世界各地の味を楽しもう♪ 変わり種茶碗蒸し5選

ぷるぷるの卵にだしの優しい味、食べ進めると出てくるさまざまな具材…。みんなそれぞれ好みのある茶碗蒸しですが、今回は世界各地の雰囲気を感じられる変わり種レシピをピックアップ!新しいお気に入り茶碗蒸しを見つけみましょう。

和風の味をあんでアレンジ『かにと湯葉のあんかけ茶碗蒸し』

卵にボウルを割り入れまぜたら、少しずつだしを加えながら混ぜ、さらに醤油、塩を入れます。
茶漉しなどで卵液をこし、表面の泡はしっかり取り除きましょう。
器に泡が立たないよう静かに卵液を入れ、蒸気のあがった蒸し器に入れてまずは2分蒸します。蒸し器と蓋の間に割り箸を挟み、さらに10分蒸します。
その間にあん作りをスタート!だしと醤油、塩を鍋に入れ、沸騰したら細かく砕いた乾燥湯葉とほぐしたかにの身を入れます。だしで解いた葛粉を回し入れ、とろみをつけます。
蒸しあがった茶碗蒸しにあんをかけたら出来上がり。
かにの香りと湯葉のとろりとした食感で贅沢気分を味わえます。

韓国の茶碗蒸しはふわふわ食感♪『韓国流茶碗蒸しケランチム』

調理時間15分!和風の茶碗蒸しよりも手軽で簡単、しかも美味しく仕上がる「ケランチム」。
昆布だしに卵とごま油、塩、料理酒、すりおろしにんにくを加え、泡立てないように菜箸で混ぜ合わせます。
そのまま食卓に乗せられる土鍋などにごま油を薄く塗り、中火にかけたら卵液を入れて弱火で加熱します。
焦げ付かないように注意しながら、鍋肌に沿ってゆっくりとスプーンでかき混ぜます。卵が固まってくるのを感じたら混ぜるのを止め、万能ネギを上からぱらり。
蓋をして極弱火で1〜2分蒸して出来上がり。すぐにしぼんでしまうので、食べる直前に作り始めるのがおすすめです!

フレンチ風なクリーミーフランに挑戦『牡蠣の洋風茶碗蒸し』

牡蠣のうまみが卵にぎゅっと詰まった、ぷるんとなめらかな洋風茶碗蒸し。生クリームやバターでリッチな仕上がりです。
みじん切りにした玉ねぎをオリーブオイルで炒め、白ワインを加えて沸騰させます。
牡蠣は飾り用をのぞき、ミキサーで粒が残る程度のペースト状にしましょう。ボウルに生クリーム、コンソメ、水、卵、卵白、ペースト状の牡蠣、玉ねぎを入れて泡立て器で混ぜ合わせます。
器に注いだら蒸し器を中火にかけ、20分ほど蒸して完成。火力が強いとすが入り舌触りが悪くなってしまうので、弱めの中火でじっくり蒸すのがコツです。
残しておいた牡蠣はバター焼きにしてトッピングし、仕上げにパセリをひとふりします。

きのこのうまみが染み渡る『中華風スープ茶碗蒸し』

鶏ガラスープの素と熱湯はよく混ぜ、冷ましておきます。
万能ねぎは小口切りに、しいたけは石づきを切り落とし、縦半分にしてから薄切りにして準備。割りほぐした卵に冷ましたスープを加え、こしながら耐熱の器に流し入れ、卵液が固まるまで12分ほど蒸します。
別の鍋で沸騰させたお湯に挽き肉を加え、菜箸でほぐしながら火を通していきます。
アクを取り、しいたけと鶏ガラスープの素を加えてさっと煮、塩、こしょうで味を調えましょう。茶碗蒸しにも味がついているので、濃くなりすぎないよう注意して!
蒸し上がった茶碗蒸しにスープをかけたらごま油と万能ねぎをかけ、熱いうちにいただきましょう。

コンソメとチーズでイタリアンに♪『トマト&ブロッコリーの洋風茶碗蒸し』

パスタも入った満腹感も得られる茶碗蒸しは、カラフルな色みととろけるチーズでイタリアンな仕上がりに。
モッツァレラチーズはちぎって器に入れ、茹でたブロッコリーとリボンパスタ、プチトマトを加えておきます。
卵、コンソメスープ、塩、こしょうをボウルで合わせ、こしながら器に静かに流し入れたら蒸し器へ。
蒸し上がったところに粉チーズ、ちぎったイタリアンパセリを散らし、お好みでオリーブオイルをまわしかけてくださいね。リボンパスタが無い場合はペンネでもおいしいですよ。
コンソメとチーズのコク、野菜の優しい甘さを味わえる新鮮な茶碗蒸しを召し上がれ。

具材をアレンジするだけで、いつもの茶碗蒸しがまったく違う味に!違う味わいながらも、茶碗蒸しのぷるんとした食感も楽しめるレシピばかりです。
いろいろな種類を作って、茶碗蒸しパーティをしてみるのも面白いですよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部