アレンジで一年中食べたくなる!そうめん活用レシピ5選

暑くなると食べたくなるのがそうめん。ひんやり冷たく、つるりとしたのど越しで、食欲がなくても食べられます。 ですが、夏の間に食べきれず、余ってしまうなんてこともありますよね。そのような時こそアレンジレシピで活用してみましょう!

暑い夏にさっぱりとポン酢が決め手「フレッシュトマトとツナのそうめん」

まずご紹介するのは、夏におすすめのさっぱりアレンジレシピです。
食べやすいサイズに切ったトマトを、ポン酢、ごま油と合わせ、細切りにした大葉、ツナ、ゆでたそうめん、粗びき胡椒と混ぜ合わせます。
器に盛って、いりごまと刻みのりをのせれば完成です。
トマトとポン酢の酸味が爽やかで、ツナのうまみとごま油と香りが食欲をそそり、サラダ感覚でさっぱりと食べられます。
そうめんをゆでたら、あとは野菜を切って調味料と和えるだけととても簡単!
夏バテで料理するのが面倒なんて時でもラクラク作れてしまうので、ぜひご活用ください!

えびとしゃきしゃき野菜の「そうめんチャンプルー」

主食はそうめんと決めたものの、おかずは何にしようかと迷うことはありませんか。
そういう時は思い切って、沖縄料理そうめんチャンプルーはいかがでしょう。
野菜と一緒に炒めるので、これ1品で満足できます!
そうめんをゆでたらすばやく流水でもみ洗い、しっかり水けを切ってサラダ油をからめます。
これが炒めても伸びづらくなるコツです。海老やにんじん、ニラなどと炒め、醤油で味付けし、器に盛って粗びき胡椒をふれば出来上がりです。
暑くて買い物に行きたくない時は、ちくわやキャベツなど冷蔵庫にあるものを活用して、アレンジするのもおすすめです。

大見出やさしい味わいで体も温まる「きのこたっぷりにゅうめん」

夏の間に食べきれなかったそうめんは、にゅうめんとして活用するのがおすすめです。
温かい汁と優しい味付けで、体も心もほっこりします。
ゆでたそうめんは冷水にさらしてぬめりを取り、ざるに上げておきます。
薄めた麺つゆできのことねぎを煮たら、ゆでたそうめんとともに器に盛り、三つ葉を乗せれば完成です。
熱々を食べたいときは、ゆでて冷水にさらした麺を再度熱湯にくぐらせて温めましょう。
片栗粉でとろみをつけたり、生姜を加えてアレンジすると、さらにぽかぽかメニューに。冬場はもちろん、冷房で冷えた体も温めてくれます。

余ったそうめん救済!「梅肉が美味しいそうめんいなり寿司」

もっと大胆なアレンジがお好みなら、こちらのレシピはいかがでしょう。お米の代わりにそうめんで、いなり寿司が作れますよ。
そうめんはゆでたら冷水で冷やしてぬめりを取ります。氷水を使えば、さらに食感良く仕上がります。
ざるに上げて水けを切ったら、刻んだガリ、梅肉、麺つゆと一緒に良く混ぜます。
お稲荷さんの皮に詰めたら、ねぎとごまをふって完成です。
お稲荷さんの甘じょっぱい味は、子供も大人も喜ぶ味。取り分けやすいので、おもてなしにもピッタリのそうめん活用メニューです。

意外!素麺&食パンでカリパリ食感が◎「鶏ミンチの変わり衣揚げ」

最後にそうめんの意外な活用方法をご紹介。ゆでずに揚げ物の衣として使うアレンジメニューです。
鶏肉、玉ねぎ、はんぺんに塩胡椒と片栗粉を加えて練ったタネに、小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせたら、砕いたそうめんをまぶします。
揚げ油に入れてきつね色になるまで揚げたら出来上がりです。
はんぺんもそうめんも塩分があるので、何もつけなくてもおいしくいただけます。
いがぐりみたいなビジュアルと、衣はパリパリ中はふんわり。見た目も、食感のコントラストも楽しい一品。そうめんだけでなく、衣にパンの耳を使ったものも作ればさらに楽しいですよ。

そうめんを使ったアレンジレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。
冷たくても、温かくても、炒めてもおいしいそうめん。いなり寿司や揚げ衣にまで使えると活用の幅が広がりますね。
ご紹介したレシピをお試しいただければ幸いです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部