【挽き肉の甘辛料理レシピ】ご飯がどんどん進む♪簡単人気おかず5選

火が通りやすいので炒めものに便利。こねてまとめればつくねに変身。 何かと使い勝手のいい「挽き肉」のレパートリーがあると、献立を考えるのもはかどりますよね。 そんな挽き肉を使ったレシピの中から、大人にも子供にも人気の甘辛味のレシピをご紹介します

甘辛ひき肉とシャキシャキレタス「ひき肉とレタスの中華風スパゲティ」

和風のスパゲティはよく見かけますが、中華風のスパゲティはあまり見かけませんよね。このレシピは、ちょっと珍しい中華風のスパゲティです。
ニンニクと豆板醤で味付けした豚挽き肉を炒めてスパゲティと混ぜ合わせれば、スパゲティが中華風に大変身。
甘辛挽き肉をレタスで包んで食べるのは中華料理の定番メニューですが、このレシピではレタスで包む代わりに、スパゲティにレタスを追加します。
シャキシャキとしたレタスの食感も楽しめる中華風のスパゲティ、ぜひ一度お試しください。

中華風の甘辛味がご飯によく合う「マーボーじゃがいも」

食べ応えのある甘辛料理が作りたいときに、「マーボーじゃがいも」はいかがでしょうか。
麻婆豆腐などでおなじみの中華風の甘辛味を、揚げたじゃがいもで食べ応えアップさせたレシピです。
まず、よく洗ったじゃがいもを皮付きのまま角切りにして、油で揚げておきます。豚挽き肉はニンニク・ショウガ・豆板醤・甜麺醤と炒めましょう。
最後に揚げたじゃがいもを加えて混ぜれば、ボリュームたっぷりのご飯のおかずが出来上がりです。じっくり揚げたじゃがいもと中華風の甘辛味がベストマッチ。ご飯がすすみますね。

大見出肉じゃがのような甘辛味の炒めもの「鶏ひき肉とじゃがいもの甘辛炒め」

家庭料理の定番メニューの肉じゃがを簡単に味わえるこのレシピは、ご飯のおかずにピッタリの一品です。
じゃがいもは棒状に切り、肉は挽き肉を使うので、火の通りが早く、パパッと作りたいときに便利です。
たまねぎと万能ねぎも加えるので野菜もしっかり摂れますね。砂糖と醤油で作る甘辛味は、ご飯との相性バッチリ。
お弁当のおかずもピッタリです。多めに作って夕飯と翌日のお弁当に使うのもオススメです。
ぜひ、日々の料理のレパートリーに加えてみてください。

冷めてもおいしい甘辛炒め「にらとひき肉の甘辛炒め」

冷めてもおいしいレシピは、お弁当のおかずにピッタリですよね。
今回のレシピは、豚挽き肉と玉ねぎとニラを、砂糖と醤油の甘辛味で炒めるので、お手軽でありつつも味わいは絶品。
ふんわり作った柔らかめの炒り卵と混ぜることで、マイルドに仕上がります。
冷めてもおいしいですが、勿論、温かくてもおいしいので、お弁当でも食卓で召し上がっても、どちらもOKです。
甘辛味の挽き肉と卵の組み合わせは、お子さんにも人気ですよね。
挽き肉は、牛と豚の合挽肉でもおいしく召し上がれますので、お好みでお選びください。

甘辛ダレでご飯がすすむ我が家の逸品「豚ひき肉のつくね生姜風味」

お子さんにも人気の甘辛ダレのつくねは、ご飯がすすむメニューです。
つくねの中に茹でた枝豆を混ぜることで、枝豆の食感も楽しめる一品。
生姜も混ぜ込むので、甘辛味でありつつもサッパリと召し上がれます。
枝豆はサッと茹でたら、豆を取り出して粗みじん切りにしておきます。たまねぎと生姜はみじん切りにして、ボウルで豚挽き肉と枝豆と混ぜ合わせましょう。
よくこねたらフライパンでしっかり焼き、タレも加えて煮詰めたら出来上がりです。
器に盛り、白ゴマを振りかけて召し上がってください。

挽き肉を使った甘辛味のレシピ、いかがでしたでしょうか。
甘辛味はご飯との相性もバッチリですから、色々と便利に使えそうですよね。
気になるレシピを見つけて、ぜひ日々の料理にお役立てください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部