野菜や麺でアレンジした変わり種!厳選チヂミレシピ5選

カリカリモチモチの食感に、たっぷりの具材、香ばしいごま油の香り、そして甘辛いたれ…。 思い出すだけでお腹が鳴りそうな「チヂミ」。今回は一風変わった変わり種レシピを5つご紹介します。 さまざまな食感や具材を楽しんでください。

すりおろしたじゃがいもを活用『もちもちキムチチヂミ』

じゃがいもをすりおろしたら、ざるを重ねたボウルに入れ、軽く水気を切っておきます。じゃがいもは男爵がおすすめです。ボウルの底に残った汁にでんぷんがたまるので、でんぷんだけ残して上澄み液は捨てます。
でんぷん入りのボウルにすりおろしたじゃがいもを入れ、千切りにした白菜キムチ、片栗粉、塩を加えて混ぜましょう。
フライパンにサラダ油を熱したら、大きめのスプーンでタネを入れ、直径4cmほどに平らに広げます。
白ごまをふり、中火で3~4分カリっとするまで焼いたら返し、裏側も焼いて完成です。キムチでしっかりと味がついているので、何もつけなくても美味しくいただけますよ!

ふわふわ&プリプリが合体!『ひとくち和風チヂミ』

粉なし生地で作るので、洗い物も楽チンな和風チヂミのレシピをご紹介します。
エビは粗めのみじん切りに、大葉は千切りにします。枝豆と手でちぎったはんペんを入れ、よくこねます。丸く形を整えたら、フライパンにバターを熱し両面を焼いた後、酒を入れて蒸し焼きに。
醤油を回し入れてなじませたら、白ごまをかけて出来上がり!バターを使うことで甘いコクが生まれます。また、エビは粗めに切ることでプリプリ食感をキープできますよ。
はんぺんのもちもち、枝豆のコリコリと、3つの食材の食感の違いを味わってくださいね。

余った食材でリメイク!『お好みチヂミ』

いただきもののそうめんがちょっと余った…。そんな時はそうめんを使ってチヂミ作りに挑戦してみましょう。
しかも、お好み焼き風味なのでひと味変わったチヂミが出来上がりますよ。茹でたそうめんにかつお節、紅生姜、青海苔、和風だし、塩、こしょうをを混ぜてよく混ぜ合わせます。
フライパンにごま油をひいたら味をつけたそうめんを広げ、上から押さえながら焼きましょう。
片面がきつね色になったら、裏返してもう片面も同じように焼きます。
両面焼けたら取り出して、お好きな大きさにカット。表面はカリカリ、中はもちもちのチヂミが完成です。
お好みでソースやマヨネーズをつけて食べるのもオススメです。

ふんわり食感がお好みの方に♪『れんこんおろしのひとくちチヂミ』

おやつにもおつまみにもなり、20分でできあがるお手軽レシピをご紹介します。
軽い食感のこのひとくちチヂミは、もちもちふわふわ食感の秘密は、すりおろしたれんこんにあります。すりおろして塩を混ぜたれんこんは、ひとくちサイズになるようにごま油をしいたフライパンに広げます。
みじん切りにしたしいたけ、3cm程度に切ったニラ、酢、醤油、水、すりおろした白ごまを混ぜたものを乗せて中火で4分、裏返してさらに中火で3分焼きましょう。
具材をすべて混ぜ合わせずに焼くことで、より一層すりおろしたれんこんの食感が際立ちます。

煮物以外でも大活躍!『切り干し大根のチヂミ』

春菊の香りが口いっぱいに広がる和風チヂミの生地には、切り干し大根を活用!
長いままでもカットしてもそれぞれの食感が楽しめるので、自分好みに合わせてください。さらにすりおろした大和芋も入れるので、もっちりとして食べごたえもアップします。美味しく仕上げるコツは、切り干し大根の水気をしっかりと絞ること!
そして、混ぜ合わせた具材は薄めにならし、中火で両面5分ほどかけてこんがりと焼きましょう。春菊と切り干し大根以外にも、にんじんやたけのこなど、具材をプラスしてアレンジするのもおすすめです。

チヂミ用の粉がなくても、切って混ぜて焼くだけで手軽にチヂミができるなんて、とてもうれしいですよね!
変わり種のチヂミはいくつか種類を用意して、パーティーメニューにしてしまうのもいいですよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  2. 2【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部