とろろを使ってさっぱりと!アイデアレシピ5選

長芋をすりおろした「とろろ」。独特の粘り気とその味わいに、やみつきになる人も多いですよね。 とろろは和風のさっぱりした料理と相性が良いので、様々な和食で使われています。今回はそんなとろろを使った一風変わったアイデア料理を5つ、ご紹介します。

とろろ昆布から出たうま味が絶妙「とろろ昆布オムレツ丼」

とろろ昆布を使って、ヘルシーなどんぶりはいかがでしょうか。とろろ昆布の旨味が染み出したオムレツはご飯との相性抜群。
オムレツの上にかける白ねぎの出汁あんかけもあっさりとしていて、ご飯がよく進みますよ。
このレシピでは肉を一切使っていません。
その代わりに、とろろ昆布などの出汁で、しっかりとしたうま味を作っています。
お好みで梅干しなどを加えると、よりさっぱりするかもしれませんね。

ズッキーニととろろがベストマッチ!「ズッキーニの味噌とろろ丼」

このレシピでは、ズッキーニはごま油で蒸し焼きにするだけ。
肝心なのが、味噌とろろの作り方です。長芋をすりおろしたら、味噌、醤油、はちみつで味付けをします。
ズッキーニとこの味噌とろろを、どんぶりで一つにしたら完成。味噌とろろとズッキーニの意外な組み合わせがGOOD。
ごま油がほのかに香るズッキーニの食感と、とろろの粘りがベストマッチ。
味噌とろろに加えたはちみつの甘みも、味付けに奥行きを与えてくれますよ。

油揚げで食べ応え十分「小松菜と油揚げの辛とろろあえ」

おつまみにも、ちょっとした副菜にもオススメしたいのが「小松菜と油揚げの辛とろろあえ」です。
あっさりと仕上げたいので、油揚げは熱湯をかけて油抜きをします。とろろには醤油、塩の他に生姜汁を加えます。
この生姜の爽やかな香りがさっぱり感を演出。
さらに一味唐辛子を少々。
これはお好みの辛さに調節してみるのも良いでしょう。ピリッと辛いと食欲が刺激されますよね。これらを混ぜ合わせたとろろに、茹でた小松菜、蒸し煮にしたしめじ、油揚げを加えます。
それぞれの食材から出るうま味がクセになってしまうかも。

ふわとろ食感にほのかな甘み「レンジで作るふわとろ温とろろ丼」

にんじん、たけのこはみじん切りに。これらを使って、食感や彩りが楽しいふわとろなとろろを作ってみませんか。
先ほどのみじん切りにしたにんじん、たけのこに豚ひき肉を加え、調味料を加えて混ぜ合わせます。
その時に片栗粉を加えるのが、ふわとろにするポイント。
また、すりおろした生姜の爽やかさも、さっぱりと仕上げるためのアクセントに。
これらは電子レンジで加熱します。洗い物が少なくなるのも嬉しいポイントですね。
最後に加えるごま油とねぎの風味が食欲をそそります。

ミキサーですぐ作れるとろろ汁「かつおと味噌のとろろ汁」

濃いめに作った味噌汁がベースの「かつおと味噌のとろろ汁」。
このレシピでは、電子レンジで加熱したカツオを、味噌汁と合わせてミキサーで撹拌します。
普段、鰹節などで出汁をとることが多いカツオですが、ミキサーを使うことでそのままのカツオのうま味を感じることができますよ。スープはこれで完成。
ここにとろろを加えることで、かつおや味噌汁のうま味を閉じ込めてくれます。最後にうずらの卵とピリッと香るおろしわさび、薬味を加えたら完成です。
10分ほどで作れてしまうこのとろろ汁、今日は味噌汁の代わりに、とろろ汁にしてみませんか。

とろろはご飯との相性が良いことから、どんぶりとしてももちろん活躍してくれます。
しかしそれだけでなく、味噌汁に加えたり、ちょっとした副菜、おつまみにも応用が効きますよ。
とろろは、さっぱりとした料理と相性が良いので、他のさっぱりメニューと組み合わせても良さそうです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり