【きゃべつのさっぱりレシピ】夏に食べたい!簡単人気料理5選

サラダとして、そのまま切っていただく機会も多いキャベツ。 今日はそんなキャベツにひと手間加えて、さっぱりと美味しく食べられるレシピを集めてみました。

酸味と食感がいい感じ!「キャベツと鶏ささみのしば漬け和え」

しば漬けといえば、ご飯のお供のイメージしかない人も多いかもしれませんが、思わぬ活用法があります。
実は、刻んでシャキシャキとしたキャベツやささみと和えると、しば漬けの酸味と食感がとてもいいアクセントに。
紫色の鮮やかな色味が彩りのポイントになってくれるのも嬉しいですよね。
こちらのレシピでは、味付けに使う調味料がめんつゆとごま油という、どこの家庭でもあるものだけで作れるということも助かります。
しば漬けをお漬物としてそのまま食べる以外にも、さっぱりと食べられる、「キャベツと鶏ささみのしば漬け和え」を試してみてはいかがでしょうか。

ごまの風味が香ばしいシャキシャキサラダ「きゃべつのコールスローサラダ」

香ばしいごまを使ったコールスローはいかがでしょうか。
キャベツのシャキシャキとした食感に、にんじんの少し硬い食感が面白いレシピです。
砂糖のおかげでマヨネーズの酸味が気にならないので、さっぱりとした仕上がりになり、大変食べやすいです。
サンドイッチの具にしたり、カレー粉を加えて味をチェンジするのも良さそうですよね。
水気をしっかりと切れば、お弁当の中にいれて持っていけそうなシャキシャキコールスローサラダです。

大見出彩りが美しいかさましレシピ「キャベツ巻き」

切り口が美しく、まるで恵方巻きのような一品。
にんじん、大根、豚肉を使っているので、とてもさっぱりしていてヘルシーですよね。
ロールキャベツのように、全ての具材をキャベツでクルクルと巻いたあとは、出汁が十分に染み込むまでコトコト煮込みます。
通常昆布といえば出汁側に入れるイメージがありますが、こちらのレシピではキャベツの中に一緒に入れることによって、昆布から出る旨味がダイレクトに野菜に浸みこんでとても美味しい仕上がりに。
切り口からチラッと昆布が垣間見えるので見栄えもGOOD。

すりごまのコクで風味アップ「ゆで鶏とキャベツのごま酢だれ」

キャベツを丸ごと1個買ってきて、沢山食べたい時にはこちらのレシピがオススメ。
塩で下味を付けたキャベツに、氷水で冷たく冷やした鶏肉がさっぱりしていてとても食べやすいです。
甘いコーンが入っていて子供にも喜ばれそうですよね。ごま酢のタレがコクと風味をアップさせてれて、しんなりしたキャベツにもよく合います。
鶏肉はむね肉を使っているため、ヘルシーなのでダイエット中の女性にもおススメの一品です。

大見出青じその香りがさわやか「キャベツの肉みそあえ」

コクのある肉味噌はとても美味しいですよね。特にキャベツと和えると格別です。
こちらのレシピでは、肉味噌をレンジでチンして作るのでとてもお手軽で、洗い物も少なくて済みます。
更に、作った肉味噌に和えるキャベツは、大胆に手でちぎって入れているのも、包丁とまな板を使わなくて良いので嬉しいですね。青じその風味もさわやかで、コクのある肉味噌を楽しんだ後は、口の中をさっぱりとさせてくれます。
調理時間も10分と短く、すぐに作れるのもGOOD。
野菜をしっかり摂りつつも豚肉も入っているので、旦那さまも、お子さまも喜んでくれるレシピとなりそうです。

いかがでしたか。シャキシャキとしたキャベツの食感を生かしたレシピから、しんなりさせて料亭で出てきそうな彩りが美しいキャベツ巻きまで。
さっぱりとしていて食べやすいので、シーンを選ばず一年中活躍してくれそうです。是非お試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部