簡単!お酒がすすむ、にんじんのおつまみレシピ5選

色鮮やかでほのかな甘みがあり、料理に取り入れやすい緑黄色野菜の「にんじん」。 栄養もあるので積極的に摂りたい野菜のひとつですね。そんなにんじんを使った、お酒やごはんのお供にぴったりのレシピをご紹介します。 にんじんがアクセントになった美味しいレシピや、にんじんが主役のレシピなど、おススメの簡単レシピをピックアップしました。

にんじんの歯ごたえをいかして「にんじんと鶏肉の塩きんぴら」


ごま油の香りが食欲をそそる、にんじんと鶏肉が絶妙な塩きんぴらのレシピです。
時間をかけずにあと一品作りたい、そんなときにもおすすめですよ。にんじんは細めの乱切り、鶏肉は半分に切ってそぎ切りにします。にんじんも鶏肉も出来るだけ同じサイズに切り、均一に火が通るようにしましょう。
フライパンで鶏肉、にんじんの順にいためていき、調味料を加えたらにんじんに少し焼き目がつくくらいまで炒めます。最後に黒ごまを散らすと、見た目も味にも良いアクセントに。
にんじんの歯ごたえが程よく残り、箸が進む一品です。
お酒のおつまみにもおすすめですよ。

ご飯のお供に!「韓国風本格ナムル」

あっという間に出来る、にんじんの韓国風ナムルを作ってみませんか。ごま油とねぎの香りが良い一品です。
にんじんは千切りにして、電子レンジで加熱します。火を使わないのでお手軽に出来ますね。味付けは塩胡椒とシンプルで、にんじんの旨みが引き立って絶品ですよ。
お酒のおつまみとしても、韓国風の肉料理の副菜などにも良いかも知れませんね。
さっぱりなのに後引くうまさで、やみつきになりそうなナムルのレシピです。
是非お試しください。

スパイシーな風味でおつまみにも「なすとにんじんのカレー漬け」

カレー味の変わりダネ漬け物!にんじんとなすがさっぱりと食べられるひと皿をご紹介します。
暑い日のビールのお供にもぴったりですよ。
にんじんとなすは、味が染み込みやすいように薄切りにして、にんにく、赤唐辛子、カレー粉、塩を水に合わせたものに入れて30分ほど漬ければ完成です。
つけている際に途中1、2回混ぜてくださいね。
赤唐辛子とにんにくが風味良く、スパイシーなカレー粉との相性が絶妙ですよ。にんじんとなす、それぞれの食感も生きていて、カレー味が食欲をそそります。
あっという間に食べてしまいそうな漬け物です。

米粉を使った絶品韓国風お好み焼き「にらとにんじんのチヂミ」

モチモチ食感がおいしい!絶品チヂミレシピのご紹介です。
生地に米粉を使うことでさらにモチモチに。
野菜も一緒に摂ることが出来るので、栄養バランスも良さそうですね。切ってまぜて焼くだけなので、とても簡単です!
切ったにんじんとにらに、薄力粉と上新粉をふるったら、砂糖と塩をまぜてさっくりと混ぜます。
そこに、溶き卵を加えてさらにさっくりとまぜ、ごま油を熱したフライパンで焼けば完成です。
食べやすい大きさにカットして、お好みのタレをつけて召し上がれ。
にんじんの甘みとにらの風味が引き立って美味しそうです。

あと一品に大助かりな副菜「にんじんのガーリックマヨ炒め」

ガーリック&マヨネーズの風味が食欲をそそる、にんじんの副菜レシピです。
しんなりするまでにんじんを炒めるので食べやすく、このひと皿でにんじんを一本分食べることが出来ます。
ニンニク、鷹の爪をマヨネーズで熱したら、良い香りがたってとっても美味しそう!ニンニクがきつね色に変わったら、スライスしたにんじんを加えてしんなりするまで炒めていきます。
最後に醤油を回し入れ、コショウを振ったら出来上がりです。
鷹の爪の代わりに七味を使用しても美味しく仕上がりますよ。

おつまみにおすすめなにんじんの簡単レシピ、いかがでしたでしょうか。
火を使わずに作るお手軽なものから、お肉を使用しご飯にも合うおかずになるものまで、バリエーション豊富なレシピをご紹介しました。
どれも短時間で作ることができるので、是非お試しくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部