甘辛味付けの人気丼!おすすめレシピ5選

美味しくてご飯がすすむ!食べ終わった時の満足感が大きい丼料理。甘辛い味付けがより一層食欲をそそります。刺身、焼肉、野菜など、丼料理には様々な種類がありますが、今回は甘辛い味付けをした人気ある丼レシピを5つ紹介いたします。

甘辛い味付けで食がすすむ「土佐の甘辛かつおごはん」

カツオの旨みに甘辛だれの美味しさが絶妙な組み合わせ!ご飯にもたれが染みて絶品です。煮詰めたカツオなので血生臭さもなく、生のカツオが苦手な方でも、気にすることなく食べることができるかもしれません。茶碗にカツオと白米を盛り、万能ネギ、もみのり、糸唐辛子を飾れば完成です。魚の生臭さが苦手な場合は、はじめにカツオをお湯に数秒さらしてください。そうすることで臭みが抜けやすくなります。熱々のご飯と組み合わせて、美味しいうちにお召し上がりください。

甘辛いたれは子どもにも大人気「甘辛磯辺バーグ丼」

和と洋のコラボで、子供も大人も美味しく食べることができる、磯辺巻きのハンバーグ丼。甘辛い味付けのハンバーグはご飯との相性が良く、たくさんご飯を食べてしまいそうです。たれを絡めながら焼く時に、小麦粉をまぶしてから焼くことで、とろみがつき、味もしっかりと絡みつきますよ。肉に巻かれた焼き海苔の風味が、肉の旨みとマッチして食欲を増進させてくれます。おこさまのお弁当にこの料理が入っていれば、喜んで食べてくれそうな一品ですね。

野菜いっぱい「蓮根ときのこの甘辛サラダ丼」

こちらの「蓮根ときのこの甘辛サラダ丼」は野菜がたくさん入っており、肉を使った丼よりもカロリーを控えつつお腹を満たしてくれます。具だくさんで食べ応えも抜群ですよ。それぞれの野菜の味や食感も楽しいサラダ丼。コチュジャンの絡みと蜂蜜の甘みが絶妙にマッチしており、クリームチーズの濃厚さが美味しさをより際立ててくれています。レンコン、ブロッコリー、マイタケ、マッシュルーム、ベビーリーフと様々な野菜類を楽しめますよ。ブロッコリーは食感の好みに合わせて茹で時間を調整して、硬く茹でれば食感のアクセントにもなります。

甘辛味の肉みそとほろ苦ゴーヤの組み合わせ「ゴーヤの肉味噌炒め丼」

丼の具材が作り置きのおかずとしても活躍してくれる、こちらの「ゴーヤの肉味噌炒め丼」。食欲をそそる甘辛味の肉味噌と、その味のアクセントになるゴーヤを組み合わせた食べ応え抜群な一品です。ゴーヤの苦味のあるわたは、スプーンでこそげとるようにすると綺麗に取ることができます。苦味が苦手な方は、この作業を丁寧に行なえば、美味しく食べることができますよ。茶、緑、赤と食材の色が綺麗に出ています。ゴーヤを使った丼は珍しいので、ゴーヤ好きの方は、こちらの丼を作ってみてはいかがでしょうか。

にんにく風味の甘辛ケチャップ味「激うまチキンケチャップ丼」

甘辛い味付けのケチャップは、フライドポテトなどにつけたりと食欲をそそる味わい。その甘辛いケチャップを鶏肉と組み合わせれば、絶妙なハーモニーでご飯が進みます。ニンニク風味がアクセントにGOOD。ボリュームを増やしてお腹いっぱい食べたい方は、キャベツを加えることで歯応えもボリューム感もアップします。鶏肉を使用したレシピですが、豚肉で代用しても美味しく食べることができますので、お好みの肉を使って作ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。甘辛丼の人気レシピを5つ紹介しました。お腹いっぱいになりたい時は丼がおすすめです。どんな丼料理を作るか迷った時には、今回紹介した甘辛味付けの丼レシピを参考に作ってみてはいかがでしょうか。お腹と一緒に心も満たされるはずですよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部