辛さで夏の暑さを吹き飛ばそう♪唐辛子の簡単レシピ5選

最近は暑い毎日が続いていますね。夏こそ辛い物を食べて気持ち良く汗を流しましょう。 暑い夏には、キッチンに立つ時間が少なくてすむ簡単なレシピが特にありがたく感じます。 今回は、そんなこれからの季節にぴったりの簡単唐辛子レシピを5つご紹介します!

ぷりっとレバーをオイスターソースで炒めて「鶏レバーとスナップえんどうのオイスターソース 」

最初にご紹介するのは、ピリ辛の唐辛子が効いたオイスターソースがたまらない、ご飯が進む鶏レバーの中華風炒めのレシピです。
臭みが苦手でご自宅では調理しない方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと下処理をすれば心配ご無用です!
まずは鶏レバーを牛乳に浸して、丁寧に臭みを取りましょう。下処理が済んだらあっという間!
下茹でしたスナップエンドウと合わせて、唐辛子を効かせたオイスターソースベースの調味料と一緒にササっと炒めたら完成です!
鶏レバーのぷりっとした食感と、スナップエンドウのシャキシャキした歯ざわりが楽しめて、食欲がなくなりがちな時でももりもりお箸が進みそうですね。
安価に手に入る鶏レバーが豪華なメインのおかずになるのも、嬉しいポイントです。

たっぷりきのこがうまみを吸収 「パンチェッタと数種のきのこ~粒マスタードで~」

パンチェッタと4種のきのこを、粒マスタードと唐辛子でピリ辛に炒めた簡単おつまみはいかがですか。
材料を炒め合わせるだけの簡単調理ですが、数種類のきのこを使っているので、きのこのダシがしっかりと出て奥深い味わいに仕上がります。
こんがりと焼いたパンチェッタの塩気と唐辛子のピリ辛で、パンチのきいたワインとの相性が良いおつまみになります。
唐辛子の量で辛さ調整して作れば、献立の副菜としてお子さんにもおススメしたい一品です。

めんつゆを使って失敗知らず「鮭の南蛮漬け 」

たっぷり野菜も一緒にとれる、鮭の南蛮漬けはいかがでしょう。
南蛮漬けというと作るのが面倒なイメージもありますが、シンプルな作業で簡単に作れますよ。
片栗粉をまぶした鮭を油で揚げたら、あとはカットした野菜と一緒にひと煮立ちした甘酢タレに漬け込むだけで完成です。
タレにめんつゆを使うことで、お料理初心者の方でも失敗の心配がないのがうれしいですね。
甘酸っぱい味付けはお子さまにも大人気なので、唐辛子の量を調節しながらぜひ家族の食卓に活用頂きたいレシピです。

おうちで作れる簡単キムチ「ゆで大根の水キムチ 」

最近はスーパーで気軽に買える水キムチですが、辛さや甘さを自分好みに作れる自家製水キムチにもぜひチャレンジしてみましょう!
カットした野菜をササっと湯がいたら、混ぜ合わせた調味液に漬けて冷蔵庫で寝かせるだけ。
生姜とにんにく、はちみつと唐辛子というご家庭の常備調味料で、思い立ったらすぐに作れるのも魅力的です。
とてもさっぱりした味わいで、つめたーく冷やして頂くと夏にぴったりです!
韓国風のピクルスのような感覚で頂けるので、気軽にいただける箸休めの一品として、冷蔵庫に常備しておきたいですね。

ニンニク風味が食欲をそそる「乱切りきゅうりのナムルサラダ」

時間がないけれど、食卓にもう一品副菜を追加したい!とにかく時間をかけずにパパっとおつまみの一品を作りたい!そんな場面にぴったりの、きゅうりのナムルサラダのご紹介です。
唐辛子とニンニクを効かせたごま油で、種を取ったきゅうりを炒めるのがこのレシピのポイント。
生でいただくことが多いきゅうりなので、炒めるのは意外な感じがするかもしれませんね。
きゅうりは加熱することでしんなりとした食感に変わり、甘味が引き出されて調味料の味がしっかりしみ込みます。
冷蔵庫で保存がきくのも嬉しいですね、温かくても冷やしても美味しい、作り置きにもとってもおススメの一品です!

いかがでしたか。普段なにげなく使っている唐辛子ですが、和風・中華・洋風・韓国風と様々な料理で活躍してくれる頼りになる食材ですね!
ピリリとした辛さは食欲が減退しがちな暑い夏には特におススメです。
パパっと作れる簡単唐辛子レシピ、ぜひご活用ください!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部