和の食材を生かした、和風チャーハンレシピ5選

手近にある食材とごはんで、気軽にパパッと作れるのがうれしいチャーハン。 中華屋さんでおなじみの、ねぎと卵の入ったチャーハンだけでなく、好みの具材と味付けで、多種多様にアレンジできる楽しさがありますよね。 今回は、和風の食材を活用して作る、和風チャーハンのレシピをご紹介します。 香ばしい醤油の香りや、漬け物や梅干しの酸味と旨味が効いた和風チャーハンは食欲をそそりますね。

きゅうりの食感とさっぱり風味のチャーハン「梅干しときゅうりのチャーハン」

日本の伝統保存食、梅干し。
そんな梅干しの塩気と酸味を生かしたお手軽チャーハンです。
塩もみしたきゅうりとごはん、そして、叩いて細かくした梅干しをサッと炒めればできあがり。
シャキシャキした食感とさっぱりした味で、食欲の落ちがちな夏にぴったりのレシピです。
油をひいたフライパンに、きゅうり、ごはん、梅の順番で入れますが、ごはんを広げ、フライ返しで押し付けてから、上下を返してほぐすと混ざりやすくなりますよ。

明太子と高菜は相性抜群「明太高菜チャーハン」

高菜は独特の旨味に、ほろ苦さがおいしいお漬物。
高菜チャーハンにはじゃこなどを合わせることが多いかもしれないですが、今回ご紹介するレシピでは明太子と合わせた、ゴマ油の風味が香るチャーハンです。
ゴマ油で、刻んだ高菜、ほぐした明太子を炒め、ごはんを加え、鶏ガラスープの素、醤油、塩で味を整えます。
高菜は塩味があるので、調味料は高菜に合わせて調整します。
チャーハンに卵を加える際には炒り卵にすることが多いですが、このレシピでは目玉焼きにしてトッピング。
いつものチャーハンに、ちょっと変化を付けたい時におすすめのレシピです。

カリカリじゃこと桜えびの香ばしさが食欲をそそる「じゃこと桜海老のチャーハン」

じゃこと桜エビの、干すことによってに濃縮された旨味をたっぷりと楽しむチャーハンです。
まずごはんと卵をよく混ぜて、準備しておきます。ラードをフライパンに熱して、刻んだニラとしめじを炒めましょう。
そこに、じゃこと桜エビを加えてカリッと炒めます。このレシピでは緑にニラを使っていますが、冷蔵庫にあるお好みの季節の野菜で大丈夫です。
じゃこと桜エビに油が回ってカリッとしたら、卵を混ぜておいたごはんを加えて炒めます。
あらかじめ卵を混ぜておくことで、ごはんがパラッと仕上がりますよ。
さらに溶き卵を加えて、塩、醤油、和風だしの素で味を整えてできあがりです。
あっという間にでき、カルシウムたっぷり、ダイエットにもうれしいレシピですね。

レタスのシャキシャキ感がポイント「牛肉とレタスのしば漬けチャーハン」

次は、しば漬けの酸味とシャキシャキした食感を生かした「しば漬けチャーハン」。
しば漬けの酸味に牛肉と、牛肉と相性のよいレタスを合わせた、変わり種チャーハンです。
炒めた牛肉にごはんを加え、押さえ付けたらフライ返しで裏返すように炒め、刻んだしば漬けとレタスを加えて、塩で味を整えたらできあがりです。
しば漬けの紫とレタスの黄緑の彩りもきれいな、シャキシャキ食感のチャーハンです。牛肉を使った、ちょっと珍しいチャーハンレシピですね。

ネバうま!「納豆とオクラの和風チャーハン」

最後は、納豆を使った和風チャーハンのレシピをご紹介します。
オクラも入れて、ネバうまチャーハンを作ってみませんか。 納豆ごはんに、オクラの梅肉和えを合わせたような、出汁の香りの効いたチャーハンです。
フライパンに、タレを混ぜておいた納豆を炒め、ごはんを加えたら、刻んだネギ、下ゆでして出汁で下味を付けたオクラ、梅肉、カツオ節を加えて、最後に醤油を回し入れたらできあがり。
納豆を使ったチャーハンのレシピは「これで決まり!」のおいしさですよ。

さて、冷蔵庫には何がありますか。今日すぐに試してみることができるレシピや、今度試してみようと覚えておきたいレシピもあったのではないでしょうか。
和食材でチャーハン、ぜひ色々アレンジして、お気に入りのおいしいレシピを見つけてみて下さいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部