おつまみならベーコンにお任せ!簡単レシピ5選

旨味、塩味、脂と三拍子そろったおつまみ向きの食材ベーコン。 単品でカリッと焼いても簡単でおいしいですが、ジャーマンポテトやアスパラ巻きなどほかの素材との組み合わせることで、さらに実力を発揮します。 そんなベーコンを使ったおつまみレシピをご紹介します。

にんにく醤油が食欲をそそる「水菜とベーコンのにんにく醤油炒め」

まずはシャキシャキとした水菜の食感が心地よい、炒め物をご紹介します。あっさりとした味の水菜が、ガッツリおつまみに変身しますよ!
フライパンでにんにくを熱し、ベーコンを入れてカリカリになるまで炒めます。水菜を加えてしんなりするまで炒めたら、醤油と塩胡椒で味付けすれば完成です。
ベーコンの脂とにんにくの香りをまとった水菜は、無限にでも食べられそうなやみつきになる味。
美味しく作るポイントは、ベーコンをしっかり炒めることと、食感良く仕上げるために水菜を入れて炒めたら、手早く味付けすることです。

お手軽フィンガーフード「ズッキーニとベーコンの巻き巻き焼き」

おもてなしにオススメのおつまみレシピがこちら。簡単に作れる上、手でつまんで食べられるので、ゲストの多いホームパーティーにもピッタリです。
食べやすいサイズに切ったズッキーニを、ベーコンで巻いて爪楊枝で止めます。オリーブオイルで焼いたらお皿に盛って塩胡椒をふれば出来上がりです。
塩胡椒のみのシンプルな味付けですが、ベーコンの脂と旨味がズッキーニにしみ込んで味わい深い仕上がりに。
大人数のおもてなしなら、ズッキーニだけでなくパプリカやアスパラガスなども巻いて作れば、彩りが増して華やかになりますよ。

ベーコンを使って洋風に☆「ごぼうとベーコンのきんぴら」

和食の定番メニューきんぴらごぼうも、ベーコンを使えば簡単に洋風に仕上がります。
まずごぼうは皮を除き、ささがきではなくピーラーで帯状にスライスします。水にさらした後、水けを取ってからごま油でベーコンとともに炒めます。醤油とみりんで味付けし、汁けがなくなるまで煮詰めたら、ごまをふって完成です。
味付けは、いつもと同じ醤油とみりんなのに、ベーコンの旨味がごぼうにしみ込みコクうまに。
ごぼうなのに、平打ちパスタのような見た目なので、お皿にくるっと円を描くようにしながら中央を高く盛りつけると、雰囲気が出ますよ。

ベーコンでうま味アップしたミートローフ「簡単ミートローフ」

こちらのミートローフ、なんと焼き型もオーブンもなしで簡単に作れます!
挽肉やパン粉などの材料を粘りが出るまで練り混ぜたら、20cmほどにまとめてラップでくるみ、形を整えます。
電子レンジで加熱し、一度取り出して上下を返したら付け合わせのブロッコリーを入れてさらに加熱します。
粗熱が取れたら食べやすく切って、ブロッコリーとともに盛りつければ、おつまみにもメイン料理にもピッタリのミートローフの完成です。ケチャップとマスタードをまぜたソースでお召し上がりください。
味の決め手は刻んで混ぜ入れたベーコン。挽き肉だけよりぐっとうまみがアップします。

おつまみに最適ベイクドポテト「ブロックベーコンとアコーディオンベイクドポテト」

最後に、じゃがいもとベーコンのゴールデンコンビで作る、簡単おつまみメニューをご紹介します。
じゃがいもは良く洗い、切り落とさないよう気を付けながら切り目を入れて、電子レンジで加熱します。
じゃがいもの切り目に厚切りのベーコンをはさみ、塩胡椒をふってバターをのせたら、オーブンに入れて焼き上がるのを待ちましょう。
ホクホクじゃがいもにしみ込むバターとベーコンのうまみ。反則級のおいしさに思わずお酒もすすみます。
おしゃれな見た目で写真映えもgood!
おうち女子会のメニューに加えれば、きっと盛り上がりますよ。

ベーコンを使ったおつまみレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。
何と合わせても旨みたっぷりおいしくしちゃうベーコンを使えば、簡単にお酒がすすむおつまみを作れちゃいますね。
ご紹介したレシピをご参考にしていただけたらうれしいです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部