暑い日にぴったり!豚肉を使ったさっぱりレシピ5選

豚肉を使ったレシピは数多くありますよね。 今回はその中でも食欲がない日や、お酒を飲んで帰って来た日、カンカン照りの真夏日などでも食べやすい、さっぱりとしたレシピを集めてみました。 ぜひ、作ってみてくださいね!

食欲そそるさっぱり感!「豚バラと梅のきゅうり巻き」

薄くピーラーでスライスしたきゅうりが見た目にも大変涼やかで、まるで懐石料理に出てきそうな上品な一皿「豚バラと梅のきゅうり巻き」のご紹介です。
サッと茹でた豚バラ肉は、口に入れると甘みのある肉の脂身がジュワッと口いっぱいに広がりますが、大葉、梅、きゅうりの3つが最後、口の中をさっぱりと仕上げてくれて脂身を後に残しません。
このレシピであれば、食欲のない日でもパクパクと食べられそうですよね。
ちょこんと上に乗った梅も可愛らしく、和食の前菜としてもオススメです。
「簡単に作りたいけど、少し凝った料理と思われるものを出したい」そんな時には、ぜひこちらのレシピをお試しください。

水菜のシャキシャキ感がポイント「豚と水菜のさっぱり味噌焼き丼」

豚肉を炒める際に油をひかずに、豚肉自身が持つ脂身を使って炒める料理です。
こちらの「豚バラと梅のきゅうり巻き」では味噌を使うことによってコクを出しながら、水菜のシャキシャキも相まってさっぱりとした仕上げになっています。
唐辛子のピリッとした刺激が味のアクセントに。
水菜の緑も鮮やかで、見た目も食感も楽しめる一品です。
いつものガッツリ系の豚肉を使った丼ぶりに飽きた方や、大人っぽいアレンジをしたいという方にもおススメです。

梅風味でさっぱりと!「豚肉ともやしの梅肉和え」

冷蔵庫の中に余っているものでパパッと作りたい、そんな時にもピッタリの簡単レシピ「豚肉ともやしの梅肉和え」。
豚肉に酒を加えることによって臭みを取って、旨味を引き出し、肉を柔らかくします。
もやしを大量に使うことによって、コスパの良いおかずに。
大葉をアクセントに使うレシピだとついつい大葉が余ってしまいがちですが、そんな時には簡単に作れてさっぱりさせてくれるこちらのレシピで消費を。
梅の酸っぱさが口の中をさっぱりとさせてくれるので、暑い夏の日や、箸休めの一品にオススメです!

さわやかな青松酢でさっぱりと「冷しゃぶ青松酢かけ」

豚肉を蒸すことによって余計な脂分が削ぎ落とされ、豚肉本来の旨味を楽しめます。
鰹節からも出汁を取って少し丁寧に作ったタレに、すりおろしたキュウリを入れると色鮮やか。
豚肉にかけると、鮮やかな色合いに食欲をそそられますね。動画にあるように透明の器に盛り付けると涼しげな雰囲気に仕上げられそうです。
酢の酸味とみずみずしいキュウリがさっぱりとした仕上がりにしてくれて、とても食べやすいですよ。
豚肉と青松酢のタレだけだと見た目が少し寂しくなるので、ミニトマトを添えてどうぞ。旦那さまのご両親やママ友が自宅に遊びに来る日など、普段とは違った特別な日のメニューとしても使えそうです。

ポン酢でサッパリ!「シャキシャキ水菜の豚バラ巻き」

最後にご紹介する「シャキシャキ水菜の豚バラ巻き」は、買ってきた水菜をそのまま、大胆に使って豚肉にくるみます。
バターを使って焼いた程良い焦げ目と、水菜のコントラストが食卓を明るく盛り上げてくれそうですよね。
水菜のシャキシャキした食感にジューシーな豚肉が歯触りも楽しい一品です。
見た目は男性が喜びそうなガッツリ系ですが、さっぱりしたポン酢で食べやすく、お箸が止まらなくなりそうです。

暑い日にぴったり!豚肉を使ったさっぱりレシピ、いかがでしたか。
簡単に作れるさっぱりレシピから、出汁から丁寧に作ったものまで。そのままメイン料理としてもいただけますが、前菜にも良さそうです。
「今日はご飯を軽めに仕上げたいな」という日にはぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部