これであなたもわかめ上手!副菜わかめ時短レシピ5選

定番化しがちのわかめですが、いろんな料理に使うことができる万能食材です。 時短でパパッと副菜を作ることができれば急なおもてなしにも使えますよね♪ 乾燥わかめは常温で保存が出来、手軽に使える事がメリット。 文字通りあっという間に一品作りたい時に助けてくれる存在になります。 一方塩蔵ワカメは水に漬けて塩抜きをする必要があります。 しかし生ワカメの食感はそのままなのでワカメを存分に感じたい時にはこちらがおススメ。 うま味もありとても美味しいですよ。 これであなたもわかめ上手!

簡単でコスパよし!主婦の味方「もやしとわかめの中華サラダ」

簡単でお財布にも優しい副菜レシピです。
材料はもやし、わかめ、インゲンです。インゲンの代わりにきゅうりやにんじんを使ってもいいですよ。
ちくわ等を加えてもgood。もやしといんげんは食感を残す為にサッと茹でるのがポイントです。
水気はしっかり切ってくださいね。
にんにくと唐辛子が入って、パンチの効いた副菜なのでおつまみとしてもイケますよ。
香りが気になる方はにんにく抜きにしたり、お子様には唐辛子抜き等、お好みで調整してください。

パパッとできちゃう副菜「豆腐とポン酢サラダ」

豆腐を一丁を使って作るサラダレシピです。
材料は豆腐とわかめとかいわれ大根の3つ。
簡単で食材費も安価なので主婦お助けメニューです。
時短なのも嬉しいポイントですね。
ピリ辛味なので、ごはんのおかずだけでなくおつまみとしてもオススメです。
ボリュームがある副菜なので、あと一品ほしいなという時に使えそうです。
韓国のりを散らしてアレンジしても美味しく頂けます。
レシピは乾燥わかめを使用していますが、塩蔵や生わかめを使用すると食感も楽しめる一品になりますよ。

サッパリ副菜「わかめと焼き油揚げのごま塩和え」

わかめと焼き油揚げをごま塩で和えたサッパリとした副菜です。
こちらのメニューも簡単でお財布に優しいメニューです。
油揚げは必ず湯通しして、水気をしっかり切ってくださいね。
湯通しした油揚げの水気を切る時は、火傷をしないように油揚げをよく冷ましてから行ってください。
もう少しボリュームがほしい時は、鶏肉のササミを加えたり、ごま油を加えても美味しいですよ。
にんじんを入れて彩よくアレンジしてもいいですね。
油揚げが余った時に冷凍しておくと、作りたい時にパパッと作れますよ。

さわやかで上品「海老ときゅうりの酢の物」

わかめときゅうりの酢の物に海老を加えた上品な副菜。
いつもと違った酢の物を作りたい時にオススメです。
麺つゆを使っているのが特徴で、和風だしの旨みが効いています。
プリプリ食感の海老に、さわやかな味わいのわかめときゅうりのハーモニーが最高ですよ。
きゅうりは塩もみをすることで水分が外に出て、調味料が染み込みやすくなります。
塩もみの工程は忘れずに行ってくださいね。
酢の代わりにレモン果汁を使うとよりさわやかに仕上がりますよ。
暑い季節や食欲がない時、プラス一品の副菜にいかがでしょうか。

出汁いらず「あさりとたけのこのサッと煮」

あさりの旨みが広がるたけのこの副菜。
あさりとたけのこと生わかめ、それぞれの食感を楽しめる一品です。
このレシピはあさりの砂抜きの方法が時短のポイントになっています。
一般的にあさりの砂抜きは塩水に数時間浸して行いますが、このレシピでは50度のお湯に浸して行います。
60度以上のお湯にあさりを浸すと、煮えてしまうので注意してくださいね。
食卓を飾ってくれる存在感のある副菜なので、是非作ってみてください。
お酒のおつまみとしてもオススメですよ。

副菜わかめ時短レシピはいかがでしたか。
時短でささっと作ることができるのはポイントが高いですよね。
常に時間に追われている主婦の方の強い見方になってくれたら嬉しいです。
使い方がわかればあっという間に使いきれますので、塩蔵、乾燥どちらのワカメも使ってみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部