暑い日のランチにぴったり!涼やか麺類レシピ5選

暑い日に食べたくなるのが、キーンと冷えた麺類。つるっとしたのどごしの、涼やかな麺を食べれば気分もシャキッと引き締まります。 今回は食欲が減退しがちなときでも、さっぱり食べられる麺類の人気レシピを集めました。 具たくさんで食べ応えがあるから、ワンプレートでランチの支度はOK。洗い物が少なくいところもまた嬉しいですね。夏の間何度でもリピートしたくなる絶品レシピをどうぞ!

するっとのどごしで夏にぴったり 「なすとにらの納豆そうめん」

まずご紹介したいのは、夏の定番そうめんをアレンジしたレシピ。
スタミナ野菜のニラとねばねば納豆を組み合わせてパンチの利いた味に仕上げます。
納豆がそうめんにからんで、のどごしがぐっと良くなるのがポイント。
さらにごま油の香りと酸っぱい梅干しがアクセントになり、食欲をそそるので、夏バテ中でもつるりと美味しくいただけます。
暑い夏のランチにぴったりです。

甘辛すっぱいが癖になる「油そば風そうめん」

普通にそうめんを食べるのに飽きてきたら、油そば風アレンジはいかがですか。甘くて辛くて酸っぱいタレが癖になる、大人も子供も喜ぶレシピです。
そうめんは流水でもみ洗いした後、氷水でキリっと締めることで、コシが出て美味しくなります。
今回はしゃぶしゃぶ肉をトッピングに使っていますが、チャーシューに替えてもOK。
海苔はたっぷり使ったほうがより油そばらしい雰囲気が出てGOODです。
辛い物が好きな方は、豆板醤を足してピリ辛麺にしてどうぞ。三つ葉やかいわれを加えても美味しいですよ。

豆腐でたらこクリームソースが作れる!「たらこの冷製クリームパスタ」

次にご紹介するのは、豆腐を使ったヘルシーなたらこクリームソースの冷製パスタ。
白だし、レモン、オリーブオイルの和洋折衷な組み合わせが豆腐と相まって絶妙なハーモニーを生み出します。生クリームを使ったものよりもさっぱりとしているのも特徴です。
電動ミキサーがない場合は、豆腐を濾してなめらかになるまで泡だて器で混ぜ、白だしなどの材料を加えて、なめらかになったらたらこを加えてください。たらこクリームソースをなめらかに仕上げることで、パスタによくからんで美味しくなります。

さっぱり美味しい「ナスの冷やし和風うどん」

冷凍うどんは冷凍庫に常備しておくと、とても便利な食材です。
次に紹介するのは、そんな冷凍うどんを使った冷やしうどん。電子レンジでチンするだけでゆでられるので、食事の支度が簡単にすむのも魅力です。
油と相性が良いなすは炒めることでよりジューシーに。さらに皮目に切り込みを入れる一手間で味が染みこみやすくなります。
酢が効いてさっぱりしたタレに、白ごまや青じそ、しょうがの薬味でアクセントを加えて召し上がれ!

たっぷり野菜のサラダ仕立て「蒸し鶏とレタスの冷やし中華」

最後にご紹介するのは、いつもの王道の冷やし中華に少し飽きたときに登場させたい、アレンジ冷やし中華。
野菜もたっぷりとれるサラダ仕立ての冷やし中華です。
良質なたんぱく質がとれるささみは、夏バテ気味なときにもぜひ取り入れたい食材。
火が通りすぎるとパサついてしまうので、様子を見ながら電子レンジで加熱してください。
ささみは細く裂き、にんじんやレタスは細切りにすることで、麺ともからみやすくなります。
お子さまが食べるときには、ねぎは別添えで出してもよいでしょう。

夏休みのお子さまのランチ作りは毎日のことなので、なるべく手軽で、喜びそうなメニューを作りたいものです。
今回紹介した冷製麺は、具だくさんで食べ応えがあり、ワンプレートで満足してもらえるレシピばかりです。
定番のそうめん、冷やし中華に加えて、少しアレンジした麺料理を出せば食卓が華やぎます。
トッピングを変えれば、麺レシピの可能性は無限大!
しっかり食べて夏バテ知らずの体を手に入れましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部