味の決め手はミョウガ! ミョウガが香るレシピ5選

特有の香りと爽やかな辛みをもつミョウガ。 薬味や甘酢漬けとして夏場になると食卓に上がる機会が増えますね。 ミョウガを使うと風味がガラッと変わり、味わいがワンランクアップ!ミョウガが味の決め手となるレシピを5つご紹介しますので、ぜひお試しください。

夏野菜たっぷり山形の郷土料理「山形のだしかけ冷奴」

近年、全国的な人気となった山形の郷土料理「だし」。
夏になるとスーパーの豆腐コーナーで見かけることも多いのではないでしょうか。シャキシャキとした野菜の食感と昆布のうまみで、冷奴が格段においしくなります。
昆布と野菜はすべて5mm角に切って、野菜に塩をふってもみ、水けを切ったら昆布を和えます。
好みで醤油を混ぜれば完成です。お豆腐にたっぷりかけてお召し上がりください。
味の決め手はミョウガ、大葉、葱の香味野菜のトリプル使い!豊かな香りで食欲をそそります。
冷奴だけでなく、ご飯や納豆、トマトなど、何にかけてもおいしいので、夏の定番レシピにいかがですか。

夏にぴったり!「トマトスパゲティ」

夏のさっぱりメニューならこちらもおすすめ。トマトの酸味とミョウガの香りが爽やかな、冷製スパゲティです。
角切りにしたトマトと輪切りのオクラを、醤油、砂糖、ごま油で和えたら、ゆでて冷やしたスパゲティにのせます。上には決め手のミョウガと大葉をオン!
夏の香りの一皿が完成です。
レシピではオクラは切ってから電子レンジで加熱していますが、面倒ならスパゲティと一緒にゆでてもOKです。
茹であがったら取り出して冷水で冷やし、輪切りにしてください。
サラダ感覚でさっぱり食べられるので、暑くて食欲が湧かない夏のお昼にいかがですか。

大見出おかずやおつまみに大活躍「ミョウガと牛肉のピリ辛サラダ」

さっぱりメニューが続いたので、この辺でスタミナレシピをご紹介しましょう。おかずやおつまみにもなるの牛肉を使ったサラダです。
フライパンで牛肉を炒めたら、醤油と砂糖、さらに豆板醤とレモン汁を加熱しながらしっかりからめます。
火を止めて、ミョウガときゅうり、万能ねぎと和えたら完成です。
上手に作る決め手は、ミョウガときゅうりを均一に細く切ること。シャキシャキ食感でおいしさがアップします。
豆板醤の辛みとレモン汁の酸味を、ミョウガの香りがまとめあげてくれるので、シャキシャキ食感と相まっていくらでも食べられそうな一品です。

もうご飯が止まらない!「さんまの蒲焼丼」

蒲焼といえばうなぎですが、うなぎはもはや高根の花。値段も高いので、食卓に登場する機会も少ないですよね。
そこで登場するのがさんまです。こちらのレシピなら代用品感はナシ!むしろさんまが食べたくなる味です。
3枚におろして半分に切ったさんまに、薄力粉をまぶし焼きます。焼き目がついたら甘辛の合わせだれをからめ、ご飯の上にたれとともに盛ります。上には味の決め手ミョウガ、大葉、万能ねぎをたっぷりと。
さっぱり香り良く、見た目も美しく仕上がります。
さんまのうまみと甘辛のたれ、薬味の香りが一緒になれば、それはもうご飯が止まらないおいしさ!途中からだしをかけてだし茶漬けにするのもおすすめです。

じゃがいもの食感とミョウガがアクセント「ポテトサラダサンド」

最後にご紹介するレシピはなんとバターロールサンド。和のイメージが強いミョウガですが、実はマヨネーズと好相性!
ポテトサラダに入れれば香りと食感にアクセントがつき、味の決め手となります。
じゃがいもは角切りにして、にんじんとともにゆでます。つぶさず使って食感良く仕上げます。
きゅうりやハム、マヨネーズなどポテトサラダの材料をすべて混ぜたら、切り込みを入れて軽く焼いたバターロールにはさみます。
見た目を重視するならミニトマトとパセリは混ぜずに、ポテトサラダをはさんだ上にのせるのがおすすめです。

ミョウガはただの薬味じゃなく、いろんな料理で味のアクセントになってくれる素材ですね。
使いこなせばいつものメニューも一味違う料理に仕上がるので、まずはご紹介したレシピをお試しいただけたら嬉しいです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部