やっぱりカレーが好き!ボリューム満点の人気カレーレシピ5選

スパイシーでご飯がすすむ。具材を変えたら色々な種類を楽しめる。カレーは食卓の人気レシピの一つですね。 また、カレーの味も様々にありますよね。 ついつい夕食メニューに困るとカレーにしてしまう人も、アレンジの幅を広げてみてはどうでしょう。ボリューム満点、美味しいレシピをご紹介します。

いつものカレーを中華風に「中華風カレーライス」

いつものカレーをちょっと変えてみたい時におすすめなのが「中華風カレーライス」。
牛バラかたまり肉をつかうので、がっつりボリューム満点です。
このレシピのポイントは、牛バラかたまり肉を先に煮込むこと。八角とローリエを加えて煮込むので、肉を食べた時にジワッと八角の香りが口の中に広がります。
仕上げは炒めた野菜とケチャップで煮込んだカレーに、生クリームを加え混ぜ合わせましょう。
まろやかでボリューミーな中華風カレーライスの出来上がりです。パワーをつけたい時にぴったりなカレーですね。

トマトの酸味とうまみがたっぷり「チキントマトカレー」

鶏肉の手羽元は一年中安く手に入る、お財布の味方。がっつり食べたい時には、この手羽元をカレーにしてみてはいかがでしょうか。
こちらのレシピでは、市販のルーをつかうので、とっても簡単。
手羽元を全体的に色良く焼き、炒めた玉ねぎと煮立てて市販のルーを入れるだけ。
手羽元を焼いた時に出た脂をつかって玉ねぎを炒めると、旨味が丸ごと玉ねぎに染み込み、旨味を逃さず使えます。
市販のカレールーに鶏肉の旨味が溶けて、コクのあるカレーになりますよ。
さらにピーマンやパプリカ、キノコ類を加えると、彩りがアップして手間のかかったカレーに見えますね。

コスパ抜群!「豚肉で基本のカレーライス」

ボリューム満点のカレーといえば、やっぱり基本のカレーは外せないでしょう。
コスパ抜群、調理簡単、失敗しない、という料理をする人には嬉しい三拍子が揃っています。食材も比較的安い豚肉と、一年中手に入りやすい野菜を使っていますから、何度も活用したいレシピです。
マンネリを解消したい時には、豚肉の種類を変えてみたり、野菜を型抜きで抜いたりと一工夫してみましょう。
また、市販のルーの辛さを変えてみたり、ニンニクやショウガ、醤油やチョコレートなどを隠し味に使うと、コクやまろやかさが変わってオリジナルなカレーができますね。
オフクロの味的なカレーライス。自分好みにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

トマトの酸味が食欲をそそる「挽き肉チーズカレー」

ちょっとがっつりというイメージではない挽き肉でも、アレンジ次第ではボリューム満点なカレーができます。
こちらの「挽き肉チーズカレー」は、味の決め手が市販のルーなので簡単です。
玉ねぎと挽き肉をニンニクで炒め、カレーをなじませ、トマトと醤油を加えたら出来上がり。
あとはご飯にのせ、サラダ菜とチーズをトッピングするだけ、という簡単レシピです。
忙しい時の夜食などにもぴったりですね。

ボリュームたっぷり「秋野菜のスープカレー」

たまにはカレーライスと少し違った、具だくさんのスープカレーなどいかがでしょう。
旬の野菜をたっぷり使う「秋野菜のスープカレー」は主食を選ばず、しかも色々な食材をいっぺんに食べられるという、嬉しいレシピ。
特に旬の新鮮な野菜を使うと、アクなどが少ないので下処理の時間が短くなりますよね。トマトがたっぷり入ったスープカレーは、スパイシーで食がすすみます。
ご飯でもパンでも合いますね。刻みピクルスの素揚げしたセルフィーユなどを加えると、さらに美味しくなりますよ。
季節によって、野菜を変えるのもオススメです。

とっても馴染みのあるカレーですが、ひと工夫するといつものカレーが変わります。
ご飯とも相性がとてもいいので、がっつりと食べられますね。
合わせる食材も季節の野菜を使ったり、肉の部位を変えることで味もボリュームも変えられます。
ぜひ、いつもと違うレシピを楽しんでみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部