切り方次第で食感いろいろ!エリンギの簡単副菜レシピ5選

キノコの中でも軸が太く、ボリューム感を出すのに最適な「エリンギ」。 淡白な味わいと独特の食感が楽しいエリンギは、切り方によって様々な料理にマッチします。 今回は、そんな食材を使った定番メニューや、一風変わったメニューまで簡単に作れる副菜レシピをご紹介します。

旨み染み出る!「エリンギと大葉の梅肉巻き」

まずご紹介するのは「エリンギと大葉の梅肉巻き」。食物繊維が豊富なエリンギは、ダイエットにも良さそうですね。豚バラ肉に大葉を敷き、一口大にカットしたエリンギを乗せて、端から豚肉を巻いていきます。表面に薄力粉をまぶしたら、中火でこんがりと焼きましょう。
甘辛いタレの中に、すりおろした生姜をプラス。さらに梅肉の酸味で疲れも吹き飛びそう。また、味のバリエーションを付けるなら、大根おろしとポン酢で、さっぱりと食べるのもおすすめです。

5分で完成!「エリンギの簡単バター炒め」

パン派、ご飯派にもマッチする味で、忙しい朝でもあっという間に出来てしまう炒めもの。野菜の皮を剥く手間もなく、手早く仕上がるメニューです。エリンギは斜め7mmの薄切りにしたら、風味の引き立つバターやにんにくで味付けを。
最後に、香り豊かなオレガノを加えれば、たった5分で出来上がり!旨味たっぷりのエリンギだからこそ、こんなに簡単に作れるのに、食卓の立派な一品に仕上がります。
お弁当の隙間を埋めるのにも重宝しますよ。

簡単に、作れちゃう!「なめらかチンゲン菜とエビの和え物」

これまでは焼きもの、炒めものを中心にご紹介してきました。
次は水切りした豆腐などを使った、簡単に作れる和え物が登場です。水切りといってもやり方はいたってシンプル!キッチンペーパーとラップを使ってレンジでチンしたら、短時間で簡単に豆腐の水切りができます。
そして、チンゲン菜を茹でた後は、エリンギやむきエビの具材をそれぞれその茹で汁で茹でていくので、手間いらずかつ水の節約にもなりますね。大事なポイントはすべての具材の水気をしっかりと切ること。合わせ調味料の味が薄まることなく、素材それぞの食感を楽しんでいただけます。
暑さで食欲が沸かないといったときに、冷たい和え物などいかがでしょうか。

白ワインやビールにもよく合う「エビとエリンギのアヒージョ」

イタリア料理店やビストロの味をお家で再現できる、お得感満載のレシピです。
ポイントは下処理したエビと同じサイズにエリンギをカットすること。あまり薄くせず、一口大に切ることで、エリンギの持つ独特な食感が引き立ちます。
香りの出る唐辛子や、みじん切りしたにんにくでお酒がグングン進んでしまうかも。
普段はご飯派という方も、スライスしたフランスパンとの相性の良さに舌鼓を打ってしまうはず。ホームパーティーや、急なおもてなしにもぴったりの華やかな一品です。

すっぱ辛いタイの代表的スープ「トムヤムクン」


鶏ガラスープとナンプラー、レモンで味付けした、やみつきになりそうな味のごちそうスープです。エリンギや玉ねぎ、ミニトマトなど沢山の野菜をまとめて摂れることも魅力的なこのメニュー。香味野菜は代謝を良くする効果も期待できそうです。エビやトマトの赤みと野菜の彩りで食卓が豪華になりますよ。洋風メニューのイメージが強いエリンギは、エスニックにも相性抜群です。少しボリュームが欲しいなと思った方は、春雨やフォーなどの乾麺を足してみるのもおすすめです。鍋いっぱいに作っても、冷蔵庫で保存OK。冷製スープのようにして食べるもよし、スープジャーに入れてお弁当として持参してもよし。シーンを選ばずに召し上がっていただけるはずです。

今回は、エリンギを使ったレシピをご紹介しました。味付け次第で、メインのおかずにもなるエリンギは美味しいだけでなく、家計にも優しいのが嬉しいですよね。
保存方法も簡単なので、いろいろなメニューにチャレンジしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり