夏に食べたい♪さっぱりどんぶりレシピ|簡単で人気の丼もの料理5選

一つの器の中にご飯、そして食材が乗せられて一つになる料理、それがどんぶり。洗い物が少なかったり手間が省けたりと、お家で作るときは何かと助かる場面も多いのではないでしょうか。 今回はそんなどんぶりの中でも、さっぱりといただけるレシピを5つチョイスしました。 暑い日や食欲がない日でもあっさり、しっかり食べられるので、是非チェックしてみてくださいね。

エスニックに味わう!「豚肉のパクチー丼」

パクチーの爽やかな香りが特徴のどんぶり。実は豚ひき肉を炒める際にもポイントがあります。
ニンニクを炒めてサラダ油に香りを移したら豚挽き肉を炒めるのですが、ここでナンプラー、レモン汁などの調味料を加えます。
こうすることでパクチーと相性の良い風味を豚挽き肉に加えることができます。ピリッと辛い豆板醤のスパイシーさがよりエスニックな印象に。
最後はパクチー加えてさっと炒めましょう。豚ひき肉のジューシーな香りとパクチーのさっぱりとした香りがたまりません。
ご飯の上に盛り付けたら、最後に卵黄を乗せてどうぞ。

あっさりだけど栄養満点「アボカドと豚肉の照り焼き丼」

ここで使う豚肉は一旦茹でます。こうすることでボリュームはあるのに、さっぱりと食べられるどんぶりになりますよ。
さらにその茹で汁で、もやしも茹でましょう。
シャキシャキという食感がたまりません。アボカドは皮をむいて一口大にカット。
そこに刻み海苔、マヨネーズを加え、混ぜ合わせた調味料のたれをかけたら出来上がりです。
照り焼きの風味なのに、茹でた豚肉を使っているのであっさり。
半熟卵を乗せると、見た目も鮮やかで美味しそうですよね。

ねばねばが元気の素「マグロと納豆のネバネバ野菜丼」

ねばねば食材が好きな方にはたまらない、ヘルシーで野菜も食べられるどんぶりのご紹介です。
オクラと白だしを加えたすりおろしの長いも、さらに納豆を加えることで、ねばねばレベルがアップ。
さらにここへキムチも加えます。野菜や発酵食品のおかげで、元気が沸いてきそうですよね。
醤油とごま油のたれは、野菜にも一口大にカットしたマグロにも相性ピッタリ。
卵黄を加えて混ぜ合わせて、ガッツリいただいて下さい。
食べ応えがあるのに、さっぱりと食べられるのが嬉しいポイント。

レモンの風味でさっぱりといただく「葱塩豚カルビ丼」

脂の乗った豚バラ肉もあっさり風味に変身。レモン汁を加えた鶏ガラスープで炒めれば、さっぱりといただけます。
さらにみじん切りにした長ネギを加えながら炒めます。そうすることで、豚の脂の香りがネギの香りと合わさって食欲を刺激しますよ。
最後に加える黒胡椒も、豚肉を引き立てる良いアクセントに。しっかり食べられるのにしつこくならない「葱塩豚カルビ丼」、これをレパートリーにぜひ。
あまりの美味しさにヘビーローテーションしてしまうかも。

大見出水菜のシャキシャキ感がポイント「豚と水菜のさっぱり味噌焼き丼」

味噌、みりん、料理酒、すりおろしたニンニクで作るたれが絶品。
この味噌ベースのたれで豚肉を炒めることで、どんぶりにした時にご飯によく馴染みますよ。小口切りにした赤唐辛子も、ピリッと辛いアクセントになっています。
水菜は最後に加えて軽く火を通す程度にしておきましょう。
水菜のシャキシャキ感があることで、楽しい食感が生まれます。
味噌焼きで味がしっかりしているのにさっぱりといただけるので、献立の常連として活躍してくれるメニューになるかも。

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したレシピは、野菜も摂れるさっぱりしたものばかりになっています。
これらのどんぶりレシピで、バランスの良い食生活を心がけてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部