赤ワインで本格派♪特別な日にも使える人気煮込み料理5選

今回は、赤ワインが余っている時など、料理にワインを活用できるレシピを揃えました。 肉料理や魚料理を使ったメインを飾ることができるレシピばかりです。誕生日や特別な記念日に手料理でおもてなししたいという方にオススメ。 お皿に盛るだけでお洒落になりますよ。ぜひ、チャレンジしてみてください!

こってり味のハンバーグ「煮込みハンバーグ」

一つのフライパンでハンバーグと付け合わせの野菜を煮込むので、片付けが楽にできるレシピです。
ハンバーグのタネにトマトケチャップを入れることで、しっかりとした味に仕上がります。煮込む時に赤ワインをプラスすると味に深みが出るだけでなく、柔らかくなるのでオススメです。
付け合わせの野菜やキノコ類は、好きなものに変えても美味しいです。
見た目を良くしたい方は、いろんな色の野菜を入れると鮮やかになりますよ。濃いめの味付けなので、白いご飯やお酒にも合います。

たっぷりパプリカで風味アップ「ビーフストロガノフ」

手の込んだ料理を作りたい方にオススメのビーフストロガノフ。
難しそうですが意外と簡単に作ることができる煮込み料理です。ちょっとしたご褒美の日やお祝いの日にいかがでしょうか。
赤ワインを少し使うので、残りのワインを飲みながら食べてもいいでしょう。野菜をしっかり煮込むと甘みが強くなり、お子さまも美味しく食べられます。
素敵なお皿をチョイスするだけでSNS映えするのも嬉しいですね。パプリカをたっぷり入れると風味がアップします。
是非、作ってみてください。

赤ワインを使ってさっぱりと「さばの赤ワインみそ煮」

和と洋のコラボレーションした魚の煮込み料理レシピです。一般的なさばの味噌煮に赤ワインをいれてみました。
赤ワインをいれることで、コクだけでなく、さっぱりとした仕上がりになります。
生姜はさばの臭みを抑えてくれるので、スライスしていれるのがポイント。
甘みの調節ははちみつの量で決めてください。皮をしっかり焼くとパリッとするので皮まで美味しく食べられます。
いつもの料理にアレンジを加えるとより一層料理が楽しくなりますよね。

牛肉の格上げ主菜「イタリア風牛肉のトマト煮込み」

牛肉をゴロっと使った煮込み料理「イタリア風牛肉のトマト煮込み」のご紹介です。
贅沢に牛肉を使うので、クリスマスや誕生日などの特別な日にいかがでしょうか。
たまねぎとにんじんを細かくして飴色になるまで炒めることで、甘みが出ます。
牛肉を食べながら細かくした野菜を食べられるので、これなら野菜が苦手なお子さまも美味しく食べることができます。
赤ワインをいれると、牛肉の柔らかさが増し、旨味がアップするのでオススメです。
薄力粉が鍋底で焦げないように、定期的に混ぜてあげましょう。

醤油が隠し味のビーフシチュー「簡単!ビーフシチュー」

醤油を隠し味にしたビーフシチューのレシピです。ちょっと和風の風味がたまらなく美味しい仕上がりになっています。
牛肉は、ももの薄切りを使っているので煮込む時間が半減します。塩と胡椒にケチャップを予め牛肉に揉み込むことで、味がしっかりつきますよ。
野菜を大きめに切ると食べごたえが増します。
好きな野菜は大きめに切って苦手な野菜は細かく切ると、野菜が苦手なお子さまも嫌がらずに食べてくれそうです。

いかがでしたか。テーブルをお洒落に演出してくれて、特別な日やパーティーに使いたい赤ワインを使った煮込みレシピ集でした。手が込んでいるように見えて、実は簡単に作ることができるのも嬉しいですよね。
隠し味に醤油を入れたり魚料理に赤ワインをいれたりと、今までになかった発想を取り入れてみましょう。調味料を増やしていくと料理が更に楽しくなりそうですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部