【季節選ばず大活躍♪人気乾物レシピ5選】食材を活かした簡単料理

雨が続く季節は、買い物に行くのも「今日は出掛けたくないな」と思ってしまうことありませんか。乾物のストックを上手に使えると便利ですよね。買っても使い切れるか不安…という方にも安心の、アレンジメニューをご紹介します。

切り干し大根で栄養アップ「切り干し大根のみそ汁」

切り干し大根だけのおいしさで、だしいらずの「切り干し大根のみそ汁」。栄養バッチリの味噌汁が作れる簡単メニューです。サッと水で洗った切り干し大根と、千切りにしたにんじんを水に入れ、中火で5分ひと煮立ちさせます。ざく切りにした小松菜を入れたら味噌を溶き入れ、中火で1分煮たら出来上がり。器に盛って、お好みで小口切りにした長ネギを散らしてください。入れる野菜はアレンジしてもOKなので、冷蔵庫に残っている野菜を活用できるのもいいですよね。

黒胡椒をたっぷり使ってピリリ「切り干し大根の洋風煮もの」

洋食メニューの日に、「切り干し大根の洋風煮もの」はいかがでしょうか。切り干し大根は水につけて5分ほどもどし、絞ってから食べやすい長さに切っておきます。鍋にオリーブオイルを熱し、切り干し大根とカットした赤パプリカ、缶汁を切ったホールコーンを加えて2分炒め合わせます。次に水を加えて混ぜ、切り干し大根がふっくらするまで中火で3分ほど煮ましょう。塩、粗びき黒胡椒、コンソメスープの素を加えて蓋をし、切り干し大根がやわらかくなるまでさらに弱火で10分ほど煮ます。蓋を取り、煮汁が1/2量くらいになるまで煮たら出来上がりです。

車麩でボリュームを加えたさわやかな和えもの「万能ねぎと車麩のザーサイ梅和え」

じめじめした季節は食欲が落ちてしまうこともありますが、そんなときにオススメなのが、さっぱりとした「万能ねぎと車麩のザーサイ梅和え」。車麩は15分ほど水につけてやわらかくし、水気を切りったら手で小さくちぎっておきます。ボウルにザーサイ、種を取ってちぎった梅干し、ごま油を入れて混ぜます。車麩と3cmの斜め切りにした万能ネギを加えて和えたら、塩胡椒で味を調えて出来上がり!急いで作りたいときは、車麩をぬるま湯で戻すと時間を短縮できます。

にんにくと赤唐辛子風味のピリ辛煮「ひじきとベーコンのピリ辛煮」

ひじきの煮物を洋風アレンジした「ひじきとベーコンのピリ辛煮」は、ピリ辛味がくせになる一品。ひじきは20分ほど水につけてからザルに上げ、水気を切っておきます。フライパンにオリーブオイル、 潰したにんにく、へたと種を取った赤唐辛子を入れて弱火で2分炒めましょう。2cm幅に切ったベーコンを加えて中火で1分炒めたら、ひじきを加えて中火で2分炒めます。醤油、塩、砂糖、水、白ワインを加えて煮立てたら、中火で5分蒸し煮にして完成です。

こんな高野豆腐食べたことない!「高野豆腐のフリッター」

高野豆腐といえば煮物のイメージが強いですが、フリッターにすることもできます。高野豆腐は水かぬるま湯でもどして9~12等分に切っておきます。塩、薄力粉、ビール、コーンスターチと葉をみじん切りにしたローズマリーをボウルに入れて、混ぜて衣を作っておきましょう。ポリ袋に薄力粉を適量入れ、高野豆腐とカットしたタマネギにそれぞれ薄くまぶします。油を180度になるまであたため、衣にくぐらせた高野豆腐とタマネギをきつね色になるまで揚げたら完成です。岩塩とレモンをかけて召し上がってください。

いかがでしたか。「ひじき」「切り干し大根」「車麩」「高野豆腐」と、様々な「乾物」を使ったレシピをご紹介しました。味噌汁に使ったり、洋風メニューで使ったりと、新しい
乾物のレパートリーも増えたのではないでしょうか。今年の梅雨は、「乾物」を上手に使って、お買い物の手間も減らしましょう!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部