、お店で刺身用ホタテを見つけたらぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。
ボウルにめんつゆ・ナンプラー・にんにく・しょうが・ラー油を入れて混ぜ合わせておきます。
ホタテは刺身用なら生で食べれますので、オリーブオイルを熱したフライパンでさっと焼き色を付けて、お皿に盛っておきます。
混ぜ合わせたソースの材料は小鍋に入れて沸騰させ、ホタテにかけて、最後にカイワレを添えれば、オシャレなおつまみがあっという間に出来上がりです。

旨味たっぷり!心もからだもぽかぽか「ホタテのポタージュ」

さむい冬の朝食や夜食には、ホタテ缶で作れるとろとろのポタージュがおススメです。
じゃがいもと玉ねぎは皮をむいてすりおろしておきます。
ホタテ缶は汁と身にわけて、身の部分はバターを熱したフライパンで軽く炒めて水分を飛ばします。
鍋に刻んだ長葱、玉ねぎ、ホタテ缶の汁、バター、水、鶏がらスープの素、塩を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火で10分コトコトと煮ましょう。
さらにじゃがいもと牛乳を加えて、沸騰するまえに火を止めて味を整えて完成です。
離乳食に使うときは、塩分と胡椒を調節してくださいね♪

ホタテとたらこの風味たっぷり本格派パスタ

こちらのレシピでは、パスタはゆでた後で火を通しますので、茹で時間は短く(約4分)しておくことがコツです。
フライパンにバターを熱し、刺身用ホタテとワインで酒蒸し風にして軽く火が通ったら一旦火からおろします。
空いたフライパンにオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れて香りを出し、きのこを炒めたら、ホタテを戻し、パスタのゆで汁大1を加えてのばし、ゆであがったパスタも加えます。
最後にたらこも加えて中火で1分混ぜ合わせ、お皿に盛り付けたら、バターと椎茸の濃厚な香りも加わった本格派パスタの完成です。

大人気パクチーとコラボ☆「ホタテのアジアン風味サラダ」

簡単なのに美味しい!あっという間に作れるデパ地下風サラダのご紹介です。
ホタテ缶は汁と身に分けて、身は手でほぐしておき、豆苗とパクチーは2~3cmに、トマトは一口大に切っておきます。
ここまで終わったらあとはサラダボウルで混ぜるだけ。
ドレッシングは醤油とレモン汁を合わせ、あとはお好みに合わせてホタテ缶の汁を加えてくださいね。
ホタテの旨味とパクチーの香りがコラボした、オシャレで美味しくてヘルシーなサラダの出来上がりです!

ほたてを使った人気の節約レシピはいかがでしたか。どれも節約メニューとは思えないので、おもてなしにも使えますよ。ほたてが安く手に入ったらぜひ作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部