わさびを隠し味に使った簡単レシピ5選

お刺身を食べるときに、欠かせないのが隣に添えてあるわさび。ツンとくる辛さと、さわやかな風味がたまらないですよね。 普段は「添えもの」としてのイメージが強いわさびですが、料理の隠し味にも使えることをご存じでしょうか。 ここでは、刺身や寿司などの生魚と合わせるのはまた違った、わさびの楽しみ方をご紹介します。

シャキシャキえのきの食感を楽しもう「エノキの豚巻き わさびポン酢ソース」

こってりとしたうま味がある豚の薄切り肉。アスパラ、トマト、キャベツなど、中に何を巻いてもおいしいですよね。
中でもエノキの肉巻きは食感を楽しめるとあって、人気のレシピです。
味付けは塩こしょうやオイスターソースが定番ですが、ここはあっさりとしたポン酢ソースに挑戦してみましょう。
みじん切りにした玉ねぎ、わさび、ポン酢に顆粒だしを加えてうま味をプラス。
ツンとしたわさびの香りがたまりません。焼くときは巻き終わりから焼かないと、お肉がはがれてしまうので注意。
多めに作っておいて、お弁当のおかずにしても便利です。

ほんのりわさびがきいた大人のポテサラ「わさび風味のポテトサラダ」

いつものポテトサラダに飽きてしまった人は、こんなレシピはいかがでしょうか。
具材はじゃがいも、ハム、きゅうり。通常は茹でてつぶしたじゃがいもに具材を入れ、マヨネーズと塩で味付けしたら完成!ですが、ここにわさびを加えることで、グッと大人の味になります。
お子さま用には、途中で大人用と子ども用に分け味をアレンジしてもいいですね。
作ってみると、小さじ2杯も入れたらさすがに辛いんじゃ…と思うかもしれませんが、食べてみると意外とそこまで辛さは感じません。
もっと増やしてもいいなと思う人さえいるかもしれません。
お好みで調節してくださいね。

野菜とマグロのうま味がマッチ♪「ハワイ風ポキ」

わさびと合わせるなら、やっぱり生魚!特にクセが強めなマグロは、わさびをのせると最高ですよね。
そこで、マグロを使ったアレンジレシピ「ポキ」をご紹介しましょう。
ポキとはハワイ語で「魚の切り身」のこと。
新鮮な魚に青ネギ、紫玉ねぎ、きゅうりなどの野菜を加えて、合わせ調味料で味をつけた料理のことです。
日本でいう漬け丼のようなものでしょうか。味付けにはいろいろなパターンがありますが、わさびを入れるならごま油&白ごまがおすすめです。
マグロとタコの味が物足りないという人は、めんつゆにさっと通して下味をつけましょう。

なめこのとろみとまいたけだしのハーモニー「なめことまいたけの豆乳汁」

普段飲んでいるお味噌汁の代わりにおすすめしたいのが、わさび風味のスープ。
なめことまいたけという、食感の違う2種類のきのこを使っています。きのこから出るうま味が、豆乳にたっぷり溶け込んでいますよ。
わさびは温めると風味が飛んでしまうので、最後にのせましょう。
わさび風味のスープと聞くと食べる前は驚くかもしれませんが、ベースに使われている豆乳は豆腐の原料、つまり冷奴にわさびを添えるのと同じ感覚!納得のおいしさですよ。

わさびがきいた大人の味わい「もやしと豚しゃぶのわさびマヨサラダ」

豚しゃぶを主役にした、ボリューム満点のおかずサラダをご紹介します。シャキシャキしたもやしと、日本の代表的な香草の三つ葉はクセになるおいしさです。
三つ葉は、お正月くらいしか買わないという人が多いかもしれませんが、豊かな香りと特有のクセのある味わいは、サラダにもぴったりです。
パクチーが好きな人は、きっと三つ葉も気に入るのではないでしょうか。
ソースは、マヨネーズを中心に練りわさびをプラス。
マヨネーズのコクと、わさびの風味がお互いの魅力を引き立てます。
豚肉は余熱でも火が通るので、茹ですぎないように注意!色が変わったら、引き上げてOKです。

わさびを隠し味に使ったレシピを、主菜から副菜、サラダ、スープまで幅広くご紹介してみました。
わさび好きな人は、全部作ってわさび尽くしメニューにトライしてみてくださいね。
わさびは熱すると辛さや風味が飛んでしまうので、仕上げにさっと混ぜるのがコツ!
なので、わさびの存在感を弱めたいときは、少し温めると辛みが気にならなくなります。
料理が完成したあとでも、食べる人の好みに合わせて調節できるので、まずは気軽に作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部