色鮮やかな青梗菜で作る中華レシピ5選

中華料理に欠かせない青梗菜。鮮やかな緑とシャキシャキした食感は、炒め物やスープなど様々な料理で活躍します。 ハウス栽培が盛んなので、一年中手に入れやすいのもうれしいですね。今回は青梗菜を使ったレシピをご紹介します。

簡単に、本格中華!「香港風海老とチンゲン菜炒め」

ここでご紹介するのは香港風のあっさり仕立て。シャキシャキの青梗菜にからむ旨味たっぷりのたれがたまりません。おかずにもおつまみにもおすすめです。
ニンニクと生姜をごま油で香り良く炒めたら、海老としめじを加えます。海老に火が通ってきたら、青梗菜を加えてしんなりするまで炒めます。鶏ガラスープの素、オイスターソース、胡椒を加えて絡めれば完成です。
青梗菜は葉の部分と軸の部分で火の通りが違うため、先に軸を加えて炒めるのがポイントです。

肉不在なのに満足度高め♪「揚げ高野豆腐と青梗菜こってり中華煮」

あっさりの次はこってりしたレシピをご紹介します。高野豆腐を使ったボリューム感のある一品です。
ぬるま湯で高野豆腐を戻し、水をしぼって食べやすいサイズに切ったら、片栗粉をまぶして揚げ焼きにします。
ごま油で青梗菜としいたけをしんなりするまで炒め、合わせ調味料を加えてひと煮立ちさせたら、揚げ焼きにした高野豆腐を加え、とろみがついたら完成です。
合わせ調味料にはオイスターソース、鶏ガラスープ、にんにく、生姜などを使用して、パンチ強めに仕上げます。
揚げた高野豆腐は衣にたれがしっかりからみ、食べ応え満点です。

桜えびの出汁がでてる♪「チンゲン菜の中華風スープ」

くせのない青梗菜はあっさり味のスープでも活躍します。こちらのレシピで具に使うのは、青梗菜と桜えびのみ!簡単なのでメインを仕上げる合間にも作れます。
鍋に水、鶏ガラスープの素、料理酒を入れて煮立て、ざく切りにした青梗菜と桜えびを加えます。青梗菜がしんなりしたら塩胡椒で味を調え、器に盛ってラー油を垂らせばあっという間に完成です。
桜えびは、青梗菜の緑に映える上、良い出汁もでていいことづくめ。すっきりとした味わいは、合わせるメニューを選びません。
青梗菜のシャキシャキとした食感を楽しむため、加熱しすぎにはご注意ください。

餃子の皮で作る小籠包「スープ小籠包」

日本でもすっかりおなじみとなった小籠包。
つるんとした皮を破るとジュワッと溢れ出る肉汁はたまりません。小籠包を蒸して作ろうとすると、まずセイロを用意しなくてはいけないなどハードルが高いですよね。
ですがこちらのスープ小籠包ならお鍋があれば作れます。
ひき肉に調味料を加えて良く練ります。
このとき水を加えるのがポイント!たねがジューシーに仕上がります。大判の餃子の皮で中央にひだを寄せるように包み、しっかりとねじって留めたら、熱湯でゆでます。浮き上がったら湯を切り、スープで煮た青梗菜とともに器に盛って、スープをかけていただきます。
小籠包が家庭でお手軽に作れるのはうれしいですよね。
餃子パーティーならぬスープ小籠包パーティをやってみてはいかがですか。

豆乳でさっぱり「ごま香る坦々風つけ麺」

ピリ辛・コク旨の担々麺のトッピングにも青梗菜は欠かせません。こちらのレシピでは豆乳を使い、さっぱりと仕上げます。
生姜、ニンニク、豆板醤をごま油で香り良く炒め、豚ひき肉を加えてポロポロに炒めます。
醤油、白ごまなどで味を付けたら、豆乳で伸ばしてひと煮立ちさせればスープの完成です。ゆでた青梗菜と中華麺を器に盛り、スープを入れて葱を散らします。
ラー油や酢などを加えてお好みの味付けにしてお召し上がりください。
ミニ青梗菜や小さめの葉を使うと、どんぶりにきれいに収まって見栄え良く仕上がります。

青梗菜を使った中華メニューをご紹介しましたが、いかがでしたか。
どのレシピでもポイントとなるのは青梗菜の火の通し加減。
色良く、食感良く仕上げるために加熱しすぎは禁物です。
彩りも華やかにしてくれる青梗菜を上手に使って、中華料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部