野菜たっぷり!焼きそば、人気のレシピ5選

子供から大人まで大人気の焼きそば。焼きそばと言えば、キャベツ、にんじん、豚肉にたっぷりのソースが定番ですが、今回のテーマは、野菜がたっぷり食べられる焼きそばです。 いろんな食材と組み合わせて、不足しがちな野菜をたくさん食べるのにも、焼きそばは絶好のメニューになります。 具材だけではなく、味付けもソースはもちろん、麺つゆを使った和風味、あんかけに、オイスターソースを使った簡単レシピなど、様々なアレンジレシピをご紹介いたします。

にらともやしがたっぷり焼きそば「牛肉とにらのソース焼きそば」

たっぷりもやしでお腹も満たされる、「牛肉とニラのソース焼きそば」。
野菜はニラ、もやし、コーンをたっぷりと使います。
フライパンに、牛肉、ニラ、もやしの順に炒め、電子レンジで温めたソースと絡めておいた中華蒸し麺を入れ、ホールコーンを加えたら、塩胡椒で味を整えて出来上がりです。
このレシピでは、ソースは中濃ソースをゴマ油と混ぜて作ります。
焼きそばにニラとゴマ油の風味が効き、もやしのシャキシャキ食感で箸が進みますよ。

シャキシャキ野菜のあんかけ焼きそば「豚肉と細切り野菜のあんかけ焼きそば」

次は夏野菜をたっぷりあんかけにした、中華風「豚肉と細切り野菜のあんかけ焼きそば」です。
使う野菜は、ナス、ピーマン、赤ピーマン、もやし、と彩り豊かに。細切りにして、サッと湯がいておきます。
麺はあらかじめ、ややたっぷりめの油で炒めておくと、味がなじみやすくなります。
あんかけ焼きそばと言うと、しっかりと揚げたパリパリの麺もおなじみですが、こんな風にさっと表面だけ炒めるのもあり。フライパンで豚肉を炒めたら味付けです。
水、中華スープの素、醤油、胡椒、砂糖、オイスターソースでスープを作り、下茹でした野菜を加えたら、とろみをつけてできあがり。
仕上げにゴマ油をかけるとぐっと風味が増しますよ。

トマトの酸味とうま味で味わう「トマトとにらのあんかけ焼きそば」

次はもうひとつ、中華風あんかけ焼きそばのレシピです。使う野菜は、トマトとニラ。
トマトは、普段焼きそばにはあまり見慣れない野菜かもしれませんね。
フライパンでトマトとニラと豚肉を炒めたら、水、鶏ガラスープの素、料理酒、塩、胡椒を加えてスープを作り、片栗粉でとろみをつけます。
麺の調理方法は、こちらのあんかけ焼きそばのレシピでは、油をひいたフライパンに麺を入れ、フライ返しでギュっと押し付けて、お好み焼きのように平らに焼き色が付くように焼き上げます。
それを6つ切りに切ってお皿にのせ、あんをかけたらできあがりです。こちらも、最後のゴマ油をお忘れなく。
トマトの酸味がほどよいアクセントのちょっと変わったアレンジで、いつもの焼きそばとちょっと違った雰囲気が楽しめますよ。

ツナが新鮮な和風テイスト「ツナと小松菜の和風焼きそば」

焼きそばは、サラッと和風もおいしいですね。こちらは小松菜と舞茸をたっぷり使った和風焼きそばのレシピです。
麺はあらかじめ電子レンジで加熱しておくと、ほぐれやすくなります。
フライパンに、小松菜、ツナ、舞茸を炒め、麺を加えたら、麺つゆ、醤油、和風だして味付けしてできあがり。
小松菜と好相性のツナ、舞茸にしみる出汁と醤油の風味がよくマッチした、また作りたくなる一品ですね。
シンプルで簡単、サッと作れて、今日はサッパリ仕上げたいな、という時におすすめのレシピです。

オイスターソースを使って簡単なのに本格風味「帆立とサニーレタスの焼きそば」

最後は、材料をボウルに入れて、電子レンジで加熱するだけのお手軽ながら、本格的な味に仕上がる簡単レシピ、「帆立とサニーレタスの焼きそば」です。
使う野菜は、これまたシャキシャキの食感で食欲がアップするレタスに、にんじんを。
レタスをひと玉買ったけれど、使い切れない、たくさん消費したい、という時には、炒めて食べるとたっぷり食べられますよね。
サニーレタス以外の材料をボウルに入れてラップをかけ、電子レンジで加熱したら、レタスを加えて混ぜるだけ。
サニーレタスを潰さないように混ぜると盛り付けがきれいに仕上がりますよ。

いかがですか。
色々な野菜が、焼きそばと組み合わせておいしくたっぷりといただけることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
ぜひ色々なアレンジで楽しんでみて下さいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部