一味違うボリューム満点春巻きレシピ5選

中華料理で定番の「春巻き」。メインのおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりの春巻きは、日本でも人気のメニューですよね。今回は、具材を少しアレンジして、一味違ったボリューム満点のレシピをご紹介します。

甘味噌がクセになる異色春巻き「甘味噌牛肉と長芋の春巻き」

シャキシャキの長芋と、甘味噌の相性が抜群の春巻きレシピのご紹介。
牛肉が入っているのでボリューム満点で、甘味噌が味のアクセントになって、ついつい箸が止まらなくなります。
まず、牛肉を切ってフライパンで炒め、一度取り出します。次に味噌ダレを作り、取り出しておいた牛肉と絡めましょう。春巻きの皮に炒めた甘味噌牛肉と長芋をのせ、巻いて揚げればできあがりです。揚げている時、春巻きが重くて沈んでしまう場合は、網じゃくしなどに乗せて取り出すようにしてみてくださいね。
甘味噌牛肉は、他の料理にも使い回しできそうですよ。

片栗粉プラスでもちもち感が出る!「チーズともちもちポテトのスクエア春巻き」

見た目も可愛くて、パリッと揚げた皮ともちもちポテトがたまらない一品。
じゃがいもを使っているので、ボリューム満点で、お腹も大満足。作り方もとても簡単です。
じゃがいもを電子レンジ調理で加熱し、滑らかにしたら、混ぜておいた調味料を加えてマッシュポテトを作ります。
切ったスライスチーズをマッシュポテトで包み、春巻きの皮の上に乗せて包んで揚げるだけ。
マッシュポテトを春巻きの皮で包む時には、水溶き片栗粉を接着部分に塗ると、皮がはがれにくくなりますよ。
ケチャップやパセリをかけても美味しく食べられます。

巻かずに気軽に楽しめる春巻き「巻かずに作れる、のっけ春巻き」

忙しい時に春巻き気分を味わえる、巻かない春巻き。
ボリューム満点、メインのおかずにぴったりの一品です。豚肉・キャベツ・きのこ・たけのこ・にんじん・椎茸・ニラをそれぞれの大きさに切り、大きめの耐熱ボールを用意します。
調味料を加えた豚肉の上に野菜をのせ、ラップをかけて電子レンジで加熱し、一旦取り出し混ぜたら、さらに加熱します。
春巻きの皮は細切りにして揚げ焼きしておきましょう。
あとはお皿に盛り付けるだけ。電子レンジを使った時短調理なのも嬉しいですよね。時間がない時にぜひ活用してくださいね。

手掴みで食べやすい「もち明太春巻き」

パリパリとした食感と、餅とチーズのトロトロ感がたまらない一品。細めに巻いた春巻きは、手掴みでも食べやすいので、パーティーシーンでも活躍しそう。
春巻きの皮・餅・明太子・チーズ・枝豆・ネギを下準備したら、順に春巻きの皮で包みます。具材の量は、春巻きの皮のサイズに合わせて調整してくださいね。
あとは揚げるだけの簡単調理。巻き終わりを水溶き片栗粉でとめると、はがれにくくなります。餅が余ってしまった時などにいかがでしょうか。
明太子のピリ辛感が味のアクセントになって、とても美味しいですよ。

さっぱりマヨネーズソースと食べる「枝豆とベーコンの三角春巻き」

ワンタンの皮を使った、見た目も可愛い春巻きのご紹介。
メインにはもちろんですが、もう一品欲しい時にもオススメのレシピです。
まずは、枝豆を加熱し、ベーコン・チーズをそれぞれの大きさに切り準備します。
枝豆は、剥く前に包丁で切れ目を入れておくと剥きやすいので試してみてくださいね。ワンタンの皮に具材を乗せて巻いたら、水溶き片栗粉で皮を閉じます。
あとはオーブン用シートを敷いた天板に並べ、トースターで焼くだけ。とても簡単に作れますよ。
最後にレモン汁とマヨネーズを混ぜて、好みでつけて召し上がれ。

いつもの春巻きに一手間加えて、一味違った春巻きが簡単に作れる、ボリューム満点のレシピをご紹介しました。好みの具材を加えても美味しく食べられるレシピばかりなので、自分好みでアレンジしてみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり