ミニトマトが決め手!さっぱり美味しいサラダ5選

真っ赤な発色がきれいなミニトマトがテーブルにのると、それだけで食卓が華やかになります。 今回はそんなミニトマトを使った、箸休めにもぴったりな、さっぱりとした口当たりの美味しいサラダをご紹介します。あと一品欲しいときにも使える簡単に作れるレシピですので、ぜひご活用ください。

スパイシーで酸味ある絶妙なおいしさ「もやしとツナのカレー酢じょうゆあえ」

まず最初にご紹介するのは、スパイシーな風味が食欲をそそる一品。
もやしをサッとゆでたあと、カレー風味の酢じょうゆで味つけし、ツナ缶とミニトマトを加えて混ぜるだけで簡単に作れます。
ミニトマトが酸味と甘みのアクセントになるので、パパっと作れるのに奥行きのある美味しさに仕上がります。
ツナ缶はハムやちくわなどに代えてもOK。
春雨を加えれば、食べ応えもアップします。暑い日にもさっぱり食べられる美味しいサラダをぜひおためしください。

辛みと酸味がほどよく効いた「なすとミニトマトのサワー漬け」

本文テキスト

粒マスタードの酸味が隠し味「きゅうりと焼き豚の酢のもの」

夏野菜を美味しく食べられる和え物サラダはいくつかレシピを覚えておくと、献立作りに役立ちます。次に紹介するのは、マスタードのピリッとした辛みが決め手のレシピ。
薄くスライスしたきゅうりを塩もみして水気を絞り、焼き豚とミニトマトとともに調味料で和えるだけ。
砂糖を加えることで、マスタードの辛みを引き立て、さっぱりと美味しくいただけます。
塩もみしたきゅうりを流水で洗うときは、さっと流す程度に留めるのがポイント。
しっかりと水気を絞ったほうが水っぽくならずに美味しく仕上がります。

ノンオイルサラダ代わりにも「大根とミニトマトのピクルス」

次に作り置きもできて、アレンジ自由自在なピクルスのレシピをご紹介します。
ほのかに香るローリエとワインビネガ―にはちみつの甘みがマッチして、大根とトマトがさっぱりと美味しくいただけます。ワインビネガーがないときは、お酢で代用しても問題ありません。
30分漬けただけでも美味しく食べられますが、さらに長く漬けると徐々に味わいが変わってくるのも楽しみのひとつ。
ミニトマトだけで作ってももちろん美味しいですし、きゅうりやにんじん、セロリなどをスティック状にして漬けてもOK!
ピクルスを常備しておくと、突然の来客にもささっとふるまえて便利です。

テーブルを彩る簡単アペタイザー♫「ハーブ香るミニトマトのマリネ」

最後にご紹介するのは、ローリエやタイム、ローズマリーなどのハーブやクミンやコリアンダーのスパイスがミニトマトの美味しさを際立たせる一品。
さっぱりとした口当たりで、食欲が減退しがちな暑い日でも食欲をそそります。レストランの前菜に出てきそうな本格的な味をご家庭で楽しみましょう。
トマトを漬けたオリーブオイルが残ったら、料理に活用してください。
ハーブやスパイスの香りが移っているので、鶏肉や魚をソテーすると香り豊かな一品に仕上がります。

そのまま食べても美味しいミニトマトですが、さっぱりとした程よい酸味と甘みはサラダに入れるとほかの野菜の美味しさを引き立てくれます。
可愛らしいフォルムと赤い色味も食欲を刺激してくれるので、夏の食卓には欠かせない存在です。
今回紹介したレシピのような簡単な和え物をいくつかレパートリーに加えておくと、いくらでもアレンジが効いて便利です。
夏の食卓に華を添えてくれるミニトマトを活用して、夏野菜をおいしくいただきましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部