暑い日に食べたい!さっぱり美味しい冷たい麺類5選

暑い日は口当たりがさっぱりとして、つるっと食べられる麺類が恋しくなりますね。 今回はそんな暑い日にぴったりな、冷たくて美味しい麺類レシピを集めてみました。 キリッと冷やしたタレで食べれば、気分も涼やかになります。夏に最適の冷たい麺レシピをどうぞ。

暑い日にぴったり!「すだち香るそうめん」

まず最初にご紹介するのは、こんなおしゃれな一皿。
見た目も爽やかで、すだちの香りが食欲をそそるさっぱりとしたそうめんです。
具材はすだち、大根おろし、青ねぎのみで、とてもシンプルです。暑くて食欲がないときでも、すだちの爽やかな酸味でつるっと喉を通ります。朝昼晩と、どのタイミングで出しても喜ばれる一品です。
すだちはなるべく薄く切るのがおすすめです。スライサーを使うと簡単で便利ですよ。つゆに氷を入れて、キリッと冷やして召し上がれ!

暑い夏にさっぱりとポン酢が決め手「フレッシュトマトとツナのそうめん」

次にご紹介するのは、トマトとポン酢の酸味が効いてさっぱりとした一皿。
このレシピのポイントは、刻んだトマトをポン酢とごま油に加えて作る「トマトポン酢」です。
ゆであがったそうめんにトマトポン酢をかけ、ツナと青じそをからめて完成です。
さっぱりとした酸味にごま油の香りがよく合い、そうめんをつるっと美味しくいただけます。
そうめんはカッペリーニなどの細めのパスタに代えてもOKです。
トマトポン酢の作り方を覚えておけば、ほかの料理にも応用可能。冷奴にかけたり、豚しゃぶサラダの上にのせたり、夏の献立作りに大活躍します。

肉みそでレタスをたっぷり食べられる「ジャージャー麺風パスタ」

次に紹介するのは、人気のジャージャー麺をアレンジしたレシピ。
甘辛い肉みそににらをたっぷり加えてスタミナアップ。
にらは火を止めてから加え、ザッと混ぜる程度にとどめることで、彩りよく仕上げます。
辛みが気になる方は、にらを加えて少し加熱してから火を止めてください。
肉みそがからんだパスタにレタスのシャキシャキ感が良いアクセントになります。
パスタをそうめんやうどんなどに代えても美味しいでしょう。

夏気分を先取り!「夏野菜の入ったさっぱり冷やしうどん」

夏野菜をたっぷり食べたいときには、こんなレシピはいかがでしょう。
オクラになす、きゅうりにピーマン、トマトといった夏野菜を贅沢に使います。
オクラは塩ずりしてから色よくゆで、ほかの野菜は1cm角の角切りに。
ツナと合わせて、ゆでたうどんにのせたらでき上がり!ほろ苦いピーマンにさっぱりとした酸味のトマト、オクラのねばねばなど、さまざまな食感と味が一度に楽しめます。
温泉卵をからめながら食べればまさに絶品。お好みで海苔をかけて食べても美味しいです。
冷たいうどんを作るときは、ゆであがりに流水でしっかり洗ってコシを出すのが美味しさの秘訣です。ぜひお試しください。

つるつるのどごしが食べやすい「めかぶのぶっかけうどん」

夏の料理はのどごしの良さも大事ですよね。最後にご紹介するのは「めかぶ」を使ったうどんです。
薄切りにしたきゅうりを塩もみしてよく水気を絞り、めかぶと合わせて混ぜ合わせます。
鶏ささみ肉は電子レンジで加熱してほぐしておきます。作ったタレは冷蔵庫でよく冷やしましょう。
ゆでたうどんを器にもり、具材をのせたら冷たいタレをかけて出来上がり。
ねばねばのめかぶがうどんにからみ、つるつるとしたのどごしを生み出します。
青じそ、みょうが、梅干しもアクセントになり、箸が進む一品です。

見た目も涼やかでさっぱり美味しい麺類のレシピをご紹介してきました。
今回のレシピのように、ワンプレートで満足感のある麺類は、食事の支度や片づけが簡単に済むのもうれしいポイントです。
夏の献立のレパートリーに加えておけば、食事作りに頭を悩まさなくても大丈夫。
うどん、そうめん、そば、パスタなど、いろいろな麺類で自由にアレンジして、お好みの組み合わせを見つけてはいかがでしょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり