【あさりの簡単レシピ】時間がなくても大丈夫!人気副菜料理5選

お味噌汁の中の具としても人気のあさり。スーパーなどでも手頃な価格でてに入るところも嬉しいですよね。あさりは、蒸す以外にも色々な調理方や、味の楽しみ方があります。調理法が違うと、あさりの味わいも変わりますよね。今回は、いつもと違うあさりの味が楽しめるレシピを紹介します。

豆板醤の辛味が本格的「あさりの豆板醤炒め」

短時間で本格料理「あさりの豆板醤炒め」を紹介します。
あさりをお湯でこすり洗いしたら、一度お湯を変えて、15分おきます。
フライパンで、みじん切りにしたニンニクとしょうがを香りが出るまで炒めて、ねぎとピーマンも入れてさらに炒めましょう。甜麺醤(テンメンジャン)、豆板醤、醤油、料理酒、 殻つきのあさりを入れ、水を加えて蒸し煮にし、最後にごま油を入れたら出来上がり。中華風の辛い味付けも、あさりによく合い美味しいですよ。

潮風香る♪「あさりと豆腐の卵とじ」

10分でできる!さっぱりヘルシーで嬉しいレシピ「あさりと豆腐の卵とじ」です。
フライパンに、塩抜きしたあさり、水、酒、みりん、醤油を入れたら、沸騰するまで煮込みます。切った厚揚げ豆腐を入れて更に煮込み、卵をいれたら蓋をして、卵がふんわりしたら出来上がりです。お皿の上で胡椒と、万能ねぎを入れて、更に風味を出します。シンプルな味付けなので、あさりの出汁の美味しさがしっかり楽しめ、それが卵がマッチして、更に美味しく作れる一品です。あっさりとしたものをもう一品欲しい、という時におすすめです。

あさりの旨みが深いのにレンジで作れる「あさりの中華風蒸し」

こちらもたった10分で完成!時間短縮レシピ「あさりの中華風蒸し」です。レンジだけでできるお手軽レシピですよ。あさりに、角切りにした豆腐、切った万能ねぎとショウガを混ぜます。そこへレモン汁、醤油、料理酒を混ぜて作った合わせ調味料をかけたら、ラップをしてレンジで加熱。一度かき混ぜたら、更に貝の口が開くまで加熱します。最後にごま油をかけて出来上がり。レンジで作るので、時短でお手軽、それなのに、あさりのダシがしっかりと楽しめる、覚えておきたいレシピです。

具沢山で食べごたえも十分「あさりとにらのチヂミ」

水煮缶のあさりで、美味しいチヂミはいかがでしょうか。あさりでチヂミ?と、思われる方も多いかもしれませんが、絶品ですよ。ボウルに卵をいれて溶いたら、水と薄力粉を加えます。そこへ水煮缶のあさり、切ったニラを加え、よく混ぜます。それをフライパンで、両面蒸し焼きに。付けダレは、白煎りゴマ、粉唐辛子、酢、醤油で作ります。あさりの新たな可能性を感じさせる一品ですね。ビールにもよく合うので、おつまみとしてもいかがでしょうか。

塩レモンでさっぱりいただける蒸し料理♪「あさりともやしと長葱の蒸し煮」

なんと言っても、あさりにとって蒸し料理は欠かせないレシピですよね。そこで最後にご紹介したいのが、こちらのレシピ「あさりともやしと長葱の蒸し煮」です。まず、あさりの殻と殻とを擦り合わせて洗います。フライパンの上で、水洗いしたもやし、水で洗ったあさり、斜め薄切りにした長ねぎに、レモンの果汁をかけたら蒸し煮にします。塩で味を整えたのち、中火で混ぜたら出来上がり。隠し味のレモンがさっぱりと味を仕上げてくれます。あさり、長ねぎ、もやしのトリオは、シンプルながら食卓にあると、満足度が上がりますね。

いかがでしたでしょうか。今回は、あさりの様々な調理法を紹介しました。
貝の中でも、食べやすく人気のあさり。中華風の豆板醤炒めから、韓国風のチジミまで、今日は新しいあさりの料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部