隠し味に使って美味しさアップ!余った白ワインも活用レシピ5選

ワインや料理酒を使ったレシピは意外と多いもの。今回は、白ワインを隠し味に使った5つのレシピをご紹介します。 もちろん、お子さまでも食べられるメニューばかりなのでご安心を。上手に活用して美味しさをアップさせましょう。

ソーセージのうまみを堪能『ソーセージとブロッコリーの白ワイン煮込み』

皮はパリッと、中はジューシーなソーセージとブロッコリーのほくほく食感を楽しめるこちらのレシピ。
ピリッと辛い唐辛子とにんにくの香りが、食欲を刺激します。
にんにくは厚めにスライスし、唐辛子は半分に切り種を取っておきます。
フライパンにオリーブオイルを入れたらにんにくと唐辛子を入れ弱火でじっくり炒め香りを出しましょう。小房に分けたブロッコリーとソーセージを加えたら、塩胡椒で味を調えます。
皮がパリッとしてきたら白ワインを加え、強火にしてアルコールを飛ばします。弱火にして蓋をしたら約8分蒸し焼きに。
ソーセージは味付きのものを選んでも美味しくいただけます。

わさび醤油の風味にワインをプラス『アボカドチキンのわさび醤油炒め』

淡白な鶏むね肉も白ワインでしっとり。
そしてアボカドと組み合わせることでクリーミーさも感じられるメニューです。小さめの一口大にそぎ切りにした鶏むね肉は、塩こしょうで下味をつけておきます。
サラダ油をひいたフライパンで、強火で焼きます。
焼き色がついたら白ワインをまわしかけて中火に。
1cm角に切ったアボカドを加えたら、アボカドを潰さないように炒め合わせ、醤油、すりおろしにんにく、わさびを全体に絡めたら出来上り!
鶏むね肉はこんがりと焼き色がつくまでしっかり焼くのが美味しさのポイントです。

串にさして手軽にBBQ気分♪『ズッキーニとサラミの串焼き』

カリカリのサラミとズッキーニがベストマッチの一品。
串焼きにすることで食べやすくなる上、BBQ気分も味わえて楽しさもアップします。
厚めにスライスしたズッキーニとサラミスライスを交互に2本の竹串にさします。フライパンを熱し、サラダ油をひき中火で串を焼きましょう。
ズッキーニに透明感が出てきて、火が通ったら白ワインをひとまわし。塩、こしょうで味を整えるだけでもう完成です!
約15分で出来上がるうえ、お子さまと一緒に串にさすのも楽しいですよ!
ズッキーニは厚めに切ることでジューシーさを感じられるので、たっぷり厚めにカットしてみてください。

仕上げのバターがポイント!『エビのこってりクリーム煮』

とろみのあるソースにエビのうまみが染み出した絶品クリーム煮は、仕上げにバターを入れることでコクがアップ。
尾と殻を剥いたエビは背に切れ目を入れて背わたを取り、白ワイン、塩、こしょうで下味をつけておきます。
ソースとなる牛乳に片栗粉を混ぜたら、ダマができないようにしっかりと混ぜておきましょう。
水を入れたフライパンに小房に分けたブロッコリーとエビを加え、蓋をして中火にかけます。蒸気が出てきたら約2分間蒸し煮に。
しっかりと片栗粉を溶いた牛乳を加え、混ぜながら中火でとろみをつけていきましょう。
最後に塩とバターを加えたら出来上り。バターの甘い香りも楽しみながら召しあがれ。

お弁当に入れるのもオススメ『ソースがいらないハンバーグ』

味噌とマヨネーズの風味のソースが必要ないハンバーグのご紹介です。
タネにしっかりコクがついているので、お弁当メニューの強い味方ですよ。白ワインを入れて焼くことで、とてもジューシーに仕上がりますよ。
玉ねぎは炒めずに使用するので、細かめのみじん切りにしておきましょう。
合挽き肉、卵、パン粉、牛乳、味噌、マヨネーズ、塩、こしょうをすべて混ぜ、白っぽくなるまでよくこねます。
薄い小判形に成形したら、油を多めにひいて強火で熱したフライパンに並べ入れ、中火で両面焼きましょう。
焦げ目がついたところで白ワインをまわし入れ、蓋をして蒸し焼きにして出来上がり!

肉料理も野菜がメインのレシピも、白ワインを少量入れるだけで、料理がふっくらとジューシーに仕上がります。
白ワインが少し余ってしまった時は、ぜひこちらのレシピを参考にしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4絶品!クリスマス料理レシピmoguna編集部
  5. 5自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部